樹木葬に適した木(シンボルツリー)の種類とは

樹木葬に適した木(シンボルツリー)の種類とは

樹木葬に適した木(シンボルツリー)の種類とは

最近では、お墓に対する概念も変わってきているようです。
従来のお墓から永代供養墓に替える人も増えており、散骨や樹木葬などの自然葬を希望する人も少なくありません。
これまでのように、「お墓は霊園に墓石を建てるもの」ではなくなっているのです。

ここでは樹木葬にスポットを当てて、よりよい樹木葬のためには、どのような樹木を選べば良いのかを考えてみたいと思います。

樹木葬のタイプ

樹木葬は樹木を墓石の代わりにする自然葬のひとつで、1999年から始まった葬儀の形式です。
宗教に関係なく行うことができる上に、費用も安く済むことから徐々に広がりを見せています。

ただし、樹木葬はどこに生えている樹木でも使えるわけではありません。
行政の許可をとった霊園や墓地の樹木など、あらかじめ決められた樹木の根元に遺骨を埋葬するのが樹木葬です。

ちなみに、粉骨を海や山に散骨するのは自然葬と呼ばれますが、最近では散骨できるタイプの樹木葬もあり、両者の境界線はあいまいになっています。

樹木葬には、霊園内に区分けされた公園型と、自然の地形を生かした里山型があります。
この2つの違いをみてみましょう。

公園型(都市型)

霊園内で区画分けされた場所に埋葬するタイプと、1本の木の下に合同で埋葬するタイプがあります。
公園型の中には、庭園を造って樹木葬を行っているガーデニングタイプもあり、このタイプだと墓地のイメージがあまりないために、景観の点からも多くの人に好まれています。

里山型

自然に囲まれた中で、故人をゆっくり眠らせてあげたいという趣旨で行われる埋葬方法です。
自然と一体化するために墓標自体がわかりにくくなることもありますが、山林を切り開いて墓地を造ることにくらべると、自然環境保持の面でも優れています。

このように書くと、樹木葬は良いことばかりのようにみえますが、まだ新しい埋葬法であるため、一般の理解を十分に得られていないのが現状です。

また、埋葬後に遺骨を取り出せないことも、樹木葬のデメリットとして挙げておかなければなりません。
樹木葬を行うなら、事前に親族間で十分な話し合いをしておかないと、後々問題となる可能性があります。

樹木葬の木(シンボルツリー)に適しているのは

樹木葬に使う木は、あらかじめ決められていることも多いのですが、墓地によってはある程度自由に選べる場合もあります。

樹木葬に使う木としてもっとも人気があるのは桜です。
日本人は桜が好きなので、樹木葬でも桜を希望する人が多いようです。
ちなみに、桜の木を使った樹木葬を「桜葬」と呼ぶことがあり、桜の花が咲く時期に合わせて合同祭祀を行う墓地もあります。

樹木葬で桜以外に人気があるのは、ハナミズキ、アジサイ、ウメモドキ、サルスベリ、などです。

日本で最初の樹木葬は岩手県一関市の祥雲寺(現在は知勝院)が発祥といわれていますが、そのとき使われたのがヤマツツジだったので、ヤマツツジをはじめとする花の咲く低木も、樹木葬のシンボルツリーとして人気があります。

樹木葬で桜が人気の理由とは

日本人にとって、桜は特別な思い入れのある木です。
桜の花が咲くと、「春が来た」と日本人の誰もがうれしい気持ちになることでしょう。

また、日本人は桜に対して、多少なりとも「終焉」のイメージを抱いているともいわれています。
そういう理由からも、樹木葬に桜の木を選ぶ人が多いのでしょう。

桜葬の形態

桜の木を使った樹木葬を桜葬と呼びますが、桜葬といっても決まった形があるわけではなく、それぞれの墓地によって異なった桜葬が行われています。

それでも、桜葬にはいくつか大まかな特徴がありますので、次にまとめてみましょう。



1.桜の木を墓標にする

桜葬ですから、墓標は桜の木を使います。
この桜の木を墓標(シンボルツリー)として、お墓参りに来た人は故人を偲び手を合わせます。



2.自然志向

桜葬は樹木葬のひとつですが、樹木葬の趣旨は自然志向です。
そのため、遺骨が土に還るように、遺骨を骨壺から出して埋葬するのが一般的です。



3.区画を柵で分けない

桜葬の趣旨が自然志向であるため、人為的に柵を作って遮断するのではなく、オープンにして故人の自然回帰をはかります。
柵を設けないことで、一般の墓地と違って樹木葬のエリア全体を自然と一体化させるわけです。



4.継承者は不要

いわゆる墓守を必要としないのが、桜葬をはじめとする樹木葬の考え方です。
お墓は代々子孫が守っていくものという、従来のお墓に対する概念とは大いに異なっています。
また、従来のお墓のように墓石の掃除や草むしり、花を供えるなどの管理も必要ありません。



5.宗教にとらわれない

樹木葬の種類のひとつである桜葬は、宗教とは無関係です。
特定の宗教に属していても無宗教でも、桜葬や樹木葬を行うことができます。



6.区画内は立ち入り禁止

桜葬をはじめとする樹木葬では、納骨時以外は基本的に立ち入りを禁止している場合がほとんどです。
これはむやみに遺骨を踏まないためと、故人を自然に還したら、あとは遠くから見守るだけというのが、樹木葬の趣旨だからです。

樹木葬の木が枯れてしまったら?

樹木葬では木を墓石の代わりにします。
ではその木が枯れてしまったらどうするのでしょうか。
一般的には新しい木に植え替える場合がほとんどです。

しかし、人に寿命があるように樹木にも寿命があるのは自然なことなので、枯れたらそのままにするという考え方もあるようです。

まとめ

樹木葬にはさまざまな種類の木が使われますが、特に多いのが桜の木による桜葬です。
これは、日本人が桜に対して特別な思い入れがあるためでしょう。
しかし、桜の木にこだわる必要はありません。
樹木葬では、故人が好きだった木を選んであげることが、供養になるという考え方もあります。

樹木葬は自然葬の一種ですから、こうでなければいけないという決め事はほとんどありません。
このように、無用なこだわりを持つことなく行えるのが、樹木葬が好まれる理由なのです。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏45ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード