改葬とは?メリットや手順・相場について全解説

もくじ

近年増えている「改葬」について、改葬とは何か、どのような手順で行うのか、費用はいくらかかるのかなどの紹介を行います。

改葬とはなにか

改葬とはなにか改葬とは簡単に言えばお墓のお引越しのことです。今あるお墓に納められている遺骨を取り出して、納骨堂や他の墓地などに遺骨を移動させることを意味します。
改葬に伴い、現在お墓のある場所は、墓じまいをして墓地の区画を管理者に返還することになります。
なお、改葬とは「墓地、埋葬等の関する法律」に基づく行為になりますから、改葬の際には市町村長から許可をもらわなくてはならず、違反すると罰則があります。

近年になって改葬が行われる件数は増加傾向があるようです。統計庁が出している「衛生行政報告例」によると、ここ数年では毎年8万件以上実施されており、年々増加傾向にあるのが分かります。
また、改葬の際に永代供養墓にする方が増えています。
永代供養墓にすることで遠方まで出向く際の負担の軽減など、お子様やご家族のことを思って永代供養墓に改葬を行う人が多くなっているためです。
改葬が増加している背景は、様々な理由があります。改葬はライフスタイルの変化によるメリットが多いことが挙げられます。

改葬と墓じまいとの違い

改葬はお墓のお引っ越しを指す言葉なのに対して、墓じまいは今まで使用していたお墓を処分することを指します。
墓じまいの詳細はこちらの記事をぜひご覧ください。

改葬をするメリット

それでは具体的に改葬をするメリットについて解説します。

メリット1 利便性

メリット1 利便性近年では核家族化が進み都市部への人口集中などもあり、地方にある先祖のお墓を管理したり、お参りをしたりするのが難しいという方もたくさんいます。
改葬することで先祖のお墓を利便性の良い場所に移せるというメリットがあります。

メリット2 永代供養に改葬することで継承者不要

少子化が進む現代では、お墓の継承者がいないという状況があり、継承者がいなくなると無縁墓になってしまいます。
改葬して、永代供養など継承者不要の供養に切り替えれば、継承者がいなくても問題ありません。

メリット3 金額負担の軽減

お墓の管理には、霊園の使用料や管理費など、年間を通して見ると多くの費用がかかります。改葬をして、お金のかからない供養の方法を選択すれば、金銭的な負担が軽減できます。
永代供養は共同墓地になるので個別に墓石代はかかりません。

改葬手続きの具体的な手順

では、改葬をしていく上での手続きや手順を確認していきましょう。

1. 親族や寺院と相談する

1. 親族や寺院と相談する改葬を選択した場合、親族や今までの供養を行ってくれていた寺院と相談をしましょう。改葬はメリットが多いのですが、親族と揉める場合もあります。
特に先祖代々受け継いできたお墓の場合、心情的な面から親族から反対の声につながることがあります。

また、お墓が寺院の土地にある寺院墓のケースでは、改葬を行うことが檀家契約解消にも繋がりトラブルになる可能性があります。
まずは、改葬を考えていることを親族や寺院に伝えて、きちんと了承を得る必要があります。

2. 改葬先を決定し「受入証明書」を発行してもらう

最初に「移葬先」を決定することが必要です。
なぜなら、「墓地法」により「移葬先を明らかでない場合は、改葬の許可が下りない」と定められているからです。
また、自宅近辺などに良さそうな霊園や寺院があったとしても、中には改葬を受け入れていない場所もあるので、注意が必要です。
改葬先が決定したのであれば、改葬先に「受入証明書」を発行してもらいます。

3. 自治体で「改葬許可申請書」の用紙をもらう

今現在のお墓がある市区町村の役所で「改葬許可申請書」の用紙をもらいます。
場合によっては手数料がかかることもあるようです。

4. 現在のお墓の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらう

改葬先が決まれば、今のお墓の管理者に正式に改葬の申し出を行います。
この際に、これまで先祖代々の遺骨を預かってもらった寺院や住職にきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。
そして、改葬を正式に承諾してもらったら管理者の署名捺印が入った「埋葬証明書」を発行してもらいます。

5.「改葬許可証」を発行してもらう

「改葬許可申請書」「受入証明書」「埋葬証明書」の3点が揃えば、これらを現在墓地がある市区町村の役所に3点まとめて提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。
この「改葬許可証」は遺骨を移動させた後に、移葬先の納骨堂や霊園の管理者に提出することになるので、大切に保存しておく必要があります。

6. 遺骨を取り出し、魂抜きをする

「改葬許可証」が発行されれば、遺骨の移動をさせていくことになります。
お墓を移動、撤去する際には、お墓の供養をしてくれている住職や僧侶を招いて、魂抜きという魂の供養を行います。
そして、墓石から魂を抜いて、墓石の処分を行っていくことになります。

7. 納骨をし、開眼供養をする

最後に、改葬先の規則や宗派のやり方に則り、新たなお墓に納骨をします。
もしも、新しいお墓が出来ておらず、すぐに納骨できないのであれば、その場合は、新しいお墓が出来るまで自宅の仏間などに安置することになります。

また、新たなお墓に納骨をする際には、遺骨を取り出した場合とは逆に「開眼供養」という魂を入れる儀式をしてもらうことになります。
この開眼供養をもって「改葬」は無事に完了となります。
よくある質問として、「同じ寺院でお墓から永代供養墓にする」場合でも改葬許可申請が必要です。昨今では供養方法を多様化しており、永代供養を依頼することを検討する方が増えています。寺院を変えるのではなく、同じ寺院で永代供養にする場合ならば、改葬ではないと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、同じ寺院で永代供養にする場合でも改葬許可申請は必要となるので注意しましょう。

改葬費用の内訳と見積もり

改葬費用の内訳と見積もり改葬にかかる費用についてみていきます。改葬は大きく分けて2つあります。
●今までのお墓を処分する費用
●お墓を新しく建てるために必要な費用

今までのお墓を処分する費用

今まで使用していたお墓を処分するのにかかる費用は3つあります。
●遺骨取り出し(約4万円/骨1体)と閉眼供養(約5万円)
●墓石の処分(10万円/1㎡~)
●離檀料(0~約20万円)

墓石の処分(10万円/1㎡~)

墓石業者に墓石を撤去・処分してもらい、お墓のあった土地を整地してもらう必要があります。費用の相場はお墓の規模や重機が入るかによって変動します。大体は1平方メートルにつき10万円前後の金額で行う業者が多いようです。

離檀料(0~約20万円)

お寺の檀家をやめるのに発生する費用が「離檀料」です。厳密には、法的に支払い義務はありませんが、日本のしきたりとしてお礼を込めて支払うケースがあります。これは金額によってトラブルになりやすいため、事前に寺院に確認しましょう。

お墓を新しく建てるために必要な費用

●改葬許可証(約300円/骨1体)
●納骨費用(約4万円/骨1体)
●お墓の運搬費(0〜10万円)
●墓石代(50万円〜)
●開眼法要(約4万円)

改葬許可証(約300円/骨1体)

改葬の許可を得る必要があるため、改葬許可証として遺骨一体につき1枚が必要です。お墓1つにつき1枚ではないので、先祖代々のお墓の場合では手数料が高くなる場合があります。

納骨費用(約4万円/骨1体)

これは新しいお墓に遺骨を納めるための費用で、大体 遺骨一体につき4万円前後必要となります。

開眼法要(3~5万円)

新しいお墓に魂を込める法要である開眼供養料に、3万円~5万円が必要となってきます。

お墓の運搬費(0〜10万円)と墓石代(50万円〜)

今まで使用していたお墓をそのまま使う場合は、運搬費がかかります。新しいお墓を立て直す場合は、墓石代がかかります。こちらは、運搬距離によって値段が異なる場合や、墓石の種類や規模によって値段が変わります。
新しいお墓の墓石購入費用や墓地の整地費用などを加えていくと、合計でだいたい「300万円」くらいが相場になることが多いようです。
ただし、改葬に際して、墓石や墓地を利用せず永代供養に改葬する場合は費用を安くすることができます。
永代供養では、改葬費用が「150万円~200万円」くらいになるのが相場のようです。
永代供養とは、遺骨の管理供養を墓地管理者に委託する形式のお墓で、都市化や少子高齢化が進む近年注目を集めています。
しかし、これらの金額はあくまで目安なので、費用で分からないことがあれば早めに市区町村や寺院や霊園、墓石業者などに確認しましょう。

改葬時によくあるトラブル

改葬時によくあるトラブル改葬時に起こりがちなトラブルについて解説します。

寺院とのトラブル

寺院にあるお墓を改葬するとなると、檀家を辞めることに繋がります。
その際に、寺院に対して先祖代々の遺骨をお預かりしてもらい管理してきていただいた「お礼」として離壇料を包む慣例が一般的にあるようです。
この離壇料を住職に尋ねたとしても大抵の場合は「お気持ちで」と回答されることが多いですから、悩むところです。
相場は地域や寺院の格式、付き合いの長さによって大きく異なってくるようですですが、一般的には法要一回分程度を目安として考えると良いといえます。
大体、3万円~15万円。多くても20万円程度といえるでしょう。
ただし、この離壇料とはあくまで「慣習」であって、支払うべき法的根拠や義務はない場合がほとんどです。
しかし、気持ちの問題として、これまでお世話になった感謝の気持ちとして、離壇料を支払っておいた方が良いでしょう。
ただし、稀に高額な離壇料を請求される場合や、離壇料を支払わないと改葬に必要な書類に捺印をしないと言われることもあります。
もしそのようなトラブルにあった場合には、弁護士や行政書士、あるいは消費者ホットラインなどに相談するという手段もあります。
一人で抱え込まずに、必要に応じて専門家に相談するのが良いでしょう。

親族とのトラブル

改葬にあたっては親族とのトラブルが発生することも少なからずあるようです。
法律上では墓地は「物」なので、墓地をどのように扱うかは使用権者の自由が適応されます。親族の同意を得る必要はありません。
ただ、お墓というものは親族の方々それぞれの心の拠り所であり、それぞれに特別な思いがあるものです。法律上は改葬に親族の同意はいらないからと勝手に改葬をしてしまったり、改葬を終えたあとに事後承諾という形で報告したりすると、トラブルになることも多くあります。
事前にきちんとメリットなどを示して話し合えば、いずれは分かり合えるはずです。
きちんと親族の方々も尊重する立場を貫いて、改葬を行い事前にトラブルを回避しましょう。

石材店とのトラブル

古いお墓を撤去したり新しいお墓を設置したりするのは、石材店の仕事になってきます。
しかし、石材店の中には稀に悪質な業者もあり、トラブルが発生してしまうこともあるようです。
たとえば、作業が荒々しく、お墓の撤去や設置の際に、墓石を破損させてしまったり、さらには近隣のお墓を誤って傷つけてしまったりというトラブルが発生しています。
また、古い墓石はきちんとした処分方法があるにも関わらず、不法に投棄する業者もあるようです。
このような石材店とのトラブルを避けるには、何よりも事前にきちんとした石材店を選ぶことが大切といえます。
寺院には、大抵の場合、付き合いが長い石材店業者があり、お寺によっては石材店が指定されている場合があります。事前に、石材店の情報をきちんと集めておけば充分にトラブルは避けることができるでしょう。

その他

改葬は必ず先述した手順で行ってください。遺骨を誤って自分で処分すると、遺骨遺棄罪という罪に該当する場合があります。実際にニュースとして取り上げられた事例を紹介します。

手元供養

手元供養とは、故人を身近に感じたいという思いから、お墓を持たずお骨を手元に残して供養する方法です。お骨を分骨して供養する「ミニ骨壷」やお骨をペンダントに入れて身につける「遺骨ペンダント」などがあります。
手元供養のメリットは金額が圧倒的に安いことです。墓石を持つことで数百万円がかかるところ、手元供養では最大でも約20万円で抑えることができます。
デメリットとしては、手元供養でも受け継ぐ人が必要となります。そのため、継承者がいない場合は永代供養の方が良いでしょう。

改葬にともなうお布施

改葬にともなうお布施改葬にあたってもお布施は必要となります。 改葬においては、「開眼供養」と「閉眼供養」をすることになります。これらの供養の際に「読経」をしてもらうことになります。
「お布施」とは「読経」をしていただくお礼にあたるものです。なので、読経をしてもらう「開眼供養」と「閉眼供養」において、お布施が必要となってくるのです。
金額としては、それぞれ3万円~5万円のお布施を用意するのが一般的といえます。
しかし、寺院によって異なる場合がありますから、直接寺院に確認するのがおすすめです。
なお、お布施は直に手渡しするのではなく、お盆にのせて渡すようにしましょう。
また、僧侶に墓地まで来ていただいた場合には1万円程度の「御車料」、供養後の会食に僧侶が欠席する場合には1万円程度の「御膳料」をお布施に加えて渡す必要があります。
また、お布施ののし袋についてもマナーがあります。
葬儀や法要ではお布施の封筒に「不祝儀袋」を使います。
「不祝儀袋」とは「香典袋」とも呼ばれる黒白などの水引を結んだ袋のことです。改葬においても、この「不祝儀袋」を用意する方がいらっしゃるようです。
しかし、改葬は葬儀には当たらないので、「不祝儀袋」は使用しません。
開眼供養、閉眼供養のいずれの場合も表書きに「御布施」と書かれた市販の封筒を使います。
市販の袋がない場合は、白無地の封筒や奉書紙などに「お布施」と書いても構いません。
また、新たな場所へお墓を移すことは、ご先祖様を喜ばせるお目出度いことと考えられています。
そのため、「閉眼供養」の場合は、緑や黄白の水引をのし袋に使用するのが一般的です。
さらに、「開眼供養」の場合は白地にあわじ結びなどの紅白の水引を付いた「祝儀袋」を使うこともできます。
「のし袋」「祝儀袋」を使用する場合は、仏事のため熨斗が付いていない金封であることに注意しましょう。
納骨法要と合わせて併修する場合は、紅白の水引ではなく、水引を付けないか黄白にすると良いでしょう。

まとめ

「改葬」を行えば、現在のライフスタイルに合わせたお墓参りのしやすいお墓に引っ越すことが可能です。この「改葬」は日本のライフスタイルの変化により増加傾向にあり、今後さらに増えていくことが予想できます。
改葬をして永代供養といった手法を選べば、お子様への経済的負担が減らせるほかに、お墓の跡継ぎがいなくとも無縁墓になる可能性を取り除くことができます。
改葬を行う際には、離檀料の問題や親族間とのトラブルといった事態が発生してくる可能性もありますが、双方ともきちんと話し合って、相手を尊重する立場を崩さずにいれば問題を未然に防いでいくこともできるものです。
お墓を単純に物として考えずに、残された方々の心の拠り所であることを忘れずにいましょう。また、寺院への敬意も忘れずに払うようにしてください。
さらに、改葬とは、法律に基づく行為ですから、罰則等を受けないように書類の手続きは間違いのないようにきちんと届け出をしましょう。

おすすめコンテンツ

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 電話相談 資料ダウンロード 見学会申込み お問い合わせ