樹木葬で起こり得るトラブルやデメリットについて

もくじ

樹木葬で起こり得るトラブルやデメリットについて

樹木葬で起こり得るトラブルやデメリットについて
樹木葬は、近年になって注目されはじめた供養方法です。
お墓の継承者が不要で費用が安いことから人気を集めています。

そんな人気の高い樹木葬ですが、返納ができないことや管理方法などのイメージのギャップからデメリットになってしまう点があります。
しかし、これらの問題は、解消することができるのです。

樹木葬とは

樹木葬とは、霊園の敷地や自然の木、草花の下に遺骨を埋葬する供養方法です。
墓石の代わりに、樹木や草花、ガーデン風の芝生をシンボルとします。
自然志向で明るく自由といったイメージから人気を集めています。
まだ歴史の浅い供養スタイルですが、公共や民間を問わず設備が進んでいます。
樹木葬の種類は、大きく分けて3つあります。

1. 都市型・公園型

目印となる樹木の周りに、遺骨を埋葬するタイプです。

2. ガーデニング型

霊園や納骨道内の大規模な花壇や植物に囲まれた場所に遺骨を埋葬するタイプです。

3. 里山型

都市部から離れた山林などに遺骨を埋葬するタイプです。
この中から、自身の希望に合ったスタイルを選ぶことができます。

樹木葬のメリット

樹木葬が注目されているのは、現代人のニーズに合ったメリットがあるからなのです。

・継承人が不要

現代は、昔とはライフスタイルが大幅に変化しています。
生涯独身で過ごす方や、子どもを持たない夫婦も少なくありません。
その場合、代々継承が必要な墓石では、無縁墓になる可能性が高いのです。
しかし、樹木葬はお墓を管理する跡継ぎなど必要ありません。

・費用が抑えられる

樹木葬は、コンパクトでシンプルなスタイルのお墓です。
そのため、一般的なお墓よりも費用が安く抑えることができます。
相場は、一般的に50万円程度で済むようです。

・宗旨・宗派を問わない

宗旨・宗派によっては、埋葬形態が選ばないことがあります。
しかし、樹木葬では、宗旨・宗派は関係なく、選択しやすいメリットがあります。

樹木葬のデメリットと解消方法

樹木葬は、現代のライフスタイルに合った新しい供養スタイルです。
しかし、いくつかデメリットもあります。

・デメリット1 返骨ができない

樹木葬とは、遺骨を「自然の中に還す」ことを目的とした供養スタイルです。
遺骨を骨壺に入れずに複数のご遺骨と一緒に埋葬する「合祀」や「共同埋葬」という方法が一般的です。

そのため、後に通常の墓石に埋葬をしたいと考えても、返骨ができないのです。
このことを知らず、後にトラブルになるケースがあります。

ただし、樹木葬の中には、骨壺に入れて納骨するタイプもあります。
この埋葬方法を選択すれば、このようなデメリットはなくなるでしょう。
樹木葬を決めた場合は、親族とどのように納骨するのかをきちんと話し合いましょう。

・デメリット2 管理が行き届かない

樹木葬は、樹木や植物を墓標とします。
墓標となる樹木や植物は成長するため、手入れが必要となります。
雑草抜きや落ち葉の片付けなど、この手入れが大変で管理が行き届かなくなるという場合があります。

しかし、霊園や寺院によっては、樹木や植物の手入れを行ってくれるところもあります。
事前に管理方法について確認しておきましょう。

・デメリット3 イメージとのギャップ

霊園が整備され過ぎていて「自然に還る」というが薄れてしまうことにがっかりするケースがあります。
樹木や植物が好みではなかったり、全体のレイアウトがイメージと違っていたりするケースもあるようです。
樹木葬を選択した場合は、事前に霊園、寺院の見学をしておきましょう。

まとめ

樹木葬は、返納ができないことや管理方法などのイメージとのギャップからトラブルに発展してしまう場合があります。

樹木葬のデメリットは、事前に確認しておけば解消することができます。
親族への相談、事前確認が重要であることを理解しておきましょう。

現代人のライフスタイルに合った樹木葬。検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ

よく選ばれているお寺

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 電話相談 資料ダウンロード 見学会申込み お問い合わせ