お盆のはじまり

お盆のはじまり


 お釈迦様の弟子に目連(モクレン)という人がいました。
目連は、大変神通力のすぐれた方でした。

その神通力で、
目連は亡くなった母親がどうしているかとみると、

母親は餓鬼道の世界に落ち、
体は痩せこけ、
お腹だけ膨らませて、
口に入れようとする食べ物すべてが燃え上がり、
もがき苦しんでいるではありませんか。

驚いた目連は、お釈迦様に相談すると・・・

目連の母親は、生前、
目連だけに愛情をそそぎ、
他人の不幸を省みず、
他人へ思いやりがありませんでした。

その結果、餓鬼道に落ちてしまっていると
おっしゃりました。

だから、母親の代わりに、
目連が他の方を思いやる心を大切にし、

母から受けた愛情を他の方へも分けてあげれば、
餓鬼道からお母さんを救えるだろうと
おっしゃりました。

早速、目連は、雨季が明けるこの時期に、
籠って修行していたお坊さんが帰ってくるので、
沢山の飲み物と食べ物を用意し施しました。

そして、そのお坊さんたちへ沢山の方を供養し救って頂こうと考えました。

そうすると、神通力で母親の様子を見みると、母親は餓鬼道より救われ、
ニコニコと微笑んでおられました。

これがお盆(御施餓鬼)のはじまりと言われております。

カテゴリー
ブログ
公開日
2013年07月17日

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ