永代供養墓と納骨堂の違い | 納骨の際の服装やお布施について

永代供養墓と納骨堂の違い | 納骨の際の服装やお布施について

永代供養墓と納骨堂の違い | 納骨の際の服装やお布施について

近年、永代供養に多くの人の注目が集まっていますが、とは言えまだまだなじみが薄く、わからないことも多いのが実情です。
たとえば、「永代供養墓」と「納骨堂」の違いは何かと聞かれて、答えられる人はどれくらいいるでしょうか。
ここでは永代供養に関する初歩的な疑問にお答えしていきます。

永代供養墓と納骨堂の違い

まずは「永代供養墓」と「納骨堂」の違いから確認していきましょう。

永代供養墓とは

永代供養墓は、基本的に一代限りの供養の方法です。
従来のお墓のように、墓石を建てて先祖供養を子孫へ受け継いでいくものとは違います。

永代供養墓には次のような特徴があります。

1.個人や夫婦単位で供養するもので、原則として一代限りで子孫に引き継ぐことはありません。

2.遺骨は合祀されますが、はじめから他の人の遺骨と一緒に合祀されるタイプと、一定期間後に合祀されるタイプがあります。

3.塔や記念碑などのモニュメントの元に遺骨を納めるのが一般的ですが、中には樹木をモニュメントとする樹木葬もあります。

4.個別に石碑や墓石を建てる場合もありますが、通常は1つの墓石の中に遺骨を納めます。

おおよその特徴は上記のとおりですが、永代供養墓の形式はさまざまで、寺院や霊園が永代にわたって供養してくれるという点は共通しているものの、それ以外の部分ではかなりのバリエーションがあります。

5.年間の維持管理費は一般的にかからないことが多いです。

納骨堂とは

納骨堂というのは、近年東京を始めとする大都市で増えている供養の形です。
納骨堂は、墓石の元に遺骨を埋葬する従来のお墓とは違って、建物内に遺骨を納めるスペースを設けて供養する形です。
個別に墓石を設けないため、それほど広いスペースを必要としません。土地を確保するのが難しい都市部で需要が拡大しています。

納骨堂そのものは昔からありましたが、それは「お墓を建てるまでの間、一時的に遺骨を預ける場所」でしかありませんでした。

しかし、現在増えつつある納骨堂は、一時的に遺骨を預かるのではなく、長期間遺骨を安置して供養する新しいタイプのお墓として、永代供養墓と同様の役割を担っています。

納骨堂には次のような特徴があります。

1.遺骨は個人または夫婦単位、あるいは一家ごとに安置されます。

2.形式はさまざまで、仏壇のような形をした納骨スペースが室内に並ぶタイプもあれば、ロッカー式の納骨スペースもあります。

3.多くの場合、一定期間が過ぎると別の場所に合祀されます。

4.納骨堂は原則として一代限りですが、納骨スペースを子孫に受け継ぐことができるタイプの納骨堂もあります。

5.年間の維持管理費が別途かかるのが一般的です。

運営する寺院などによってさまざまなタイプがありますが、納骨堂のおおまかな形式はこのようになっています。

永代供養墓と納骨堂の違い

「永代供養墓」と「納骨堂」の違いをまとめると、以下のようになります。



・永代供養墓

1.ひとつのお墓の中に遺骨をまとめる
2.一代限りで子孫に受け継げない
3.一定期間遺骨を個別に安置したのち、合祀される
4.多くの場合屋外にある
5.永代供養墓を購入した後は、基本的にその後の維持費は不要



・納骨堂

1.遺骨は個別に安置する
2.一定期間後合祀するタイプと子孫に受け継ぐタイプがある
3.多くの場合室内にある
4.納骨堂購入費のほかに年間維持費がかかる場合が多い

永代供養で納骨をする時の服装

ところで、永代供養で納骨する際の服装はどうすれば良いのでしょうか。
その前に、そもそも納骨とは何でしょうか。

納骨とは

納骨とは、骨壺に入れた遺骨を永代供養墓や納骨堂に納めることです。

永代供養での納骨はいつするのか

多くの場合、納骨は四十九日の法要のあとに行います。
しかし、納骨するお墓が決まっていない場合は、四十九日が過ぎてから行うこともあります。

納骨をする時の服装やマナー

四十九日の法要のあとに納骨する場合は、基本的に黒を基調とした服装なら問題ありませんが、亡くなった方と親しい間柄であれば喪服を着る場合もあります。

一般参列者は略式喪服でも失礼にはなりませんし、黒を基調とした服装なら普段着でもかまいません。

また、四十九日を過ぎてから納骨する場合は、喪服でなくても黒めの服装なら問題ありません。

永代供養料と納骨式のお布施は別?

永代供養料を支払えば、納骨式のお布施はいらないのでしょうか。
ここでは、納骨式のお布施について考えてみましょう。

永代供養料と納骨式のお布施は別に用意するもの?

納骨の際には、僧侶を呼んで読経してもらうのが一般的です。
この場合、お経をあげてもらうお礼として、僧侶にお布施を渡す必要があります。
つまり、永代供養料とは別にお布施が必要になるということです。

一般的な納骨式でのお布施はどれくらい?

納骨式のお布施はどれくらい包めばいいのでしょうか。

・仏教の場合
お布施は3万円くらい。

・キリスト教の場合
お礼として1万円~5万円くらい。

・神道の場合
お礼として3万円あるいは5万円。

だいたい、このくらいの金額を目安にすると良いでしょう。

まとめ

「永代供養墓」と「納骨堂」の違いについて見てきました。
時代の変化とともにお墓のスタイルも日々変化しています。
新しい葬儀の方法や埋葬方法が話題になりがちですが、流行にとらわれるのではなく、それぞれのスタイルのメリットやデメリットを見極めて、自分や家族が望む選択をしたいものですね。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏45ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード