些細なことでもご相談ください 無料
(受付時間9:00〜18:00・365日相談可能)

近年、何かと話題に上がることの多い「樹木葬(じゅもくそう)」。

お墓を管理する身内がいない方や終活を考えている方は樹木葬という言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか?

この記事では、近年注目を集めている樹木葬の購入を考えている方に向けて、そもそも樹木葬とはなにかというお話や後悔しないための知識をご紹介いたします。

またエータイでは、全国80以上の厳選寺院と提携し、累計2万組以上のお客様に年間管理費不要の永代供養墓・樹木葬をご紹介しております。
具体的にお墓の写真や詳しい料金を見てみたいという方は、こちらのフォームから資料をダウンロードください!

お墓選びにお悩みの方におすすめ!
  • 年間管理費0円で維持費がかからない
  • 供養も管理もお任せできるから安心
  • 10万円から選べる豊富なプラン
  • 合祀されない個別墓タイプもあり
  • ペットと一緒に眠れるプラン
  • 過去の宗旨宗派不問
  • 生前申込も可能

一生に一度のお墓のこと、後悔のないお墓選びをしていただくために、ぜひ一度ご覧ください。

簡単30秒!
無料で資料ダウンロード

樹木葬とは?

樹木葬とは、墓石ではなく桜やクスノキ、紅葉など、その地域に合った樹木を墓標とした葬送です。

樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風の霊園などもあり、霊園の敷地や、里山内の自然にある樹木や草花の下に遺骨を埋葬します。

宗教にしばられず継承者も不要なため、墓石を建てる従来のお墓よりも安くなります。

また、樹木葬は樹木墓や樹林葬とも呼ばれる「自然葬」の一種で、大いなる自然の中で眠りたいと願う自然志向の方々から選ばれております。

樹木葬の特徴やメリット

樹木葬には主に以下のような特徴・メリットがあります。

  • 継承者を必要としない永代供養のため管理の心配がない
  • 費用を安く抑えられる場合が多い
  • 環境にやさしい
  • 宗旨・宗派を問わないことが多い

それぞれ具体的に紹介していきましょう。

継承者を必要としない永代供養のため管理の心配がない

樹木葬は基本的に一代限りの個別墓の形であり代々継承していくものではありません。また、永代供養を採用しているお墓が多いことも樹木葬の特徴です。

永代供養とは、遺族に代わって寺院や霊園が遺骨の供養や管理を行う供養方法のことです。永代供養では遺骨の管理をお寺で行うため、跡継ぎがいない方でも管理の心配がありません。

継承者が不要で、お墓の管理や供養も墓地側が行ってくれることが、樹木葬の最大のメリットと言えるでしょう。

ただし、中には永代供養を採用していないお墓もありますので、ご注意ください。

費用を安く抑えられる場合が多い

墓石を用いる従来通りの方法だと、お墓を建てる費用は数百万円と高額になることが多いため、経済的な負担が大きいのが難点です。

樹木葬の場合、墓石を用いる必要性がないため、安い場合が10万円前後と圧倒的に安い費用で埋葬することができます。

ただし、埋葬場所、オプションによって費用が高くなることもありますが、それらを踏まえても費用をおさえることが可能です。

寺院墓地の場合、墓石代・お墓の土地代のほかに、法要のお布施や檀家負担金が必要となりますが、樹木葬の場合はこれらの費用も不要となるため、トータルの金額面で考えても安くなることが多くなります。

環境にやさしい、エコ志向である

樹木葬は環境にやさしく、エコな埋葬方法であるという考え方もあります。

里山型の樹木葬では、里山の環境を利用するため土地を切り開く必要がありません。

また、遺骨を埋葬するたびに植樹をする樹木葬もあることから、里山の再生や環境保全につながると考えられています。

そして、「死後は自然の中で眠りたい」「死後は大きな木を植えてその下で眠りたい」などの遺志がある人は、希望がかなう魅力的な葬法と言えるでしょう。

宗旨・宗派を問わないことが多い

自然の中に眠ることがコンセプトであるため、宗旨宗派を問わずに埋葬できる霊園が多く存在します。

もちろん、宗教によるしきたりはありません。

ただ、稀に「個別法要はお寺の宗派で執行する」という条件が付くケースもあるため、事前に確認が必要です。

具体的にどのようなお墓があるのか見てみたいという方は、こちらのフォームから資料をダウンロードください!

樹木葬の種類

続いて、樹木葬の種類を紹介しましょう。前述の通り、樹木葬とは墓石ではなく樹木や草花を墓標としたお墓のことを指しますが、その仕組みには主に「里山型」と「都市型(公園型)」の2種類の形態があります。

それぞれどのような形態なのか、詳しく紹介していきます。

里山型

里山型の樹木葬は、法律的に許可を得た里山に遺骨を埋葬する方法です。

埋葬するたびに樹木を植える場合や、元々生えている木の下に埋葬するなどさまざまな形式があり、故人の名前を木に彫りプレートをかけるなど墓標をつくることもあります。

基本的には一つの区画に1本ずつ樹木を植えるため、山林などの広大な土地が必要ですので、郊外から離れた遠方に霊園があることが多くなっています。

埋葬後の参拝がわかりにくく大変な面もありますが、自然に回帰するという意味合いが色濃く残るのが里山型の樹木葬の特徴です。

都市型(公園型)

都市型(公園型)の樹木葬では、寺や霊園、墓地の中に庭園のような樹木葬用の区画が設けられて運営されています。

都市型の樹木葬は、埋葬ごとに樹木を植えるパターンと、桜やクスノキ、紅葉などの大きなシンボルツリーの周りに複数の遺骨を埋葬しているパターンがあります。

一般的なお墓と同様に、墓石や石碑を置いておくこともあり、埋葬された場所が明確なので特定の場所に参拝しやすいという特徴があります。

また、都市型(公園型)の樹木葬には、合祀タイプ、個別埋葬タイプ、そして集合墓タイプの3種類の埋葬方法があります。

都市型(公園型)の方が都心部にあるため、選択する人が多いようです。

どちらを選択するか、樹木葬を選ぶ際には事前に親族とご相談するといいでしょう。

具体的にどのようなお墓があるのか見てみたいという方は、こちらのフォームから資料をダウンロードください!

樹木葬の埋葬方法

前章の都市型(公園型)の説明の中で、

  • 合祀タイプ
  • 個別埋葬タイプ
  • 集合墓タイプ

の3種類の埋葬方法があることを紹介しました。ここではそれぞれの埋葬方法とその特徴を詳しく解説します。

合祀タイプ(シンボル共有、遺骨も分けない)

合祀とは、遺骨を分けずにそのまま埋葬する方法で、他の方の遺骨と混ざって埋葬されます。シンボルとなる樹木も他のご家族と共有します。

合祀にすると、より安価な費用で埋葬することができますが、後日遺骨が取り出せないためご注意ください。

個別埋葬タイプ(1家族1シンボル)

個別埋葬タイプの場合、故人一人ひとりに区画が与えられます。

遺骨は骨壷などに入れられる場合や、そのまま埋葬される場合があります。

また、埋葬の際に骨壺のままでなく、ご遺骨を粉骨してパウダー状にし、専用の小さめの容器や、木綿等の骨袋などに移し替える場合もあります。

樹木葬という言葉の響きからご遺骨を自然の中に撒いて散骨をするイメージを抱くこともあるかと思いますが、そういう訳ではありません。

樹木葬はあくまでもお墓の一種です。法の許可を得て墓地内にある区画を購入し、遺骨を埋葬します。

お墓のかたちが樹木であると考えると、よりお分かりいただけると思います。

手続きや書類なども、通常のお墓と変わりません。場所によって、埋葬方法や形態が異なるので事前に確認をするといいでしょう。

集合墓タイプ(シンボル共有、遺骨は分ける)

集合墓タイプの場合、遺骨は分けて埋葬しますが、樹木やプレートといったシンボルは他の方と共有します。

また価格帯は、合祀タイプと個別埋葬タイプの間くらいです。

集合墓タイプにすると、埋葬後でも遺骨を取り出せるケースもあります。

樹木葬の種類について、更に詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

樹木葬の費用相場と内訳

樹木葬にかかる費用は比較的安いとお伝えしましたが、実際に購入する場合に費用はいくらかかるのでしょうか。相場感や費用の内訳をご紹介します。

樹木葬の費用相場

前述の通り、樹木葬には「合祀タイプ」・「個別埋葬タイプ」・「集合墓タイプ」の3つの埋葬方法があり、埋葬方法によって費用が異なります。

それぞれの費用相場は以下となります。

  • 合祀タイプ:8万円~20万円
  • 個別埋葬タイプ:30万円~80万円
  • 集合墓タイプ:15万円〜60万円

複数の遺骨を一緒に埋葬する合祀タイプは、樹木葬の中でも最も価格が安くなりますが、個別埋葬タイプは一人ひとりに区画が与えられ、一般的なお墓を建てるときと同じく土地の永代使用料が必要となりますので、費用相場としては高くなります。

集合墓タイプは、合祀型と同じく複数の方の遺骨と一緒に埋葬しますが、埋葬する場所を区画に分けるので、合祀タイプと個別埋葬タイプの間くらいの費用になります。

埋葬方法や墓石の設置、ペットと一緒に入れるかなど、条件や各寺院や霊園など運営団体によっても変わりますが、平均相場は大体30万円から70万円程度で、安いものでは10万円以下からできる樹木葬もあります。

樹木葬の費用内訳

次に、樹木葬にかかる費用の内訳についても紹介します。

樹木葬の費用の内訳は以下の4通りです。

  1. 永代使用料
  2. 納骨料
  3. 銘板彫刻代
  4. 年間管理料

①永代使用料

永代使用料とは、お骨を埋葬する土地を使うための使用料のことです。

“永代供養”は文字どおり、「供養を永代に渡ってしてくれるもの」と考えている人もいますが、一定期間を経過すると、他の人と合祀されるケースがよく見られます。

具体的には、骨壺から遺骨を出した状態で合同の墓に合祀され、遺骨を土に埋葬するという方法がとられています。

契約する業者ごとに、期間や合祀の有無は異なるので、事前に確認しましょう。

②納骨料

納骨料とは、お骨を埋葬してもらうための手数料のことです。

利用人数分の埋葬料がかかるのが一般的とされており、家族全員で利用する場合などには割高になることもあります。

また、永代使用料の中に納骨料を含めている場合もあり、納骨料を別途支払わなくて良い代わりに、永代使用料が若干高い場合もあります。

必ずしも納骨料がないことがお得になっているわけではない点に注意し、事前に確認をしましょう。

③銘板彫刻代

遺骨を埋葬した場所付近に、銘板(いわゆるネームプレートのようなもの)を設置する際にかかる費用のことです。

必ずかかる費用というよりは、オプションとなっている霊園も多いようです。

樹木葬の場合、シンボルツリーが成長するためお墓の様子は年々変わっていきます。

お墓がどこにあるかわかりにくくなる場合がありますが、銘板があれば誰の遺骨か明確になり、お墓参りがしやすくなります。

④年間管理料

年間管理料は、運営費や管理費などとも呼ばれるお墓の管理をしてもらうために必要な料金です。

近年、年間管理料が無料の霊園も増えています。

また、年間管理料が必要な霊園でも、支払い方法や期間などは様々なため、事前に確認をしましょう。

樹木葬の費用や価格を安く抑える方法など、さらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

エータイで取り扱いのある東京の樹木葬の例

エータイで取り扱いのある樹木葬は都市型(公園型)に該当し、埋葬方法は合祀と個別でお好きな方をご選択いただけます。

費用は19.8万円からとなっておりまして、ご自身のお住まいに近いところからお選びいただくことが可能です。

例として以下に樹木葬の取り扱いのある都内の寺院をいくつかご紹介させていただきます。

慈光院

慈光院は東京都墨田区に位置する曹洞宗のお寺です。
永正11年(1514年)に創建されたと伝えられています。
東あずま駅、亀戸駅から徒歩圏内と、交通アクセスの便利な場所に位置します。

▶︎ 慈光院の詳細を見てみる

金剛院

金剛院は東京都大田区にある真言宗の寺院です。
本尊は大田区文化財に指定される大日如来坐像を安置してます。
蒲田駅、矢口渡駅、蓮沼駅から徒歩圏内で、蒲田駅から近くまでバスもありますので、お参りに行きやすいお寺です。

▶︎ 金剛院の詳細を見てみる

正光寺

正光寺-永代供養付樹木葬

東京都北区にある「天王山 淵富院 正光寺」は浄土宗に属し、本尊には「阿弥陀如来」を安置しています。
鎌倉時代から続く寺院です。

▶︎ 正光寺の詳細を見てみる

その他、どのようなお墓があるかもっと詳しく見たいという方は、フォームから資料をダウンロードください!

樹木葬のデメリットや注意点

続いて、樹木葬を購入して後から後悔しない為にも、事前に知っておくべきデメリットや注意点についてご紹介します。

  • 後から遺骨を取り出せないため改葬ができない
  • 承継できない一代限りのお墓が多い
  • アクセスが悪く墓参りに行きづらい
  • 年月と共に景観が変化する
  • 参拝すべき場所が不明確でお墓参りが漠然とする場合がある

それぞれ詳しく解説します。

後から遺骨を取り出せないため改葬ができない

樹木葬の中でも最も費用が抑えられる合祀タイプの樹木葬は、一人ひとりの遺骨を分けず、複数の方の遺骨をまとめて埋葬しているため、後から遺骨を取り出したいと思ってもできません。

また、個別埋葬であっても、遺骨が骨壷などに入れられていない場合は取り出すことはできません。

そのため、新しくお墓を購入して改葬したいと思っても、遺骨が取り出せず改葬できないという場合があります。

承継できない一代限りのお墓が多い

樹木葬を利用している方の多くは夫婦用、もしくは一人用という単位で申し込みます。

家族代々のお墓として使いたいときには、樹木葬はふさわしくないといえます。

アクセスが悪く墓参りに行きづらい場合がある

里山型の樹木葬などでは、墓地へ着いたあと実際に遺骨が埋葬してある地点まで長時間歩かなくてはいけないこともあります。

またバス停や駅からの距離が遠い場所にあることも多く、参拝に行きづらいと感じることも。

自然に回帰したいという故人の遺志はありますが、遺された方々にとってはお参りしづらいのは大きなデメリットの一つとなります。

年月と共に景観が変化する

樹木は自然のものなので樹齢があり、歳月とともに樹木も成長をします。

樹木の成長の楽しみもありますが、花や葉が少なくなることや、枯れることも考えられますので、ずっとイメージの通りという訳にはいきません。

特に里山型の樹木葬では、遺骨を埋葬している周りには多くの木々や植物が生えています。

お参りにきて手入れができれば、お墓の周りは綺麗に保たれますが、長期間そのままにしておくと草が生い茂り荒れ果ててしまう可能性もあります。

従って、美しい自然に囲まれた状態に保つのには、少なからず手入れも必要となるでしょう。

参拝すべき場所が不明確でお墓参りが漠然とする場合がある

従来通りのお墓であれば、墓石に手を合わせたり、故人に話しかけたりすることができますが、樹木葬の場合、個別のお墓ではなく樹木全体に向かってお墓参りをするかたちになります。

どこに埋葬されているか、見た目的には分かりにくいため、お墓参りをした実感を得られない方もいます。

また、火気を禁止している樹木葬の墓地も多くお線香やろうそくをつけられないため、中には「お参りをした気分にならない」という方もいます。

霊園によっては、埋葬場所とは別に共用の参拝スペースが設けられている場合もあり、必ずしも墓前で手を合わせることができないことがあるのもデメリットでしょう。

以下の記事では、樹木葬で後悔しやすい事例やデメリット、その解消法を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください。

樹木葬を購入・申し込みする際の手続きと流れ

樹木葬の申し込み手続きは、普通の墓地の契約と変わりません。以下がその流れになります。

樹木葬の情報を集める

まずは石材店などに足を運んで、樹木葬についての情報を集めましょう。

実際に足を運ぶのも良いですし、最近ではネットなどからも情報を入手することができます。

希望条件と一致するものがあれば、資料請求をすると良いでしょう。

現地に見学に行く

候補が決まったら、実際に下見にいきましょう。

後からトラブルにならない為にも、できればご家族も一緒に行き、納得した上で決めることをおすすめします。

下見では、墓地の実際の雰囲気や近隣の環境、供養プラン、交通のアクセスの良し悪しなどを確認しておくようにしましょう。

契約と入金

実際に下見に行き気に入ったら、契約申し込みの費用を払います。

ご家族も納得されていれば問題ないとは思いますが、墓地選びは一生の問題です。

焦って決めてしまわずに、じっくり比較・検討した上で申し込みするようにしましょう。

樹木葬の埋葬までの手続きと流れ

次に、故人が亡くなってから埋葬までの具体的な流れを解説します。

こちらも基本的には従来のお墓に埋葬するのと変わりませんが、およそ以下の手続きが必要になります。

  1. 死亡診断書・死体検案書を受け取る
  2. 死亡届の提出→火葬許可証・埋葬許可証を受け取る
  3. 通夜、葬儀→火葬と骨上げ
  4. 埋葬、散骨

流れを詳しく紹介していきましょう。

1.死亡診断書・死体検案書を受け取る

故人が病院で亡くなった場合は、病院で死亡診断書を発行してくれます。

事故などで亡くなると、警察による検視ののち、死体検案書が発行されます。

2.死亡届の提出→火葬許可証・埋葬許可証を受け取る

死亡から7日以内に、市役所や区役所に死亡届を提出します。

死亡届が受理されると、火葬許可証が発行されるので、埋葬許可証とともに墓地に提出します。

その後に火葬場から返却される書類が埋葬許可証となります。

なお、ほとんどの場合、火葬許可証と埋葬許可証は同じ用紙になっています。

3.通夜、葬儀→火葬と骨上げ

通夜と葬儀を行ったら、地域の火葬場に火葬許可証を持って行き、荼毘に付します。

火葬が終わったら遺骨を骨壺に納めます。

4.埋葬、散骨

樹木葬を管理する施設に、埋葬日を連絡して埋葬します。

また、埋葬する際は、埋葬許可証が必要になります。

墓所の埋葬方法によっては、事前に粉骨しておく必要もあるので、事前に確認しておきましょう。
樹木葬の流れを解説!申込みから埋葬、改葬時の手続きまで

樹木葬でトラブルにならない為の対策

ここでは樹木葬でトラブルにならない為の対策を紹介します。

親族の理解を得る

樹木葬は世間に認知が浸透していないため、樹木葬がどのようなものであるかを正しく理解されている方がまだ少ないのが現状です。

たとえ故人が樹木葬を希望していたとしても、ご家族や親族から反発を受けるケースもあります。

そのため、樹木葬について学び、一般的なお墓との違いを説明しながら周囲のご家族の理解を得てお墓選びを進めることが大切です。

許可を得た場所に埋葬する

樹木葬は管理された敷地でのみ行うことができ、また、法的に許可を得た場所に埋葬する必要があります。

ご自身の手で近隣の山などへ埋葬すると法律違反となりますので、ご注意ください。

また、埋葬の際には「埋葬許可証」が必要となります。

自分でガーデニングをすることはできない

芝や樹木などについては基本的に管理者によって手入れが行われるため、自分の家の庭のように好きな木や草花を植えたり、土をいじったりすることができません。

一方で墓石に使用するプレートのデザインは比較的自由に決めることができます。樹木葬の墓石のデザインについては以下の記事で詳しく解説しています。

樹木葬と似た特徴を持つその他の供養方法

ここまで樹木葬について解説してきましたが、実は樹木葬以外にも似た特徴を持つ供養方法があります。

お墓選びは慎重に行うことですので、ここで樹木葬と似た供養方法についてもチェックしておきましょう。

納骨堂

樹木葬と共に、最も比較検討されるのが納骨堂です。

納骨堂とは、個人や夫婦など、さまざまな単位でご遺骨を収蔵できる「納骨スペース」のことを言います。

樹木葬と共通している点としては、

  • 墓石を用いないので、費用を安く抑えやすい
  • お墓の継承者が必要ない永代供養の一つ

になります。

両者の違いは埋葬方法にあります。

樹木葬はすでにご説明した通り、シンボルとなる樹や花の下にあるカロート、もしくは地中に埋葬するのに対し、納骨堂は屋内に遺骨を安置する形になります。また、納骨堂はものによっては代々継承することも可能です。

納骨堂について更に詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
納骨堂とは?費用相場や内訳について

散骨

散骨も樹木葬と同じく「自然葬」の一つです。散骨は「海洋散骨」と「山林散骨」という二つに分けられます。

例えば海洋散骨の場合、1家で一台船をチャーターし、プライベートな空間で安心して故人様とのお別れができます。

このような個人散骨の場合、費用は30万円程度で、樹木葬と近しい価格帯になります。また、複数のご遺族様で乗船する「合同散骨」という選択もあります。

樹木葬との違いは、お墓(墓標)の有無になります。散骨について詳しく調べたい方は以下の記事も参考にしてください。
樹木葬と散骨の違いは?

ペットと一緒に入れる樹木葬もある

近年、ペットと一緒にお墓に入りたいという方も増えています。

そこでペットの新しい埋葬方法として広まってきているのが、ペットと一緒に入れる樹木葬です。

時代の変化と共にペットに対しての考えも変わってきており、ペット樹木葬専用の霊園や、ペット樹木葬を取り扱う寺院墓地も増えています。

家族同然にペットを大切にしていたという方には非常におすすめの埋葬方法と言えるのではないでしょうか。

ただし、ご家族にこの埋葬方法の理解を得られないことも少なくありません。

もし検討する際は、ご家族としっかり話し合って決めることが重要といえます。

ペット樹木葬の費用は、飼い主と一緒に入る場合、

  • 個別型:40万円~100万円程度
  • 合祀型:30万円~50万円程度

上記が相場になります。

地域によって地価が違うので、結果として相場も大きく異なります。

具体的にどれくらいの費用がかかるのか、事前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

樹木葬を購入した人の声・感想

樹木葬を選ばれた理由はなんですか?

【70代 男性】
次女が亡くなり、長女は結婚している為後々墓まもりがいなくなってしまう。
寺院が家族に代わり永代にわたって供養していただけるので、故人も家族も心安らかでいられることが、検討の理由です。
新聞広告や樹木葬の案内書資料を見てとても気に入っていましたが、現地も見てみたいと思い、見学させていただきました。

お墓選びで悩まれた点はどこですか?

【60代 女性】
田舎にお墓があるのですが弟が亡くなり後継ぎがいない為、どうしようか悩みました。この先、田舎のお墓はお寺さんに永代供養をお願いしようと思い、弟はこちらでお墓を探そうと考えていました。個人の墓地も検討しましたが費用の面と管理の面を考えるとやはり永代供養が安心だと思い決めました。宗派が違う事が心配でしたが、どの宗派も受け入れOKで母も納得した為決めました。

樹木葬の購入を検討されている方にアドバイスはありますか?

【70代 女性】
永代供養のお墓はお寺さんによって内容が様々なので、パンフレットを取り寄せてみて、実際に見学してお話しを聞いて、納得されて購入された方が良いと思います。私が今回購入したお墓は樹木葬でも個別なので家族で埋葬できるので良かったし、花台もお線香台も共同なのでつねにお供えされているので安心です。個人のお墓だとお参りに行かないとお供え出来ないのでその点は良かったと思います。

「後々、お墓を守る人がいなくなってしまう」「子どもたちに迷惑をかけたくない」といった理由から、永代供養である樹木葬を検討する方が多いようです。

お墓選びの際は、「お参りのための立地が良いか」「環境や管理状況はどうか」「価格」などが自身のご希望と合っているか?を確認されている方が多いです。

樹木葬には様々な形態があり、特徴も違うので、ご家族とも十分に話し合い、現地で雰囲気を確かめた上で決めるようにしましょう。

樹木葬に関するよくある質問と回答

最後に、樹木葬に関するよくある質問と、その回答をご紹介します。

樹木葬の歴史は?

日本初の樹木葬は、1999年に岩手県の寺院「大慈山祥雲寺」によって作られたのが最初で、比較的歴史の浅い供養方法になります。

少子高齢化による墓地の継承問題や、特に首都圏での墓地用地不足といった背景から、近年人気を集めています。

樹木葬で主に使われる植物は?

樹木葬で使われる植物には、常緑樹のクスノキやカエデ類の紅葉があり、その地域に合った植栽が選ばれることが多いようです。

桜をシンボルツリーとしている霊園や、庭園風の墓域にバラを植える霊園など、特徴ある樹木葬もあります。

一区画ずつ植えるタイプの樹木葬の場合、何種類かの候補の中から自分の好きな樹木や花を選べることもあるため、樹木葬を選ぶ際には事前に確認をするといいでしょう。

また、樹木葬で使われることの多い植物は以下の通りです。

  1. サクラ
  2. ヤマツツジ
  3. サルスベリ
  4. ハナミズキ
  5. エゾアジサイ
  6. モミジ
  7. カラマツ
  8. ポプラ
  9. クスノキ

今あるお墓を樹木葬に変えるには?

今は一般的なお墓があるものの、様々な理由から樹木葬に変更しようと検討している方もいるかもしれません。

その場合は、まず新しい樹木葬の墓所を用意し、その上で墓じまいをする必要があります。墓じまいの流れや必要な手続きについては、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

まとめ

今回の記事では樹木葬について解説してきました。

樹木葬は費用面などいいことも多い反面、まだまだ浸透しきっていないため、自然の中で眠りたいと故人の明確な遺志があった際でも、親族間で同意を得られないこともあります。

事前にしっかり確認をして慎重に検討を進めるようにしましょう。

ぜひとも後悔のないように、この記事の内容がお役に立てれば幸いです。

エータイでは、首都圏を中心に80以上の厳選寺院の永代供養墓をご紹介しています

もし現在お墓選びをご検討されていたり、お墓についてお悩みでありましたら、エータイがご紹介する寺院をおまとめした資料を参考にしてみてください。