国の登録有形文化財で甘味をほおばる!あきる野市で過ごす贅沢なひととき

もくじ

東京都あきる野市「廣済寺」周辺のおすすめスポット

東京都あきる野市「廣済寺」周辺のおすすめスポット
東京都あきる野市にある臨済宗建長寺派廣済寺は、桜の名所として有名です。4月の「花まつり」の季節には、本堂前のしだれ桜が満開になります。天正15(1587)年に開創して以来、二度の焼失を経験しましたが、檀信徒たちにより再建され今に至ります。東京都の文化遺産である、江戸時代の民政家・田中丘隅の回向墓があります。

境内の一画にある弁財天湧水池は、一年中水が枯れず、その水音は参詣者の心を清めます。また、境内では猫たちが出迎えてくれます。座禅や写経、ヒーリングハープ演奏会やヨガ体験を組み合わせた「いやし」のワークショップも開催しています。春にはしだれ桜が満開の、自然豊かな環境で心を癒されてみてはいかがでしょうか。

廣済寺

東京都あきる野市平沢732

では、廣済寺のある東京都あきる野市周辺のおすすめスポットをご紹介します。

雰囲気はまるで映画の中!何度も訪れたいイタリアンレストラン「トリノ」

雰囲気はまるで映画の中!何度も訪れたいイタリアンレストラン「トリノ」東秋留駅から徒歩5分、廣済寺と東秋留駅のちょうど間に位置するイタリアンレストラン「トリノ」。
外観はまるでアメリカ映画に出てきそうな雰囲気で、入る前からワクワクしてしまいます。店内は心地のいい音楽が流れ、適度に静かな居心地のいいレストランです。地元のファミリーや老夫婦、マダム達など多様な層で賑わっていました。
トッピングを選べるピザや、ランチメニューのパスタ、ステーキから選んだのは、「牛ほほ肉のビーフシチュー」(1,700円)。トロトロに煮込まれた牛肉は口の中でほろりと溶け、旨味が広がり、「美味しい!」と思わず笑顔がこぼれ落ちてしまいました。

丸く形取られたじゃがいもや芽キャベツも、見た目が美しいだけでなく、ちょうどよく残った食感が柔らかなお肉との対比でいいアクセントとなっていました。

しっかり煮込まれた牛ほほ肉でご飯も進み、あっという間に食べ終わってしまいました。ボリュームもちょうど良く、大満足のランチとなりました。

ランチセットでは食後のコーヒー・紅茶も選べます。イタリアンということで、私はホットコーヒーをいただきました。

店員さんはとても親切で、料理のサーブも比較的早く、味はもちろんサービスの良さも地元で人気の理由だと思いました。

アラカルトやワインも豊富なので、ディナーで訪れても満喫できそうです。
<トリノ>
東京都あきる野市二宮1122
042-559-3333
11:00〜21:00
火曜夜・日曜夜定休(時期によって変動する可能性あり)

文化財の店内でゆったりと甘味を楽しむ「見世蔵・久森」

文化財の店内でゆったりと甘味を楽しむ「見世蔵・久森」東秋留駅から徒歩10分ほどにある甘味茶房「見世蔵・久森」。外観は、歴史を感じる趣ある造りです。
嘉永5(1852)年に建造された見世蔵は、国の登録有形文化財である森田家住宅の一画にあります。160年余りの時を経て、甘味処として活用されています。

見世蔵・久森は「ゆっくりとした時間」「スローライフ・スローフード」をテーマに掲げています。窓際にカウンター席のある店内には優しい日光が差し込み、思わず長居したくなります。時間の流れが速い現代の生活の中で、ゆったり時間を過ごせる空間はとても貴重ですね。
煎茶や抹茶わらび餅など、魅力的なメニューが並ぶ中、イチオシメニューの「わらび餅あんみつ」(700円)を選びました。弾力のあるしっかりとしたわらび餅の上には、ほどよい甘さの黒豆。その上から濃厚なソフトクリームが重なり、みずみずしいマンゴーが添えられています。トッピングは松の実です。

マンゴーとあんみつの組み合わせには驚きましたが、マンゴーの甘さとわらび餅はよく合い、黒豆と交互に食べると美味しさが引き立ちます。また、東京牛乳で作られた濃厚なソフトクリームが、素材の味を見事に一つにまとめ上げています。

地元秋川の水を使ったかき氷も名物で、夏になると毎週末は満席だそうです。東京特産食材使用店にも登録されており、地元食材を使ったメニューがたくさん。平日は10食限定でランチもあります。
<見世蔵・久森(ひさもり)>
東京都あきる野市小川633
042-558-1852
11:00〜18:00
火曜定休(祝日の場合、翌日)

美しい食器にインスピレーションを刺激される「燈々庵」

美しい食器にインスピレーションを刺激される「燈々庵」見世蔵・久森の隣、同じく森田家住宅の一画に、器のギャラリー&懐石「燈々庵」があります。
今回はギャラリーにお邪魔しました。

美しい食器が並び、「どんな料理が映えるかな?」と考えながら見入ってしまいました。ギャラリーの品は購入もできますよ。
<燈々庵(とうとうあん)>
東京都あきる野市小川633
042-559-8080
11:00〜15:00/17:00〜20:00
火曜定休(祝日の場合は営業)

平安の世から祀られる「二宮神社」

平安の世から祀られる「二宮神社」東秋留駅から徒歩3分に位置する二宮神社。駅から向かうと、まずは「二宮神社お池」にたどり着きます。この池は一年中豊富な湧水量を保ち、「東京の名湧水57選」の一つに数えられます。

二宮神社お池は、綺麗な池と木々が気持ちよく、散歩がわりに訪れるのもおすすめです。秋は紅葉が綺麗で、都会の喧騒から離れて癒しの時間を過ごせます。

「お池」から道路を挟んだ向かいに「二宮神社」があります。
二宮神社の創立年は不明ですが古くから有力な神社であり、藤原秀郷が天慶2(939)年に天慶の乱の戦勝祈願を行ったと言われています。源頼朝や北条氏も二宮神社を篤く崇敬し、北条氏の祈願所としていたそうです。

二宮神社では、毎年9月に「しょうが祭り」と呼ばれるお祭りが開かれます。祭礼では、生姜、里芋、牛の舌餅などを奉納する風習があり、生姜を食べると風邪を引かないという言い伝えがあります。神輿が長い石段を上がる姿は、圧巻だそうです。
<二宮神社>
東京都あきる野市二宮2252

廣済寺で癒された後は、ぜひ周辺のスポットにも訪れてみてください。

取材・文/すずきりほ

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ