樹木葬と散骨に違いはあるのか

樹木葬と散骨に違いはあるのか

樹木葬と散骨に違いはあるのか

樹木葬と散骨は、自然への回帰を目指す点では一致します。
しかし、樹木葬が遺骨を埋めるのに対し、散骨は遺骨を撒くという供養の手法をとる点で異なります。
遺骨を埋めるのと撒くのでは法律的な違いも出てきます。
以下に詳しくみていきましょう。

樹木葬と散骨の違い

近年、注目されている供養形態に「樹木葬」と「散骨」があります。
両者とも自然に還ることを目的とした「自然葬」であることには違いがありませんが、供養のスタイルなどには様々な違いがあるようです。

まず、樹木葬とは、樹木や植物を墓標の代わりにして土中に遺骨を埋葬する供養の手法です。
一般的なお墓と同じように、一定区間の土地を購入する必要があります。
自然環境にも優しく、里山再生活動の一環としてすすめられるケースも増えてきています。

対して、散骨とは、遺骨を海や山、宇宙などに撒くことです。
市町村などによる制限のない場所に、パウダー状にした遺骨を撒きます。
お墓の区画というものが存在しませんから、区画を購入する必要はありません。
そのため、安価に済ませることができます。

つまり、樹木葬と散骨の決定的な差異とは、遺骨を埋めるか撒くかという点にあるといえるでしょう。

樹木葬と散骨に必要な許可や手続きとは

樹木葬の許可や手続き

樹木葬の手続きは、一般的なお墓に埋葬するのと基本的に流れは変わりません。
しかし、樹木葬は自然の中に埋葬する方法ですが、どこに埋葬しても良いわけではないのです。
「墓地埋葬等に関する法律」が適用されますから、法律で許可された墓地を使用することになります。

そのため、自身の死後に樹木葬を考えているのならば、生前から墓地や霊園など希望の場所を探しておくと良いでしょう。
また、埋葬に際しては「埋葬許可証」が、改葬する場合は「改葬許可証」が必要となってきますから、それぞれの手続きが必要になってきます。

散骨の許可や手続き

散骨については、樹木葬のように、散骨を規定する法律はありません。
そのため、法律上の手続きや届け出は必要ありません。
ただし、散骨をする場合は、遺骨を粉末状にする必要があります。
「死体遺棄罪」という法律があり、遺骨と分かる状態で海などに散骨をすると、死体遺棄罪に抵触する可能性があるのです。

また、遺骨はどこにでも撒いても良いわけではなく、私有地や漁場などに配慮する必要があります。
そのため、個人で散骨をするのは難しいケースもあり、信頼できる業者に散骨を依頼するのが一般的です。
つまり業者に散骨を依頼する手続きが必要となってきます。

樹木葬と散骨の料金の目安

樹木葬の料金の目安

樹木葬の料金相場は一般的に10万円~50万円程度です。
一般的な墓石の場合は、200万円程度かかってきますから、樹木葬はかなり費用を抑えられる埋葬方法といえるでしょう。
ただし、樹木葬でも個別の小さな石碑やデザインなどに凝ったりすると、その分だけ値段があがってきます。

散骨の料金の目安

次に、散骨の料金ですが、樹木葬よりも安く抑えることができる場合がほとんどです。
相場としては5万円~30万円程度といえます。
ただし、散骨の手段によっては、多額の金額が必要となってくることもあるのです。

たとえば、海に散骨をする場合、船を使わなくてはなりません。
遺族が船に乗らず散骨を完全に業者に任せる場合は5万~10万円程度で済みます。
しかし、遺族が船に乗り込んで散骨を見届ける場合は、複数の遺族の乗り合い船でも10万円~20万円、船を貸し切るのならば最低でも20万円は必要です。

樹木葬と散骨の注意点

樹木葬の注意点

樹木葬の注意点とは、散骨と違って、結局のところは「墓石型」と変わらないという点があげられます。
樹木葬は認可を受けた正式な寺院や霊園で行われ、遺骨を埋葬する必要が出てきます。
そのため、契約の際には一般的な墓石型のお墓と同じように「管理費」や「永代使用料」が必要となってくるのです。
しかし、樹木葬を希望される方の中には、散骨と混同して、「永代使用料」等が不要と思っている方もいらっしゃいますから注意が必要です。

また、樹木葬は悪徳業者に注意する必要もあります。
遺骨を埋葬する場所は墓地として許可を受けている場所でなくてはなりません。
しかし、中には悪徳な業者もあり、許可が出ていない場所に樹木葬と称して遺骨を埋葬しお金をとるケースも増えてきています。
後々のトラブルを避けるために、墓地としての許可をきちんととっているかを、その場所の管理者から確認しておく必要があるのでしょう。

散骨の注意点

次に、散骨の注意点としては、散骨は法律上違法でも合法でもないグレーな状態であることがあげられます。
「死体等遺棄罪」と「墓地・埋葬等に関する法律」というものがあり、遺骨を遺棄すると、三年以下の懲役刑となることが定められています。
しかし、個々人の宗教観を尊重するために、法務省は非公式ながら「葬送を目的として、節度を持って散骨するのであれば、遺棄罪にはならない」という旨の見解を述べたとされています。

そのため、散骨を個人が行ったとしても、法律で罰せられることはありません。
ただし、地域によっては散骨許可に関する条例のある市町村も存在し、どこにでも自由に散骨をしては良いわけではない、という点で注意が必要です。

また、散骨に対しては抵抗感を覚える人も少なからずいるという点にも注意が必要といえます。
供養形態が多様化しているといっても、納骨はお墓か納骨堂という風習が依然根強い状態にあります。
そのため、遺族の中には、遺骨を撒いてしまうことに根強い反感を抱いている方もいる可能性があるのです。後々の親族間の争いを避けるためにも事前にしっかりと理解を得ておく必要があるといえるでしょう。

まとめ

樹木葬と散骨は、自然葬であるという点は一致していますが、遺骨を埋めるか撒くかという点で異なります。
遺骨を埋める樹木葬の場合は、書類の手続きや永代使用料が必要となってきますし、散骨の場合は書類の手続きは不要ですが条例などを意識して撒いても良い場所かを判断する必要が出てきます。
いずれにせよ、親族できちんと話し合い、ルールやモラルに従って供養する必要があるといえるでしょう。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏45ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード