樹木葬の費用はどれくらい?

もくじ

樹木葬の費用はどれくらい?

樹木葬の費用はどれくらい?
現在は、一人っ子や子どものいない家族が増えたことから、昔のようにお墓を継承するのが難しくなってきました。そこで、墓石を建てずに樹木を墓標にする「樹木葬」の人気が高まっています。樹木葬を行うには、いったいいくらかかるのでしょうか? こちらでは、樹木葬の費用やメリットとデメリットについてお伝えします。

樹木葬の費用相場

樹木葬をする場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。一般的な墓石を建てるには200万円ほどかかりますが、樹木葬の全国相場は50万円ほどです。一般的な埋葬方法よりも費用を安くおさえられます。ただし、石のプレートを設置したり、ペットと一緒の埋葬を希望したりすると、追加費用がかかるため注意が必要です。
また、埋葬方法によっても金額は異なります。費用と条件を考慮して、もっとも自分たちにあった方法を選びましょう。
●合祀型樹木葬
シンボルとなる樹木の下に、ほかの家族と一緒に遺骨を埋葬するスタイルです。相場は5~20万円になります。必要なスペースが少ないため料金は安めです。

●集合型樹木葬
合祀型と同じく複数の方の遺骨と一緒に埋葬しますが、埋葬する場所を区画に分けます。遺骨がほかの方と一緒にならないため、お墓参りの際に故人と向き合いやすくなります。相場は合祀型よりも高めの15~60万円です。

●個別型樹木葬
樹木を故人につき1本ずつ用意し、それぞれに埋葬するスタイルです。個人や夫婦、家族といった世帯単位で区画が用意されています。相場は20~80万円と、合祀型や集合型樹木葬に比べて高めですが、墓石タイプのお墓と同じようにお墓参りできるというメリットがあります。

永代供養墓普及会の樹木葬はいくら?

永代供養墓普及会で樹木葬をする場合、費用はおひとり様につき18万9千円です。プランには以下のものが含まれます。
●寺院案内
100年以上の歴史を持つ地域に根差した優良寺院の案内が受けられます。

●永代使用料
樹木葬を利用する費用です。

●永代管理料
草木とお墓の維持、管理にかかる費用です。

●納骨料
遺骨を樹木墓に埋葬するための料金です。

●永代供養料
納骨後は、寺院が永代にわたり年1回以上の合同供養を行います。

樹木葬のメリットとデメリット。向いている人とは?

樹木葬にはどんな利点があるのでしょうか? 樹木葬のメリットとデメリットをご紹介します。

樹木葬のメリット

●費用を抑えられる
樹木葬では新しく墓石を購入する必要がないため、費用を安くおさえられます。また、埋葬後に遺族がメンテナンスをする必要もなく、維持費がかかりません。遺族の負担を軽減したい方におすすめの方法です。

●お墓の跡継ぎの心配がない
一般的にお墓は子孫に継承していきますが、継ぐ方がいなくなってしまうこともあり得ます。樹木葬であれば、永代供養と同じように霊園や墓地で管理を行ってくれるため、後継ぎがいなくても無縁仏になる心配はありません。

●宗教や宗派を問わない
樹木葬は宗教や宗派を問いません。そのため、家族の中に宗教や宗派が異なる方がいても、問題なくご一緒に埋葬することが可能です。宗教の違いでお墓をどうするか迷っている方は、樹木葬を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

●環境に優しい
樹木葬は墓石ではなく樹木をシンボルとして扱う環境に優しい埋葬方法です。環境意識の高い方や、亡くなったら自然に還りたいという方が樹木葬を選ぶケースも増えています。

樹木葬のデメリット

●合祀タイプの場合は改葬できない
樹木葬の合祀タイプを選ぶと、改葬ができません。合祀タイプは安価ですが、改葬の可能性がある場合は避けたほうが無難です。また、個別に埋葬する場合でも、遺骨をパウダー状にしてしまうと、遺骨は形を失ってしまいます。親族でよく話し合い、納得した上で樹木葬を行うようにしましょう。

●永代供養墓より費用が高め
樹木葬は墓石を建てるのに比べると費用を抑えられますが、永代供養墓と比べると高くなります。永代供養の合祀墓の相場は、5~30万円です。より費用を安く抑えたい場合は、永代供養墓を検討してみましょう。

●親族に反対されるケースも
最近人気が高まっているとはいえ、樹木葬はまだ珍しい埋葬スタイルです。親族の中には納得できない方もいるかもしれません。親族で樹木葬のメリットとデメリットをよく確認したうえで選択しましょう。

樹木葬が向いている人

樹木葬に適しているのは、できるだけ費用を抑えたい方や、お墓の跡継ぎを心配したくない方です。樹木葬であれば、墓石を建てるよりも安い価格で埋葬を行えます。また、霊園や墓地が管理を行うため、後継ぎがいなくなっても埋葬地の維持が可能です。遺族の負担が少ない埋葬方法になります。
一方、親族に従来どおりのお墓を建てたいと考えている方がいらっしゃる場合には向いていません。樹木葬は新しい埋葬スタイルであるため、中には抵抗を感じる方もいらっしゃいます。樹木葬を選ぶ場合は、親族に納得してもらったうえで行いましょう。

まとめ

樹木葬は、お墓を持つよりも安く故人を供養できる方法です。一般的な墓石を建てると200万円ほどかかりますが、樹木葬であれば50万円ほどで埋葬できます。また、環境に優しく、宗教を問わないというメリットもあります。埋葬費用を抑えて遺族への負担を減らしたい方は、樹木葬を検討してみてはいかがでしょうか。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ