なぜ改葬する?

改葬する理由

改葬する理由

お墓を移転することを「改葬」といいます。別なお寺や霊園に新しいお墓を建てて移したり、永代供養墓に改めて埋葬をお願いするといったようなことで、早い話が「お墓の引っ越し」です。

改葬する理由はいろいろとありますが、現在埋葬されている墓所の立地に関しての不満や、遺族に供養の負担を負わさぬよう永代供養にする、という理由が多いようです。近頃では故郷を離れて暮らす人も少なくないので、墓参に手間と時間とお金がかかるということもあり、自分の家から近い墓地に移したいと願う人も増えているのです。

永代供養墓の場合、墓石が建ち並ぶ墓所とは違って、何体かのご遺骨を納骨堂などにまとめて埋葬しているので、比較的都市部でも多く見られることから、改葬しやすいというようなこともよく聞かれます。しかし、改葬にはいくつかの許可が必要になります。さらに、そう簡単に動かしていいものでもありませんから、トラブルを招いてしまう怖れもあります。

ここでは改葬についての知識や注意点をまとめていきたいと思います。

改葬の手順とさまざまな手続き

改葬の手順とさまざまな手続き 引っ越しするのにも転出・転入の届けが必要なのと同様に、お墓の引っ越しである改葬もいくつかの手続きをしなくてはなりません。改葬を決めたのなら、まずやることは移転先を探すことです。立地や供養方法や宗派や料金など自分の希望に合った霊園や寺院を見つけるのです。

移転先が決まったら、墓所管理者から「受入証明書(または墓所使用承諾証)」を頂かなくてはなりません。申請者や遺骨の氏名・住所、改葬元と改葬先の名称・住所などを記入します。現在埋葬されている墓地の管理者から「埋葬許可証」ももらわなくてはなりません。

他所に移してもいいという許可をもらうわけですが、墓所の管理者というのは改葬をあまり快く思わない傾向がありますから、これまで管理して頂いたことへの感謝と、改葬の理由を丁寧に説明し、許可をしてもらえるようにしたいものです。

墓所のある市町村からも「改葬許可証」というのをもらいます。こちらは役所の戸籍課などに行けば、簡単に発行してもらえます。死亡者の本籍や、火葬場所・日時など細かく記入しなければならないので、詳しく調べておくと安心です。移転元からもらった書類を移転先へ提出すれば事務的な手続きは完了です。

古い墓石では開眼供養(魂抜き)をお願いすることになります。儀式的なものですが、これまで世話になった住職などに行ってもらうのが一般的です。お墓の撤去なども、管理者に従って進めるのが良いでしょう。こうした費用は、すべて自分で支払います。後は遺骨を移転させればいいのです。

トラブルとその防止策

改葬においてはトラブルが少なくないことも注意しておくべきでしょう。
静かに永眠されている遺骨を移動させるということは、信心深くない人にとってもあまり良い行いとは思われないものです。先祖代々のお墓ともなれば、親族との合意が必要です。

墓地の使用権を持っていれば、法的には自分一人で決めても構わないのですが、親族の反対を押し切って実行しても、後々気まずい思いに悩まされるでしょう。親族であれば、お墓への思いは強いですから、勝手な改葬は強い憎悪に繋がってしまいます。やはり、よく話し合い、納得してもらえることが望ましいでしょう。

寺院とのトラブルもよく耳にします。檀家になっているのであれば、離壇料というお布施を求められます。これまでのお礼という形で、10万~20万円ほど包むのが一般的とされています。中には離壇を断固認めず、埋葬許可証を出してもらえなかったり、あまりにも高額な離壇料を要求されることもあるそうです。このような場合は役所に相談するとか、最悪民事裁判でという話になってしまいます。こうした事態を避けるためには、前もって住職や墓所の管理者に相談を持ち掛け、感情的にならずに理解してもらえるよう努めなくてはなりません。

他にも、古いお墓の撤去を依頼した業者が、違法な工事をしたり、別の家の墓石を破損したりといったトラブルもあります。これは業者の責任で、依頼主が罪になることはありませんが、気持ちは良くないでしょう。こういった問題についても、気にしておいたほうが賢明だと思います。

誠実さが最善策である

手間もお金もかかり、人間関係で気疲れもする改葬は、安易な気持ちや思いつきではできないものです。なぜ改葬をするのかという理由をしっかりと考えなくてはなりません。「家の近くに移転させて、供養に励みたい」「子供たちに負担をかけたくないから、永代供養に変えたい」といった切実な思いを、誠実に説いてゆくことが最善なのです。

多くの人の理解を得るのにも、この理由がきちんとしており、改葬を考えている人の強い気持ちが伝われば、自ずと納得してもらえるに違いありません。現在は一般のお墓から、手間の少ない永代供養墓に改葬するパターンも多いそうです。珍しくなくなっていることも、改葬のお気持ちの後押しをしてくれると思います。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏40ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード