樹木葬(自然葬)

樹木葬(自然葬)

なぜ樹木葬?

“最期は、自然に還りたい―”
自然を愛し自然への帰還を願う想い。死後は緑に囲まれながらゆったりと過ごせる時間。
―そんな故人の想いを叶えるお墓「樹木葬」。

「お墓を建てない」「お墓の継承もいらない」自然の中のお墓が人気の理由です。

樹木葬(自然葬)のメリット

  • 故人の想いを尊重することができます。
  • 緑や花の中で眠ることができます。
  • お墓を建てるよりも費用が安い。管理費用もかかりません。
  • 継承者を必要としないため、次の世代に負担をかける心配がありません。

樹木葬(自然葬)のデメリット

  • 永代供養墓よりも費用がかかります。
  • 合祀タイプの樹木葬や土に還ってしまった場合は、後で分骨や墓じまい・改葬することができません。
  • 散骨タイプや里山タイプの場合は、故人の眠る場所が分かりづらい。交通に不便な場所が多い。
  • 樹木を墓標とするタイプは、樹木や植物が成長をしていくためお手入れ(年間管理費)が必要。

お墓について、
こんなことでお悩みではありませんか?

  • 「自然に還りたい」「自然の中で眠りたい」という自然志向の方

  • 「お墓はいらない」というお考えの方

  • お墓の後継ぎがいなく、永代にわたって供養してもらいたい

  • お墓のことで子どもに迷惑をかけたくない

  • 経済的に、お墓にお金をたくさんかけられない

このようなことでお悩みの方には
まさに樹木葬(自然葬)がおすすめです

樹木葬(自然葬)が選ばれる理由

  1. 墓石代・管理費がかからない

    必要な費用を支払うのは最初のみ。その後は、毎年の管理費などを払う必要は一切ありません。また、樹木葬では、墓石を建てないので、単純にこの分の金額は抑えることができます。

  2. 継承者や管理の心配がない

    樹木葬は基本的に一代限りの個人墓の形であるため、次の世代に負担をかける心配がありません。 お墓の管理はお寺で行ってくれるので、跡継ぎがいない方でも管理の心配がありません。

  3. 宗教・宗旨・宗派は不問

    宗教や宗派に関わらず、どなたでもお申し込みできます。

樹木葬(自然葬)の費用はどれくらいかかるのか?

ご予算の目安

おひとり様

19万8千円~55万円

プランによって費用が異なります。
  • 合祀 おひとり 19万8千円~
    遺骨を他の方のものと一緒に埋葬
  • 個別 おひとり 41万8千円~
    2名様以上74万8千円~

    専用のスペースで永代にわたって埋葬
※永代供養料、永代使用料、年間管理費など、すべて含まれたトータルの料金です。

お客様一人ひとりのご要望にあわせて最適なプランをご案内差し上げます

お客様の声

  • ダミ

    K.Y 様

    80代以上 女性

    Q. 資料請求をされたきっかけは何でしたか?

    2011年に娘(次女)を、2018年に主人が他界し、当初はしばらくの間、自宅に安置しているつもりでいましたが、自身もそれなりの年齢になってきて、将来的に長女に負担をかけたくないという思いから長女夫婦と検討することになりました 自身の両親が多聞院の檀家であることから一度相談してみようということになり見学させていただきました

    Q. 実際にご見学された印象はどうでしたか?

    落ち着いた開放感のある感じが良かったです

    Q. ご契約を決めたポイントは何でしたか?

    • ・両親の菩提寺であること
    • ・立地条件
    • ・スタッフの対応

    Q. お墓選びで悩んだことは何でしたか?

    • ・価格帯
    • ・個別墓・樹木葬どちらにするか

    Q. お墓の購入を考えている方にアドバイスをお願いします。

    それぞれのニーズにあったお墓を、いろいろな場所へ行き比較して購入することをおすすめしたいと思います またスタッフの方の対応も重要だと思います

    Q. その他、ご意見・ご感想

    しいて言えば個人墓誌の完成写真を送っていただけたら…とは思います

  • ダミ

    奥多摩のトンビ 様

    40代 男性

    Q. 資料請求をされたきっかけは何でしたか?

    父の葬式の時に聚林山 興福寺の和尚様からお話を伺ったので。

    Q. 実際にご見学された印象はどうでしたか?

    淋しさを感じず穏やかで鳥のさえずりもあり日当たりも良くお花がいっぱい供えてある墓地だと思いました。

    Q. ご契約を決めたポイントは何でしたか?

    交通の便が良く坂道が少なく永代供養があり居心地も良くお墓がお寺と同じ敷地にあり規模も大きくないところがポイントでした。

    Q. お墓選びで悩んだことは何でしたか?

    交通の便。坂道。お墓がお寺と同じ敷地内にある事。墓地全体の規模が悩んだことでした。

    Q. お墓の購入を考えている方にアドバイスをお願いします。

    まず本人が現地に足を運び現場の雰囲気を感じてから検討されることをおすすめ致します。

    Q. その他、ご意見・ご感想

    樹木葬における2人目からの志納料金が高すぎるので安くして頂けましたら幸いに存じます。

  • ダミ

    U.F 様

    80代以上 女性

    Q. 資料請求をされたきっかけは何でしたか?

    都立霊園に申し込んでおりましたが、倍率が高く、落選が続きましたので。 (お骨は多磨霊園のみたま堂にお預かり頂いておりました) 何回か新聞に広告がのっておりました、永代供養していただけるお寺を探しておりましたので、みたま堂の近くのお寺をまずは一人で見学してきました(H29) 上記のように、今年も落選したので、正式にお寺をお訪ねしました。

    Q. 実際にご見学された印象はどうでしたか?

    各区分きれいに管理されていました。私は昔からお骨は土にかえるのが一番よいと思ってきましたので、樹木葬の区分があったのが良かったです、お寺の本堂からいつも見護っていただけると感じてました。

    Q. ご契約を決めたポイントは何でしたか?

    各区分の料金がはっきりしていたこと。(お布施や法要の料金も含めて)、今後のことなど、事務の方が、よく理解できるように話して下さったこと。お墓とお寺全体が、故人や遺族に寄り添ってもらえるような温かみを感じられたこと。(実は、他の墓所も2ヶ所ほど見学しておりました)

    Q. お墓選びで悩んだことは何でしたか?

    今までのお宗旨と異なること。故人は日蓮宗(私は曹洞宗で育った)常久寺は真言宗です。両家ともお寺とは深いかかわりのある家でしたので、今も、ほんとうに許してもらえるのかと気になります。(祖先に対して)でも、仏教徒です、南無釈迦牟尼仏というおもいです。 (ご住職副ご住職にもお会いして安心しております)

    Q. お墓の購入を考えている方にアドバイスをお願いします。

    お墓参りに行けるところを選んだらよいと思います。

あらためて樹木葬(自然葬)とは?

樹木葬とは、近年話題の時代に合った新しいお墓のスタイル。樹木葬は、墓石ではなく樹木や草花を墓標とした葬送です。宗教にしばられず継承者もいらない、墓石を建てるお墓よりも安いお墓です。
霊園の敷地や里山内の自然にある樹木や草花の下に遺骨を埋葬します。
樹木葬は、樹木墓や樹林葬とも呼ばれる「自然葬」の一種。大いなる自然の中で土に還りたいと願う自然志向の方々から選ばれています。

樹木葬(自然葬)に関するお役立ち情報

永代供養墓普及会の樹木葬

永代供養付樹木葬(自然葬)|イメージ02
永代供養付樹木葬(自然葬)|イメージ03

「樹木葬は山の中」という従来の形を一新。立体的な和風庭園をテーマに、季節ごとにお墓を彩る木々を配した「お寺の中の庭園」がコンセプトです。

普及会の樹木葬(自然葬)は、永代供養がついた樹木葬なので、継承者がいなくても安心です。

石の墓誌なので、故人の眠る場所がわかる

一般的な樹木葬は、樹木を墓標とするため、故人がどこに眠っているのかが分かりづらいというデメリットがありました。

普及会の樹木葬(自然葬)は、墓標には樹木ではなく、石の墓誌を使用することで故人が眠る場所が明確です。
※埋葬場所が特定されない寺院もございます。

管理費のかからない樹木葬(自然葬)

墓標には石の墓誌を使用してます。樹木を墓標としないので樹木のお手入れは必要ありません。そのため年間管理料もかからないのが特徴です。

お参りしやすい高環境

普及会がおすすめする霊園寺院墓地は、駅やバス停から徒歩10分と近い場所。交通の便がよいところにあるのも大きな魅力の一つです。
境内もきれいに整備されていて気軽にお墓参りいただけます。

最期は自然に還りたいという故人の想いをカタチにした新しいタイプのお墓。
管理料が一切かからない、そして、お気軽にお参りいただけるよう、比較的交通の便が良いところにあるという点が最大の魅力です。

気になる寺院墓地がありましたら、お気軽に現地見学をお申し込みください。

他のお墓のプラン

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 電話相談 資料ダウンロード 見学会申込み 郵送資料請求