樹木葬とは?特徴や費用・メリット・デメリットを紹介します

もくじ

近年、何かと話題に上がることの多い「樹木葬(じゅもくそう)」。お墓を管理する身内がいない方や終活を考えている方は樹木葬という言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか?
この記事では、近年注目を集めている樹木葬とはどのようなことなのか、特徴や費用、メリット・デメリットについても解説します。

樹木葬とは?

まず、樹木葬とはどのようなことなのか紹介します。
樹木葬とは、今の時代に合った新しいお墓のスタイルのことで、墓石ではなく樹木や草花を墓標とした葬送です。宗教にしばられず継承者も不要なため、墓石を建てる従来のお墓よりも安くなります。
霊園の敷地や里山内の自然にある樹木や草花の下に遺骨を埋葬します。
樹木葬は、樹木墓や樹林葬とも呼ばれる「自然葬」の一種で大いなる自然の中で土に還りたいと願う自然志向の方々から選ばれております。

樹木葬の特徴

次に、樹木葬の特徴について紹介していきます。

①樹木や草花をシンボルとしたお墓である

樹木葬とは、墓石ではなく樹木や草花を墓標とした葬送です。桜やクスノキ、紅葉などがあり、その地域に合った樹木の周りに遺骨が埋葬されます。
また、樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風のものなどもあります。

②後継ぎを必要としない永代供養である場合が多い

基本的に一代限りの個人墓の形であり、次の世代に負担をかける心配がありません。
樹木葬では永代供養を採用しているお墓が多く、永代供養では遺骨の管理をお寺で行うため、跡継ぎがいない方でも管理の心配がないからです。
※ 中には永代供養を採用していないお墓もありますのでご注意ください

③安価な供養方法である

樹木葬では、墓石を建てないので、墓石を建てる従来のお墓よりも安くなります。
必要な費用を支払うのは最初のみで、その後、管理費などを払う必要がない場合が多いです。

④宗教・宗旨・宗派は不問である場合が多い

多くの樹木葬では永代供養を採用しているため、宗教・宗旨・宗派などの制約がない場合が多いです。
※ただし墓所によって異なる場合もございますので事前にご確認ください。
これらの特徴が、今の時代に合った新しいお墓のスタイルとして注目を集めているといえます。

樹木葬の形態

樹木葬の形態樹木葬とは、墓石ではなく樹木や草花を墓標とした形態のことを指しますが、樹木葬にも様々なタイプがあります。ここでは、どのようなタイプがあるのか紹介していきます。

①里山型

里山型の樹木葬は、法律的に許可を得た里山に遺骨を埋葬する方法です。
埋葬するたびに樹木を植える場合や、元々生えている木の下に埋葬するなどさまざまな形式があり、故人の名前を木に彫りプレートをかけるなど墓標をつくることもあります。一つの区画に1本ずつ樹木を植えるところが多いため、山林などの広大な土地が必要です。そのため郊外から離れた遠方に霊園があることが多いです。
埋葬後の参拝がわかりにくく大変な面もありますが、自然に回帰するという意味合いが色濃く残るのが里山型の樹木葬の特徴です。

②都市型(公園型)

都市型(公園型)の樹木葬では、寺や霊園、墓地の中に庭園のような樹木葬用の区画が設けられて運営されています。
都市型の樹木葬は、埋葬ごとに樹木を植える場合と、桜やクスノキ、紅葉などの大きなシンボルツリーの周りに複数の遺骨を埋葬しているところがあります。
一般的なお墓と同様に、墓石や石碑を置いておくこともあり、埋葬された場所が明確なので特定の場所に参拝しやすいという特徴があります。
また、都市型(公園型)の樹木葬には、合祀タイプ、個別埋葬タイプの2種類の埋葬方法があります。

都市型(公園型)の方が都心部にあるため、選択する人が多いようです。
里山型はより自然に回帰する意味合いが強いため、どちらを選択するか、樹木葬を選ぶ際には事前に親族とご相談するといいでしょう。

樹木葬の埋葬方法

前章の都市型(公園型)の説明の中で合祀タイプ、個別埋葬タイプの2種類の埋葬方法があることを紹介しましたが、それぞれの方法を詳しく解説します。

①合祀タイプ

遺骨を分けずにそのまま埋葬する方法で、他の方の遺骨と混ざって埋葬されます。より安価な費用で利用することができます。

②個別埋葬タイプ

故人一人ひとりに区画が与えられます。遺骨は骨壷などに入れられる場合やそのまま埋葬される場合があります
埋葬の際に骨壺のままでなく、ご遺骨を粉骨してパウダー状にし、専用の小さめの容器や、木綿等の骨袋などに移し替える場合もあります。

樹木葬という言葉の響きからご遺骨を自然の中に撒いて散骨をするイメージを抱くこともあるかと思いますが、そういう訳ではありません。
樹木葬はあくまでもお墓の一種です。法の許可を得て墓地内にある区画を購入し、遺骨を埋葬します。
お墓のかたちが樹木であると考えると、よりお分かりいただけると思います。
手続きや書類なども、通常のお墓と変わりません。
場所によって、埋葬方法や形態が異なるので事前に確認をするといいでしょう。

樹木葬で主に使われる植物

ここでは、樹木葬で使われる植物にはどのようなものがあるのかを紹介します。
樹木の種類は、常緑樹のクスノキやカエデ類の紅葉があり、その地域に合った植栽が選ばれることが多いようです。
桜をシンボルツリーとしているところや、庭園風の墓域にバラを植えるなど特徴ある樹木葬もあります。一区画ずつ植えるタイプでは、何種類かの候補の中から自分の好きな樹木や、花を選べるところもあるため、樹木葬を選ぶ際には事前に確認をするといいでしょう。
樹木葬で使われることの多い植物は以下があります。
1. サクラ
2. ヤマツツジ
3. サルスベリ
4. ハナミズキ
5. エゾアジサイ
6. モミジ
7. カラマツ
8. ポプラ
9. クスノキ

樹木葬の費用

樹木葬の費用樹木葬とはどのようなことか、その特徴や埋葬方法について解説してきました。ここでは、実際に樹木葬の費用はいくらくらいかかるのか費用相場を紹介します。

樹木葬の費用相場

樹木葬には、おもに合祀タイプ・個別埋葬タイプの2つの埋葬方法があり、埋葬方法によって費用が異なります。それぞれの費用相場は以下となります。
・合祀タイプ:8万円~20万円
・個別埋葬タイプ:30~80万円
複数の遺骨を一緒に埋葬する合祀タイプは、樹木葬の中でも最も価格が安くなります。個別埋葬タイプは一人ひとりに区画が与えられ、一般的なお墓を建てるときと同じく土地の永代使用料が必要となりますので費用相場としては高くなります。

埋葬方法や墓石の設置、ペットと一緒に入れるかなど、条件や各寺院や霊園など運営団体によっても変わりますが、相場は大体30万円から70万円程度で、安いものでは10万円以下からできる樹木葬もあります。

樹木葬の費用内訳

次に、樹木葬にかかる費用の内訳についても紹介します。
樹木葬の費用の内訳は以下の4通りです。
・永代使用料
・納骨料
・銘板彫刻代
・年間管理料
これらが、どのようなことなのか解説します。

①永代使用料

お骨を埋葬する土地を使うための使用料のことです。
"永代"は文字どおり、「供養を永遠してくれるもの」と考えている人もいますが、一定期間を経過すると、他の人と合祀されるケースがよく見られます。
その後、期間が過ぎると、骨壺から遺骨を出した状態で合同の墓に合祀され遺骨を土に還すという方法がとられています。
契約する業者ごとに、期間や合祀の有無は異なるので、事前に確認しましょう。

②納骨料

お骨を埋葬してもらうための手数料のことです。利用人数分の埋葬料がかかるのが一般的とされており、家族全員で利用する場合などには割高になることもあります。
また、永代使用料の中に納骨料を含めている場合もあります。
納骨料を別途支払わなくて良い代わりに、永代使用料が若干高い場合もあります。必ずしも、納骨料がないことがお得になっているわけではではない点に注意し、事前に確認をしましょう。

③銘板彫刻代

遺骨を埋葬した場所付近に、銘板(いわゆるネームプレートのようなもの)を設置する際にかかる費用のことです。必ずかかる費用というよりはオプションとなっている霊園も多いようです。樹木葬の場合、シンボルツリーが成長するためお墓の様子は年々変わっていきます。お墓がどこにあるかわかりにくくなる場合があるため、銘板があれば誰の遺骨か明確になり、お墓参りがしやすくなります。

④年間管理料

近年、年間管理料が無料の霊園も増えています。いわゆる運営費や管理費などとも呼ばれるお墓の管理をしてもらうために必要な料金です。
年間管理料が必要な霊園でも、支払い方法や期間などは様々なため、事前に確認をしましょう。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬を検討する際にどのようなメリットがあり、何がデメリットとなるか気になる方も多いのではないでしょうか?
ここではそれぞれについて解説します。ご家族や自分が樹木葬に向いているか、検討してみましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬のメリット

①管理の心配がない

樹木葬は基本的に一代限りの個人墓の形であり代々継承していくものではありません。そのため、お墓の管理は霊園など墓地側で行ってくれるのが一般的です。跡継ぎがいない方でも管理の心配がないというのが一番のメリットです。

②費用を安く抑えられる場合が多い

墓石を用いる従来通りの方法だと数百万円と費用は高額になることが多いため、経済的な負担が大きいのが難点です。樹木葬の場合、墓石を用いる必要性がないため、安い場合が10万円前後と圧倒的に安い費用で埋葬が可能です。
埋葬場所、オプションによって費用が高くなることもありますが、それらを踏まえても費用をおさえることが可能です。寺院墓地の場合、墓石代・お墓の土地代のほかに法要のお布施や檀家負担金が必要となりますが樹木葬の場合はこれらの費用も不要となるため、トータルの金額面で考えても安くなることが多いです。

③環境にやさしい、エコ志向である

樹木葬は環境にやさしく、エコな埋葬方法であるという考え方もあります。
里山型の樹木葬では、里山の環境を利用するため土地を切り開く必要がありません。遺骨を埋葬するたびに植樹をする樹木葬もあることから、里山の再生や環境保全につながると考えられています。
また「死後は自然の中に還りたい」「死後は大きな木を植えてその下で眠りたい」などの遺志がある人は、希望がかなう魅力な葬法と言えるでしょう。

④散骨に比べて参拝する場所がわかりやすい

散骨の場合、パウダー状となった遺骨が風や波にさらわれてどこに行ってしまったかわからなくなるので、特定の場所に対して手を合わせることができません。樹木葬は、墓石はありませんが「お墓」の意味合いは色濃く残っているので、散骨に比べて参拝するべき場所がわかりやすいというメリットがあります。

⑤宗旨・宗派を問わないことが多い

自然に還ることがコンセプトであるため、宗旨宗派を問わずに埋葬できるところが多いです。もちろん、宗教によるしきたりもありません。
ただ、稀に「個別法要はお寺の宗派で執行する」という条件が付くケースもあるため、事前に確認が必要です。

樹木葬のデメリット

次に樹木葬のデメリットについても紹介します。

①改葬ができない

樹木葬の中でも最も費用が抑えられる合祀タイプの樹木葬は、一人ひとりの遺骨を分けず、複数の方の遺骨をまとめて埋葬しているため後から遺骨を取り出したいと思ってもできません。
また、個別埋葬であっても、遺骨が骨壷などに入れられていない場合は取り出すことはできません。そのため、新しくお墓を購入して改葬したいと思っても、遺骨が取り出せず改葬できないという場合があります。

②承継できない一代限りのお墓が多い

樹木葬を利用している方の多くは夫婦用、もしくは一人用という単位で申し込みます。家族代々のお墓として使いたいときには、樹木葬はふさわしくないといえます。

③アクセスが悪く墓参りに行きづらい

里山型の樹木葬などでは、墓地へ着いたあと実際に遺骨が埋葬してある地点まで長時間歩かなくてはいけないこともあります。またバス停や駅からの距離が遠い場所にあることも多く、参拝に行きづらいと感じることも多いです。
自然に回帰したいという故人の遺志はありますが、遺された方々にとってはお参りしづらいのは大きなデメリットの一つとなります。

④手入れが大変になることがある

特に里山型の樹木葬では、遺骨を埋葬している周りには多くの木々や植物が生えています。お参りにきて手入れができれば、お墓の周りは綺麗に保たれますが、長期間そのままにしておくと草が生い茂り荒れ果ててしまう可能性もあります。
「自然に囲まれた」と「荒れ果てた」とでは話が変わってきます。
美しい自然に囲まれた状態に保つのには、少なからず手入れは必要となるでしょう。一般的なお墓の場合は墓石で草が生える範囲には限りがありますが、
樹木葬ではそういうわけにはいきません。管理が不要だからと樹木葬を選んだのに、かえって手入れが大変になる場合があるということも覚えておきましょう。

⑤参拝すべき場所が明確でない

樹木葬のメリットでも少し触れましたが、参拝すべき場所がわかりやすいのはあくまでも散骨の場合と比べたときです。
一般的なお墓に比べると、必ずしも墓前で手を合わせることができるとは限りません。そのため、デメリットと感じる方もいるようです。
また、火気を禁止している樹木葬の墓地も多くお線香やろうそくをつけられないため、中には「お参りをした気分にならない」という方もいます。
メリットだけをみて契約を進めていると購入後に後悔してしまうことにもなりかねません。樹木葬のデメリットについてもしっかりと理解を深めておきましょう。

樹木葬で注意すべきポイント

前章では樹木葬のメリット、デメリットについて紹介をしました。
ここでは実際に樹木葬を検討する際に、注意すべきポイントについて紹介します。

①自分でガーデニングをすることはできない

芝や樹木などについては基本的に管理者によって手入れが行われるため、自分の家の庭のように好きな木や草花を植えたり、土をいじったりすることができません。

②年月と共に景観が変化する

樹木は自然のものなので樹齢があり、歳月とともに樹木も成長をします。
樹木の成長の楽しみもありますが、花や葉が少なくなることや、枯れることも考えられます。そのため、ずっとイメージの通りという訳にはいきません。

③漠然とした印象のお墓参りとなってしまう

従来通りのお墓であれば、墓石に手を合わせたり、故人に話しかけたりすることができますが、樹木葬の場合、個別のお墓ではなく樹木全体に向かってお墓参りをするかたちになります。どこに埋葬されているか、見た目的には分かりにくいためお墓参りをした実感を得られない方もいます。

④周囲の理解が必要である

樹木葬について、世間に認知が浸透していないため樹木葬がどのようなものであるかを正しく理解されている方がまだ少ないのが現状です。
たとえ故人が樹木葬を希望していたとしても、ご家族や親族から反発を受けるケースもあります。そのため、樹木葬について学び、一般的なお墓との違いを説明しながら周囲のご家族の理解を得てお墓選びを進めることが大切です。

⑤許可を得た場所に埋葬する必要がある

樹木葬は管理された敷地でのみ行え、法的に許可を得た場所に埋葬する必要があります。ご自身の手で近隣の山などへ埋葬すると法律違反となります。
また、埋葬の際には「埋葬許可証」が必要となります。

⑥埋葬後に遺骨を取り出すことができない場合もある

個別に管理しないタイプの樹木葬では、後で遺骨を取り出すということができません。個別のタイプであっても遺骨が骨壷などに入れられていない場合は取り出すことはできません。事前に親族間で話し合いをしてトラブルにならないように気を付けましょう。

まとめ

今回の記事では樹木葬ついて解説してきました。
樹木葬は費用面などいいことも多い反面、まだまだ浸透しきっていないため、自然に還りたいと故人の明確な遺志があった際でも親族間で同意を得られないこともあります。そのため事前にしっかり確認をして慎重に検討を進めるようにしましょう。
ぜひとも後悔のないように、この記事の内容がお役に立てれば幸いです。
永代供養墓普及会は首都圏50ヶ寺以上の優良寺院と提携する永代供養のパイオニアです。
「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし墓じまい後の供養の方法として永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ