永代供養は檀家に入る必要ある?

もくじ

永代供養は檀家に入る必要ある?

永代供養は檀家に入る必要ある?
お寺のお墓を所有した場合、これまでは檀家に入ることが一般的でした。しかし檀家制度にはメリットとデメリットがあり、近年は檀家を離れたいと考える人が増えているといわれています。永代供養は檀家制度が適用されるかどうか、気になる人も少なくないでしょう。そこで今回は、檀家制度の概要をお伝えした上で、永代供養を申し込むと檀家に入る必要があるのかについてご説明します。

檀家になるとは?

檀家になるとは、寺院にお布施を払ってお墓を守ってもらうことです。「檀」はインドの「ダーナ」に由来するといわれ、一文字だけでお布施を意味します。

檀家制度の始まり

日本では、江戸時代に檀家制度が始まりました。江戸幕府はキリスト教を禁止する方針を取っていたため、キリシタン禁制の一環として寺院に所属することが求められました。その代わり、寺院は檀家になった人たちの葬式や法要を引き受けていました。こうして檀家はお布施により寺院を金銭的に支援し、寺院が檀家の葬儀全般を世話する檀家制度が生まれたのです。

檀家制度の利点

身内が亡くなったとき、お墓を建立しても遺族だけで葬儀や法要を営むとなると簡単ではありません。檀家になると、一通りの作業をお寺の住職が正しい手順で進めてくれます。誰かが突然の不幸に見舞われても、遺族は慌てる必要がありません。
またお布施を納めていれば、普段から故人の供養やお墓の管理をお寺にお願いできます。日常的に遺族がお墓まで足を運ばなくても、住職がきちんと冥福を祈ってくれるので安心です。

檀家制度の問題点と現状

檀家制度ではお布施が欠かせないため、お金の絡む問題と無縁ではありません。かつては、檀家がお布施を断りにくい風潮にあったといわれています。時には高額なお布施を要求され、トラブルに発展するケースも起きています。
葬儀や供養のためにお布施は不可欠といっても、檀家にとって金銭的負担は軽くありません。最近はその点が考慮され、可能な範囲でのお布施が推奨されるようになりました。檀家制度も、時代とともに少しずつ変化していると考えられます。

一般的なお墓の場合

通常、寺院にお墓を建立すると故人の供養やお墓の管理まで頼むことが多く、そこの檀家に入るケースが一般的といわれています。

檀家になるときの手続きと各種費用

檀家になるときは、基本的に入檀料の支払いが必要です。その際、檀家契約書や墓地契約書を取り交わします。同時に、位牌を安置するため位牌堂を利用する費用が発生します。入檀料は10~30万円、位牌堂にかかる費用は約10万円が相場といわれています。
檀家になってから求められる費用は、基本的にお布施と寄付金です。せっかく檀家になっても、お寺が維持できなくなったら困ります。一般的にお布施はお寺の運営資金に活用されます。寄付金はどこか修繕するときに求められる場合が少なくありません。

檀家をやめるには?

檀家をやめることは「離檀」と呼ばれ、自分が所属していた寺院からお墓を移動あるいは撤去することを意味します。その場合、自治体による「改葬許可証」の発行や離檀料の支払いが必要です。離檀料の相場は、5万~20万円ほどといわれています。
ただしお寺は支援者を減らしたくないと考えて離檀に反対する可能性があり、スムーズに檀家をやめられない場合があります。また、檀家が高額料金を請求され、お寺ともめるケースも少なからず起きています。
現在の檀家制度では、檀家になるときに加えて入檀後あるいは離檀する際にも費用がかかります。各種の手続きで問題が生じれば、お寺との関係が悪化して話が進まなくなる恐れもあります。トラブルを避けるためには、あらかじめ料金設定など気になる点をお寺に確認しておくとよいでしょう。

永代供養の場合

永代供養は、従来のお墓と異なり利用者が檀家に入らなくても済む場合が多いです。

永代供養で入檀が求められない理由

基本的に永代供養は、お墓を守る後継者がいなくても利用できるシステムです。独身者や子どものいない夫婦が生前に申し込んでも、とくに問題ありません。契約時から、利用者本人が亡くなった後には子孫が残っていないと分かっています。
そのため、遺族がお布施を納める代わりにお墓を世話してもらうという檀家制度のもとでは、お世話ができません。しかし、永代供養はきちんと故人を供養してくれるので、多くの場合、誰かが入檀する必要はありません。

お寺ごとに異なる事情

永代供養の多くは基本姿勢として利用者に入檀を求めないと言われていますが、個々のスタイルは一律ではありません。お寺によっては、利用者がその宗派の教義について学ぶ姿勢を持つ必要があります。
また従来通り、供養やお墓の管理を頼むなら檀家になることが条件というケースも多少はみられます。費用や宗派の問題から檀家をやめようと思って永代供養を選んだ場合、これではニーズに応えてもらえません。
一口に永代供養といっても、実際のところお寺の考え方は多種多様です。必ずしも利用者の意向に沿っている保証はないので、契約する前には詳しく話を聞いておいたほうが無難と考えられます。

まとめ

永代供養を利用した場合、その多くは一般的なお墓と異なり檀家になる必要はありません。お布施や寄付金、また離檀にともなうトラブルなどを避けられます。最初に一通りの利用料を支払えば、基本的に追加請求されずにお墓の管理を任せられます。ただし少数とはいえ入檀を求めるお寺も皆無ではないので、事前の確認は欠かせません。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ