永代供養とは?その種類や費用、メリット・デメリット、選び方のコツ

もくじ

親戚や友人など、大切な方が亡くなったことがきっかけで、お墓について考え始めるという方は少なくありません。
そうしていろいろ調べていくうちに、永代供養という言葉をよく耳にするようになります。
多くの方が永代供養とはなにかという疑問をもって、この記事を見ていただいていることでしょう。
永代供養とは、亡くなった方を供養する方法の一種ですが、その他の方法とはどのように違うのでしょうか?
また永代供養を選択するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、永代供養にまつわる様々な疑問について詳しくご紹介していきます。

永代供養とは

通常のお墓が残された家族やその子孫が遺骨の管理や供養をおこなうのに対して、永代供養(えいたいくよう)は、霊園や寺院が代わりにそれらをおこなうことをいいます。
よって永代供養をすると、お墓は霊園や寺院で管理するため、子孫がお墓を継承することはありません。
そのため、身寄りのない方や子供のいない方が永代供養を利用することが多いです。

また、永代供養は墓地用の土地と墓石の準備がいらないため、墓地の費用を可能な限り抑えたいという方にも多く利用されています。
このほか近年、子供に墓守りの手間をかけたくないという方や、お墓にお金をかけるより子供にお金を遺してあげたいという方にも、永代供養を選ぶ方が増えています。

まずは、永代供養とはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

永代供養の金額が安い理由

先述のとおり、永代供養は一般のお墓を購入するよりも費用を安く抑えることができます。
それは一般のお墓と永代供養では埋葬方法が異なるからです。

一般のお墓が亡くなった方(あるいはその家族)専用の墓地と墓石を用意するのに対して、永代供養は遺骨をある一定期間保管をしたあと他の家の方との共有墓地にまとめて埋葬します。

そのため永代供養は専用の土地を用意する必要がなく、新しく墓石を建ててもらう必要もないため、費用を比較的安価に抑えることができるというわけです。

永代の意味

先に永代供養は、残された家族やその子孫に代わって、霊園や寺院が遺骨の管理と供養をおこなうものであるとご説明しました。

永代は、もともと「長い年月」を意味する言葉です。
しかし、永代供養はその言葉から、永遠に遺骨の管理と供養をおこなってもらえると誤解されてしまうことがありますが、残念ながら永遠という意味ではありません。
永代供養の多くは期間が決められています。

ただし、安置期間に明確な決まりはなく、霊園や寺院ごとに17回忌、33回忌、50回忌など、ご希望やプランによってさまざまです。
また、中には個別に相談して期限を設けることもあるので、永代供養を申し込む際は事前に確認するといいでしょう。

ところで期限が過ぎた遺骨はどうなるのでしょうか?
永代供養の期限を過ぎると、遺骨は他の方の遺骨と一緒の共有墓地に入り供養がおこなわれます。

また、中には期限が過ぎた遺骨を土に埋葬したり、遺骨の一部を骨壺に納めて残したりするなど、霊園や寺院ごとに様々な方法があります。

いずれにしても、永代供養では一定期間を過ぎると、遺骨は専用スペースから共有スペースに移動(合祀)されます。

永代供養の位牌

位牌とは亡くなった方の戒名を記した木製の札のことです。
お墓が故人の肉体を宿しているのに対して、位牌は故人の魂を宿していると考えられています。

永代供養した場合、家にある位牌はどのように扱えばよいか気になるところだと思います。

永代供養の場合、位牌は必ずしも必要ではありませんが、位牌の取り扱いは、宗教によって考え方が異なることもあり、永代供養を依頼する霊園や寺院に相談してみましょう。

霊園や寺院によっては、位牌の一時預かり供養や位牌の永代供養をしてくれるところもあります。

永代使用との違い

永代供養と似た言葉に永代使用というものがありますが、言葉は似ていても意味はまったく異なります。

永代使用とはお墓の土地を使用する権利のことで、墓石を立てる際はその土地の使用料として永代使用料を支払います。
なお、通常のお墓の場合、一度永代使用料を払えば、あとは子々孫々までそのお墓を継承することができます。

永代供養のお墓の名称

永代供養のお墓の名称霊園や寺院がお墓の管理と供養を代行してくれる永代供養がついたお墓のことを永代供養墓といいます。
永代供養では、一般のお墓と違って他家の遺骨も一緒に安置されます。そのため永代供養墓は、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう・がっそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などと呼ばれることもあります。

また、それぞれの霊園や寺院によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓などの名前がつけられていることもあります。

永代供養墓と一般のお墓との違い

永代供養墓と一般のお墓(先祖代々の墓)との大きな違いは、子孫がお墓参りしなくても霊園や寺院が代行して管理・供養してくれることです。

また、一般的に永代供養墓は墓石の費用がかからないことも大きな特徴です。そのため、一般のお墓とくらべると費用は格段に安くなっています。

基本的に永代供養墓は、契約時の料金を支払えばその後費用はかかりません。宗旨宗派を問わず供養もしてもらえます。生前申し込みもできます。

ただし、生前申し込みの場合は年会費を徴収されるところもあったり、寺院の宗派の檀家となる(帰依する)ことを条件とされる場合もあります。

永代供養の供養方法

永代供養墓に納骨すると、霊園や寺院で彼岸とお盆に合同供養をおこなってくれます。
また、年に1回あるいは毎月供養してくれる寺院や、祥月命日も供養してくれる寺院などもありますので、契約時に確認するのが良いでしょう。

宗派や地域ごとの永代供養

基本的に宗教による制約のない永代供養ではありますが、宗派や宗教の派閥、地域によってその様式が異なることがあります。
次はその内容について確認していきましょう。

浄土宗・浄土真宗の永代供養

浄土宗・浄土真宗はともに阿弥陀如来の本願によって、亡くなったあとは成仏して極楽浄土にいくことを考えを基本としています。
そのため、これらの宗教には、本来的な意味での死者の成仏を願う追善供養というものが存在しません。

しかしながら浄土宗では、成仏したあとにも現世に戻ってくることがあると考えられているため、故人とのつながりをおもんばかって、その他の宗派と同じく忌日には追善回向法要がおこなわれます。

また、浄土真宗でも、永代経法要というものがおこなわれます。
永代経とは、浄土真宗で唱えられているお経のことです。
法要の際に故人の前でこれを唱えることで、亡くなった人に対して浄土真宗の考えを子孫が受け継いでいることを伝える目的があります。

このように供養に対する考え方が異なる浄土宗・浄土真宗ですが、永代供養墓を利用することは可能です。
方法としては永代供養墓を取り扱っている浄土宗・浄土真宗のお寺に依頼するか、あるいは永代供養ができる宗教不問のお寺か民間の霊園を選択するという手段もあります。

他宗派の寺に依頼するのは抵抗がある場合には、民間の霊園を選択するのが良いでしょう。
これは曹洞宗など他の宗派で永代供養をおこなう場合についても同様です。

沖縄の永代供養

馴染みのない方も多いかもしれませんが、沖縄のお墓は他県でイメージするようなお寺にあるお墓ではなく、個人ごとの墓地に小さな家のような様式になっています。供養も、沖縄ではお墓の前で食事やお酒をふるまったりします。

もともと沖縄はこのようにお墓に対してまったく異なる考え方があるため、永代供養自体まだあまり知られておらず、利用するためには取り扱いのある霊園を探す必要があります。

しかしながら沖縄のお墓は、一般的なお墓よりも管理の手間が大きく、また最近ではお墓の継承者がいないという問題もあるため、徐々にではなりますが永代供養が浸透しつつあるというのが現状です。

永代供養のお墓の種類

永代供養のお墓の種類続いては永代供養のお墓の種類について見ていきましょう。
永代供養とはいってもその種類はさまざまで、遺骨を安置する場所やその方法別にいくつかに分けることができます。
混乱を避けるために補足しますが、永代供養とは供養の形式を指す言葉で、お墓の種類を指す場合には永代供養墓といいます。

永代供養墓の安置場所別の種類

永代供養墓の種類は、まず屋外に安置するのか、屋内に安置するかどうかで大きく区別することができます。
もちろん様々な考え方がありますが、今回は便宜上そのような形で区分いたします。

・屋外型

永代供養墓の屋外型のスタイルには、合祀型、納骨壇型、納骨塔型などがあります。
合祀型は前方後円型や墳丘の形が多く、墳丘部分に遺骨を埋葬します。
納骨壇型は、棚に遺骨を安置します。
納骨塔型は、塔の地下に遺骨を安置するように作られています。
また、最近では樹木を墓標としてその周辺に遺骨を埋葬する樹木葬も注目を集めています。

・屋内型

永代供養墓の屋内型には、霊廟型やロッカー型があります。
霊廟型には故人の仏壇があり、その下に遺骨が納められています。
見た目は普通のお墓とは違いますが、先祖代々の遺骨を納めるこができるので、一般的な墓地とほぼ同じ機能を持っています。
ロッカー型は、ロッカーのような形をした壇が多数置かれています。
その中に個別に故人の壇があり、遺骨も個別に納められています。
このほか、タッチパネルで操作して個別のお墓を出す機械式のお墓や、位牌だけを置いた位牌型もあります。
これらは納骨堂と呼ばれる永代供養墓の形態です。

永代供養墓の安置方法別の種類

さらに細かく分けていく方法として、安置方法別に見ていく方法があります。
遺骨が他の方と一緒になるとは聞いてなかったというトラブルは多いので、よく確認しておくと良いでしょう。

・個別安置型

永代供養墓でありながら、普通の墓と同じように、墓石を建てて供養するものです。遺骨はカロートとよばれる専用の納骨スペーススペースに安置されます。
また、場所に限りがあるので、一定期間(17回忌、33回忌など)が過ぎると合祀されるのが通常です。期間については注意しましょう。

・集合安置型

骨壷を他の故人と同じスペースに集合的に安置するタイプです。
通常の永代供養墓と違って、遺骨が個別に納められているので、改葬や分骨にも対応できます。期限付き(17回忌、33回忌など一定期間が過ぎると合祀)の場合もあります。

・合祀型

供養塔の専用スペースに、ご遺骨を骨壷から出して多くの故人の遺骨を納めるものです。
一度合祀すると、他の人の遺骨と混ざってしまうため、遺骨を復元することはできません。

・墓石安置型

普通のお墓に永代供養をプラスしたものです。
つまり墓守りがいなくなったときは、寺院で遺骨の管理・供養を代行してくれます。
個人向け、夫婦向け、家族向けなどの種類があります。

納骨堂と永代供養墓の違い

またよく混同されることとして、永代供養墓と納骨堂があります。
まず前提として永代供養は供養の形式で、納骨堂はお墓の種類のため、明確に異なります。
それを踏まえた上で、永代供養墓と納骨堂の違いを説明していきます。

・納骨堂

屋内にあるのが普通です。
遺骨は個別に安置され、永代供養の納骨堂であっても年間の維持費を徴収されることがあります。
代々お墓を受け継ぐタイプと一定期間後に合祀されるタイプがあります。

・永代供養墓

屋外にあるのが普通です。
ひとつのお墓にまとめて納骨されますが、一定期間だけ個別に納骨できるタイプもあります。基本的に年間費等はかかりません。
先祖代々のお墓として受け継ぐことはできません。
また永代供養をおこなう墓全般を指して永代供養墓と呼ぶこともあり、その場合は納骨堂も永代供養墓に含まれます。

霊園と寺院の違い

・霊園

霊園とは、お寺の敷地以外の場所に、独立して存在する墓地です。
永代供養でいう霊園とは、永代供養墓のある霊園を指します。
通常は宗旨宗派不問で遺骨を受け付けてくれます。

・寺院

寺院の永代供養は、寺院の敷地内にある永代供養墓によっておこないます。
基本的に宗旨宗派を問いませんが、寺院によっては檀家となることが条件となっている場合もありますので、事前のチェックが必要です。

永代供養の費用

永代供養の費用次は気になる費用についてです。
一般的に、永代供養では契約時に使用料を支払えば、あとの費用は一切かかりません。
後々の金銭的負担がないことが、永代供養を利用する大きなメリットでもあります。
しかし、永代供養墓の種類によっては使用料が大きく変わるため注意が必要です。
それではそれぞれ確認していきましょう。

単独墓

通常のお墓と同様に個別の墓石を建てるタイプです。
永代供養の種類の中の個別安置型、墓石安置型がこれにあたります。
納骨スペースは個別になっていて、それを集合させてひとつのお墓にまとめたタイプです。
費用の相場は、永代供養料40万円+墓石料が基本です。
個別のお墓に本骨(のど仏)を納骨し、他の骨は共同の納骨堂に納めます。
永代供養期間を過ぎると墓石を撤去し、本骨も共同の納骨室に移動するのが一般的です。

集合墓

費用の相場は、永代供養料20万円+墓誌刻字料3万円が基本です。
永代供養の種類の中の集合安置型がこのタイプです。
墓石はひとつですが、その下にある納骨スペースは個別になっています。
永代供養期間を過ぎると共同納骨室に移動するのが一般的です。

合祀墓

遺骨を分けないで、他の人の遺骨と一緒に納骨するタイプです。
費用の相場は、永代供養料10万円+墓誌刻字料3万円が基本です。
永代供養の種類の中の、合祀型がこれに当たります。
他の永代供養墓と違って、最初から合祀専用の納骨室に納めます。
永代供養の中でも最も安価なタイプです。
上記の金額はあくまでも平均的な相場で、永代供養墓周辺の地価や立地などにより変動します。
このほか、価格を左右する要因としては以下のものが挙げられます。
1. お墓の作り(墓石の仕様、納骨堂などの大きさや造作による違い)
2. 個別埋葬される期間(17回忌まで・33回忌までなどによる違い)
3. 個別埋葬時の占有スペースの広さ
4. 墓石の大きさやデザイン
これらを総合して、永代供養墓の価格と相場が決定します。
中でも価格に影響する要因は永代供養墓周辺の地価と立地です。
また、交通の便が良いかどうかによっても、価格は変わります。
したがって、同じ大きさや造作の永代供養墓であっても、地価や立地その他の要因によって費用の総額はかなり異なってきます。

永代供養のメリットとデメリット

ここまででかなり永代供養についてはご理解いただけたと思います。
ただどんなものごとにも共通していえることですが、永代供養にもメリットとデメリットが存在します。
契約前にそれら両面を理解しておくことはとても重要です。
それぞれ確認していきましょう。

永代供養のメリット

まず永代供養の良い面から、いままでお伝えした内容を踏まえて整理していきましょう。

・霊園や寺院に遺骨の管理と供養をすべてまかせられる

永代供養を申し込むと、遺骨の管理と供養はすべて霊園や寺院にまかせることができます。
したがって、普通のお墓のように手間のかかる管理も維持も必要なくなります。
永代供養に申し込んだあとは、お墓参りしたいときだけ訪れれば良いので、面倒を省くことができます。

・お墓を建てるより費用が安い

永代供養は原則合祀墓ですから、個別に墓石代がかかることはありません。
また、墓地の使用料も安くなるので、一般のお墓より費用がかからずにすみます。

・宗旨、宗派を問わない

ほとんどの永代供養墓では宗旨・宗派を問わず利用することができます。
ただし、中には運営する寺院の檀家になることが条件となっている永代供養墓もあるので、事前に確認するようにしましょう。

・交通の便が良い

一般の墓地は市街地を離れ、交通の便が悪いところにあることが多いものです。
しかし、永代供養墓は交通の便の良い場所にあることも多いので、お墓参りに訪れるのにも便利です。
特に足腰の弱い年配者にとっては、遠くて不便なお墓よりも、駅に近い永代供養墓の方が喜ばれることも多いようです。

・生前に購入できる

永代供養墓は生前に購入することができるため、ご自身の没後のことをご自身の希望で決めることができます。

・管理費等がいらない

永代供養墓の契約時に料金を支払えば、その後は基本的に追加費用がかかりません。
※契約者が存命中は年間数千円単位の費用が発生する場合もあります。

・墓守りがいなくなっても大丈夫

万が一、お墓を守ってくれる人がいなくなっても、永代供養をしてもらえるので無縁仏となる心配がありません。

永代供養のデメリット

次はご契約後に知らなかったとなってしまわないように、永代供養のネガティブな面についても確認しておきましょう。

・合祀にすると遺骨を取り出すことができない

永代供養墓に納骨されると、他の遺骨と共同で使う合祀墓に納められるため、遺骨を合祀墓から取り出すことができなくなります。
そのため、親族に相談なく永代供養墓を購入すると、あとでトラブルになることがあります。

・好きな場所に納骨できない

永代供養墓では区画が限定されているため、好きな場所に納骨することはほぼ不可能です。

・永代供養墓は増設できない

追加で遺骨を納骨したい場合は、新たに永代供養墓を契約する必要があります。

永代供養はこんな方におすすめ

ここまで確認したメリット・デメリットの両面を含めて、永代供養がおすすめの方をお伝えさせていただきます。

・お墓に費用をかけたくない方

永代供養墓なら、通常のお墓より安価で求められます。

・自分の入るお墓は自分で決めたい方

永代供養墓は生前にも契約できるので、自分の入るお墓を自分で決めることができます。

・自分の子供、子孫にお墓のことで負担をかけたくない方

最近は、子孫代々の墓守りをしたくないという人が増えているようです。
そのため、お墓のことで子供に負担をかけたくないと考える親御さんも多くなっています。
そのような方には、永代供養墓が最適です。

・遠方へのお墓参りが負担なので、近くの寺院に変えたい方

このような場合は、改葬により永代供養墓に遺骨を移すことで、近くの寺院に変えることができます。

・檀家になりたくない方

永代供養墓なら、ほとんどの場合、檀家になることなく墓を持つことができます。

・お墓参りをしてくれる人がいない方

お墓参りをする人がいなくなると無縁墓になってしまいますが、永代供養なら寺院で供養してくれるのでその心配がありません。

・身寄りはいても墓まで頼りたくない方

この場合も、上記の「お墓参りをしてくれる人がいない」場合と同じです。
永代供養なら何も心配いりません。

・身内の遺骨を抱えて困っている方

永代供養では自分でお墓を建てずに納骨できるため、このような方も心配いりません。

・宗派や宗教にこだわりたくない方

永代供養なら、宗派や宗教にこだわりなく納骨できます。

・自分ひとりだけのお墓を求めている方

近年、夫と同じお墓に入りたくないと考えている女性が増えています。
このような場合でも、永代供養墓なら問題なく自分ひとりだけのお墓に入ることができます。

・お墓参りが苦痛になっている方

普通の墓地は、市街地から遠く離れた郊外や駅から遠い場所にあることが少なくありません。
これではお墓参りに行くだけでも大変です。
その点、永代供養墓なら市街地や駅の近くにあることも多いので、お墓参りも楽にできます。

永代供養墓の失敗しない選び方は?

永代供養墓の失敗しない選び方は?いざ永代供養墓を選ぶ際には、どのような点に注意したら良いのでしょうか。
絶対失敗したくないお墓選びですから、重要なチェックポイントは抑えておきましょう。
ここに掲載している内容はどれも重要ですので、無用なトラブル回避のためにも、事前のチェックと家族の同意を得ることをお忘れのないようお願いします。

場所

永代供養墓を選ぶ際に重要となるのは、まず自宅からの距離です。
あまりにも遠くてお墓参りもめったに行けないような場所では、永代供養墓を持つ意味がなくなります。
先祖供養を考えると、いつでも行きたいときにお墓参りに行けることが大切です。

また、永代供養墓までの交通機関も重要となります。
それほど遠くなくても、何度もバスを乗り継がなければならないような場所にお墓があるのでは、やはり行くのに時間や費用など手間がかかってしまいます。
他にも、車でお墓参りに行く場合には、季節や祭日などに交通渋滞するような場所にある永代供養墓は、できれば避けた方が無難でしょう。
特にお彼岸やお盆に渋滞するような場所では、お墓参りも思うようにできなくなってしまいます。

このほか、意外と見落としがちなのは、徒歩で行った場合の周辺状況です。
交通機関や車を降りてからどのくらい歩くのか、階段や坂道があるのか、あればその勾配、またお墓までの道路の舗装の有無なども、お墓参りをする人にとっては気になるところです。
特に年配者がお墓参りに参加する場合は、さらにこういった点が気になります。

また、永代供養墓を持つと、ずっとそこにお墓参りに通うことになりますので、周辺の雰囲気や近隣に適当な商店があるかどうかなども、永代供養墓選びにかかせない要件となってきます。
途中で休憩や食事をする店や花屋などがある方が、永代供養墓を求める立地として適しているのはいうまでもありません。

費用・維持費

永代供養墓を求める際に申し込み費用を支払いますが、その中に含まれるものをしっかり確認しておきましょう。
通常、永代供養墓の費用の中には、すべて必要なものが含まれることになっています。

しかし、場合によっては管理費やお布施などが別に必要となるケースもありますので、契約前によく確認するようにしましょう。
また、永代供養墓を申し込むには、申し込み者の単位も重要となってきます。

ここでいう単位とは、永代供養墓を利用できる人数はひとりなのか、夫婦単位なのか、家族単位なのかということです。
価格だけを見て、安いからと永代供養墓を決めてしまうと、ひとりしか利用できないということもありますから、注意が必要です。
仮にひとり用を求めてしまった場合、新たに家族の納骨が必要になると、別に永代供養墓を購入しなければならず、後の管理によけいな手間がかかることになります。

施設の状況

永代供養墓を求める場合には、お墓の造りも重要となります。
前述の通り、ひと口に永代供養墓といっても、納骨堂のような本格的な形式もあれば、樹木葬などですます場合もあります。
永代供養墓は家族みんなで故人を偲ぶ大切な場所ですから、家族全員と親族はもちろん、できれば親しい友人知人まで納得してくれる形式のものを選ぶようにしたいものです。

また、永代供養墓には合葬式、個別式、集合式などの種類がありますので、どの形式にするかは、家族全員の同意のもとで決めた方が無難です。
そうしないと、後々トラブルの元となる可能性があります。

他に、施設の付帯設備状況も重要となります。
ここでいう付帯設備とは、本堂や法要室、休憩所などの設備のことです。
お葬式やお墓参りに訪れた際に、こういった設備がどれくらい充実しているかは意外と重要になります。
高齢者のお墓参りのことを考慮して、これらの設備がすべてバリアフリーであれば、さらに理想的です。

納骨スペースも重要

基本的に、お墓は子々孫々まで守り伝えるものです。
長い年月の間には、どうしても新しい遺骨を納める必要も出てきます。
そのことを考えると、納骨スペースはできるだけ広く確保したいものです

また、納骨スペースは広さだけでなく、その形態や使いやすさ、納骨の方法なども確認しておく必要があります。

さらに、納骨された人の名前を記録する墓誌には、個別墓誌と集合墓誌がありますので、これも事前に確認しておくようにしてください。
集合墓誌には他家の方の故人名も書かれているため、個別墓誌を希望する方が増えています。

納骨期間や法要の回数

永代供養の納骨期間はさまざまです。
はじめから合祀の場合もありますし、一定期間まで個別(3回忌・13回忌・33回忌など)から、希望年数まで個別などの種類があります。
納骨期間についても、事前に家族とよく話し合っておくと良いでしょう。

また、永代供養墓を選ぶには、法要の回数も重要となります。
法要の種類は、春秋のお彼岸とお盆の年3回、祥月命日に1回、毎日などさまざまなパターンがあります。

ちなみに、永代供養墓を運営する寺院によっては宗教や宗派不問で受け付けてくれるところもあります。
しかし、中にはその寺院の宗派に帰依することを求められる場合もあります。
寺院に帰依するとは、その寺院の檀家になるということです。
つまり、家系代々の宗派を変えることになるため、この点も家族でよく話し合っておかないと、あとでトラブルになることがありますから注意しましょう。

改葬・墓じまいと永代供養の関係

永代供養墓を申し込む際に他でお墓を持っている場合、いよいよこれまでの先祖代々のお墓を整理する必要があります。
これに伴い、必要となってくるのが、改葬と墓じまいです。
では改葬・墓じまいとはどのようなもので、どのようにおこなうのでしょうか。
最後になりますので、しっかりと確認しましょう。

改葬とは

改葬とは改葬とは、遺骨をお墓から別のお墓へ移すことをいいます。
後述する墓じまいをおこなう際に、改葬も同時におこなうことになります。
墓じまいしたあとの遺骨は、他の墓や永代供養墓などに移ることになりますが、この際に改葬許可証や開眼供養などの儀式が必要となります。

墓じまいとは

改葬はお墓の引っ越しが目的ですが、墓じまいは残った墓(前に使っていた墓)を撤去・解体することを指します。
墓をなくしてしまうので、当然ながらその後の維持管理費は不要となります。

しかし、墓じまいのためには、抜魂式や撤去作業など複雑な手順が必要となります。
市町村役場への届出などもあり、墓じまいのはじめから完了までの期間は、1~3年ほど見ておいた方が良いでしょう。

また、墓じまいするお墓が寺院にある場合は、離壇料といって檀家をやめるために支払う費用も必要です。
なお、墓じまいしたあとは別のお墓に改葬するのが一般的ですが、最近はこれを機に遺骨を散骨する人も増えているようです。

墓じまいや改葬が増えている背景

墓じまいや改葬が必要となる背景には、さまざまな事情があります。
単に遺骨を別のお墓に移すだけにしても、先祖から受け継いできたお墓をなくすのですから、断腸の思いで墓じまいをする人も少なくありません。
子供が実家を遠く離れて暮らしている場合、両親が亡くなるとお墓を守る人がいなくなるために、無縁墓になるおそれがあります。
これをなくすために、やむなく墓じまいや改葬をする人も増えています。

また、最近では「子供や孫にお墓の維持管理でよけいな負担を負わせたくない」という親心から、墓じまいや改葬を決意する人もいるようです。

墓じまいや改葬の手順や手続き

墓じまいは勝手にできるわけではありません。
お墓の管理は「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められています。
これに反すると罰則の対象となることもあるため、必ず決められた手順通りにおこなう必要があります。
先祖の墓を墓じまいをして、永代供養に変更するには、おおむね以下の手順でおこなわれます。
1. お墓がある市町村役場に行き、「改葬許可申請書」をもらう
2. 申請書に必要事項を記入の上、お墓がある寺院や霊園等から署名、押印してもらう
3. 新たに納骨する永代供養墓の寺院や霊園等から「使用許可書」を発行してもらう
4. 「使用許可書」を持って、今までのお墓がある市町村役場へ行き、「改葬許可証」を発行してもらう
これまでのお墓の前で読経してもらい「閉魂供養(消魂供養)」を執り行い遺骨を取り出す
5. 新しい寺院や霊園等へ「遺骨」と「改葬許可証」を持参し、永代供養墓へ納骨あるいは合祀する
※遺骨の取り出しとお墓の整理は、事前に石材店に依頼しておいてください
※無宗教の方や仏教徒以外の方は閉魂供養をおこなわないこともあります

まとめ

今回の記事では、永代供養についてかなり細かく見てきました。
永代供養に限りませんが、お墓を取り巻くさまざまな問題は、古くて新しい問題ということができるでしょう。
子供たちが実家を遠く離れて暮らしている場合、両親が亡くなるとお墓を管理する人がいなくなり、無縁墓となってしまいます。
また、近年では人々の考え方が多様化し、お墓はいらないという考えの人も増えています。
このような時代背景を受けて、永代供養という概念が誕生しました。
現代の人々のニーズに合った永代供養墓は、今後ますます増えることが予想されます。
永代供養墓普及会では、首都圏50ヶ所以上の優良寺院と提携している永代供養のパイオニアです。
「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介することで、あなたに一番合った寺院選びをサポートいたします。
もし永代供養にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひWEBサイトをご覧ください。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net/

最後までお読みいただきありがとうございます。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ