永代供養墓普及会
公式ブログ
普及会hot news

お盆とは・・・?

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

営業部の佐野です。

もうすぐお盆です。

家族で里帰りする方も多いと思いますが、ここで少しだけお盆に関する言い伝えについてお話させていただきます。

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、先祖の霊を迎えて供養する行事を意味します。

ただ、お盆そのものの言い伝えは、お釈迦様の弟子である目蓮(もくれん)さんのお話に由来します。

高弟のひとりだった目蓮は、ある時神通力で亡き母が餓鬼道に堕ちて苦しんでいる姿を見ます。

そんな母をなんとか救いたいと釈迦に尋ねると「7月15日に供養しなさい」と教えられました。

その通りにすると、母親は極楽浄土へいくことができました。

この供養の習わしが長い年月を経て日本に伝わり、日本古来の「先祖祭り」「精霊祭」「霊魂祭」と融合して、お盆の習慣が普及していったとされています。

盂蘭盆会(うらぼんえ)」とは、古代インドのサンスクリット語の「ウラバンナ」が語源とされています。

「ウラバンナ」の意味は「地獄の責め苦から救う」という意味で、飢餓道に落ちて苦しむ弟子目蓮の母親を、お釈迦様が供養して救ったという故事が始まりです。

なのでこれ以降、7月15日は特別な日として祀られるようになったといわれています。

こうしてもともとは親孝行からはじまったお盆が、現在は先祖を浄土から迎えて供養し、感謝をする行事として現在まで定着しているのです。

本来お盆は旧暦の7月15日を中心に行われますが、今では東京など都市部以外の殆どの地域が、月遅れの8月15日を中心に行われるのが一般的です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問合せ、資料請求は

永代供養墓普及会

0120−19−9402

までお気軽にご連絡ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆