樹木葬の種類

樹木葬の種類

一般的な樹木葬であげられる埋葬方法

里山型

里山の自然の中で眠ることができる里山型は、そのままの自然をいかしており、周囲の自然と一体となることができますが、墓標自体が分かりにくかったり、お墓自体の管理がしにくいなどの問題があります。

公園型

公園型は一人ひとりに対し樹木を植える形ではなく、1本の木の下に合同で眠るタイプと、霊園内に個別区画を設けているタイプがあります。なかには庭園の形をとったガーデンタイプのものもあります。

メリット・デメリット

樹木葬のメリット
  • 「最後は自然に還りたい」という思いが叶えられる
  • お墓を立てないので低コストで済む
樹木葬のデメリット
  • 墓標代わりに樹木を植えるため、管理料がかかる
  • どこに埋葬したか分かりづらい
  • 交通の便が悪いところが多い
  • 土に還ってしまった場合は、後で分骨や改葬することができません。

永代供養墓普及会の樹木葬

普及会の樹木葬

和風庭園をイメージにした樹木葬。季節ごとにお墓を彩る木々を配した「お寺の中の庭園」がコンセプトです。

普及会の樹木葬(自然葬)は、永代供養がついた樹木葬なので、継承者がいなくても安心です。

  1. 永代供養がついた樹木葬(自然葬)

  2. 管理費のかからない樹木葬(自然葬)

  3. 石の墓誌なので、故人の眠る場所がわかる

  4. お参りしやすい高環境

  5. 宗旨・宗派をといません

  6. 生前にお申し込みもできます

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ