墓じまいとは?墓じまいの費用や手続き・流れについて

もくじ

近年、少子化や核家族化の影響により、これまでのように先祖代々お墓を継承していく形式は減少しており、お墓を整理する「墓じまい」を選択する人が増えてきています。将来的にお墓を守ってくれる方がいないと不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、墓じまいとはどのようなことか、なぜ墓じまいをする方が増えているのか、墓じまいをする際の流れや手順、費用などについて紹介します。

墓じまいとは?

まずは、墓じまいとはどのようなことなのか紹介します。
墓じまいとは、これまでのお墓を撤去・処分することです。
もう少し詳しく解説しますと、現在のお墓の墓石を撤去し更地にし、墓地の管理者に敷地を返すことを指します。
墓じまい後、お墓の中に納骨してあるご遺骨を取り出し、別の墓地に移すか永代供養墓地などに移すことは改葬と呼ばれています。

墓じまいが増えている理由とは?

墓じまいが増えている理由とは?次に、墓じまいが近年増えている理由について紹介していきます。
そもそも、墓じまいの後に「改葬」をするケースが多くを占めています。統計庁のデータによると、ここ数年は毎年8万件以上の改葬が行われており、年々少しずつ増加しております。改葬が増加傾向にあることからも、墓じまいをする人が増えていることは明らかといえます。このように墓じまいが増えている理由として、大きく3点があげられます。

①お墓を継ぐ人がいない

生涯未婚の方、子どもがいない夫婦などが増えています。
そのため、お墓の承継ができなくなり墓じまいをする人が増えています。

②墓参りをすることが困難

昔のように大家族の中で生まれ育ち、生まれた地域のままで一生を終えるという人がかなり少なくなってきています。これは核家族化の進行と都市部への人口集中により日本人の生活環境が大きく変化していることが影響しています。また、長男、長女が結婚した場合、両家のお墓を守っていくことになりますので、地方にお墓があると負担が大きくなり、「墓じまい」して近くに改葬する選択などが取られます。高齢の方がお墓参りに行くことが難しいということも墓じまいが増えている理由といってもよいでしょう。

③経済的な理由

お墓の維持費や管理費などは、年間で計算するとかなりの金額がかかります。昔であれば、祖先を敬うための費用は当たり前のように支払われてきましたが、近年では先進的な考えを持つ方が増えてきて、多額の費用負担をすることが祖先を敬うことになるのかを疑問視する方も増えてきました。
少子高齢化・核家族化が進んだことによってお墓に対しての向き合い方も変わってきています。お墓を継げないという場合もありますが、お墓が遠方にあることにより、子どもたちに負担をかけたくないという気づかいで、墓じまいや改葬を考えている方も増えています。また、新たなサービスとして墓じまいを代行してくれるサービスも出ています。お墓の場所を伝えると、寺や霊園との交渉サポート、墓じまいに必要な書類の手配、解体業者の手配などを利用者に代わって進めてくれるため、利用者は最後に遺骨を引き取るだけですみます。お墓が遠方にある方や高齢の方でお墓参りが難しい方は検討してみてはいかがでしょうか。

墓じまいの流れは?

前章までで、墓じまいとはどのようなことか、なぜ墓じまいをする方が増えてきたかを紹介しました。しかし、実際墓じまいを行う場合にはどのような流れで準備すればよいか分からない方も多いのではないでしょうか?ここでは墓じまいを行う際の流れについて紹介します。

①親族への同意を得る

墓じまいで一番多いといわれているのが親族間でのトラブルです。そのため、墓じまいを検討したときや手続きを行う前には親族への相談、同意を得ることが大切です。特に親族の中で「お墓は代々継承し守っていくもの」という考えを持っている方がいる場合は、その方の説得が何より大切といえます。
親族間でのトラブルを未然に防ぐためにも、墓じまいをする際は事前に親族に同意を得たうえで行うといいでしょう。

②お墓の中身を確認しておく

墓じまいの申請をする際には、お墓の中に遺骨が何体あるのかを書類として届ける必要があります。そのためお墓の中身について、誰の遺骨があるのか、遺骨は何体あるのか、大きさや経過年数などの確認が必要です。
きちんと火葬がされているかも確認をしましょう。これは、土葬など、ご遺骨が焼かれないまま埋葬されている場合、再火葬が必要になるためです。
また、中には骨壺に名前が書かれていない場合もありますので、誰の遺骨なのか明確にしておきましょう。

③遺骨の受け入れ先を決める

次に、墓じまい後に、遺骨をどこに受け入れてもらうかを決める必要があります。
改葬や永代供養、散骨などの中から親族とも話し合って、墓じまい後の受け入れ先を決めます。遺骨の受け入れ先が決定した際には、墓地・霊園などの管理者・事務所からご遺骨の受け入れを承認したと証明するための書類「受入証明書」を受け取りましょう。
改葬・お墓のお引越しの手続きに必要な書類である「改葬許可証」を市区町村役所から発行してもらう際に、他の書類とともに必要な書類となりますので発行された受入証明書は紛失しないようにしましょう。
※霊園などによっては、新規の遺骨の受け入れをしていない場所もありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

④「改葬許可申請書」を取り寄せる

遺骨の受け入れ先が決定し、墓じまいが具体的になってきたところで、現在のお墓がある市区町村役場から「改葬許可申請書」を取り寄せて記入します。

⑤墓地管理者に墓じまいすることを伝え「埋葬証明書」を発行してもらう

改葬許可申請書を記入するのと同時に、墓地管理者に墓じまいを行うことを伝えます。その際に、遺骨が墓地に埋められていることを証明する「埋葬証明書」を発行してもらいましょう。
※いきなり墓地管理者に「墓じまいをしたい」と伝えると、日ごろから檀家の供養を行っているお寺にとって気持ちのよいものではなく思わぬトラブルになりかねません。そのため、「墓じまい」を検討した際には、その理由や事情などを相談しながら、管理を続けることが難しい旨を伝えることが必要です。

⑥改葬許可証を発行してもらう

③~⑤の行程で揃えた「受入証明書」「改葬許可申請書」「埋葬証明書」を現在のお墓がある市区町村役所に提出し「改葬許可証」という墓じまいと改葬を許可する証書が発行してもらいます。
地域によっては、申請者と遺骨の間柄や遺骨の死亡年月日がわかる戸籍謄本が必要になることもあるようですので、事前に役所に確認しておきましょう。

⑦遺骨を取り出す

「改葬許可証」が下りたところで、遺骨をお墓から取り出す作業を行います。
お墓には仏様や神様の力が宿ると考えられていますので、遺骨をお墓から取り出す際にはお墓をただの石にするために「閉眼供養」を行います。
閉眼は仏像の目を閉じるという意味があり、「魂抜き」、「性根抜き」などと呼ばれることもあります。僧侶を招いてお墓の前で読経してもらい、家族や身内の者で焼香をします。また、お墓の掃除や花・供え物も用意が必要です。

⑧お墓のあった場所を更地にする

お墓から遺骨を取り出せたところで、お墓を解体して撤去をしていくことになります。この作業は石材店に依頼することになります。ただし、霊園や墓地によっては、管理の面や重機の問題で依頼できる指定の石材店が決まっていることがありますので、事前に確認しておくといいでしょう。指定の石材店がない場合は、評判や金額などをもとに自分たちで選んでいくことになりますので、複数の石材店から相見積もりを取るとよいでしょう。
また、墓じまいする墓地が「寺院墓地」ですと、墓じまいに伴い檀家契約解消をすることになります。
その際は、檀家契約解除をする「離壇料」を支払うのが一般的です。

墓じまいの方法・手順は?

ここでは実際に墓じまいを行う際、埋葬されている墓地がある市区町村役所への申請手続きに必要な4点の書類について紹介します。

①受入証明書

改葬先(ご遺骨の移転先)のお墓(永代供養墓も含む)がある墓地・霊園の管理者が発行する書類のことです。
受入証明書には、改葬を申請した者の氏名・住所や、ご遺骨の氏名、改葬先の墓地・霊園の名称と管理者の氏名・住所が記載されているのが一般的です。
この書類の様式は役所でもらえる他に、役所のホームページからもダウンロードすることが可能です。また、「墓地使用許可証」でもOKとする市町村も増えています。

②改葬許可申請書

改葬許可申請書とは、お墓を移動させる許可を、お墓を管轄している市区町村役所に申請する書類のことです。改葬許可の手続きを行う市区町村役所(現在のお墓の地域にある)の担当窓口に備え付けられています。こちらも役所でもらえる他に、役所のホームページからもダウンロードすることが可能です。
改葬を申請した者の氏名・住所や、ご遺骨の氏名、改葬先の墓地・霊園の名称などの事項を記入する必要があります。
※「改葬許可申請者」と「墓地使用者」が異なる場合は、あわせて④「改葬承諾書」が必要となります。

③埋葬証明書

ご遺骨の受け入れを承認したと証明するための書類で、遺骨一体につき一通必要です。遺骨の分だけ、埋葬証明書を用意してもらう必要があります。
現在遺骨が埋葬されている墓地の管理者に申請します。
また、一枚に複数の遺骨の情報を記入できるケースもあります。
こちらの様式も市区町村役所や役所のホームページからダウンロードできますので様式を確認しておくといいでしょう。
故人の氏名などの情報に加えて、墓地の管理者の署名捺印が必要となります。

④改葬承諾書(一部の方のみ)

改葬申請者とお墓の名義人が違う場合のみ、お墓の名義人が改葬や墓じまいを承諾していることを証明してもらうために「改葬許可申請書」とあわせて必要になってくる書類です。改葬承諾書に必要事項を記入して捺印をしてもらいます。この際に、「委任状」も作成しておくとよいでしょう。
以上、4点の書類を埋葬してある墓地の市区町村役所に提出したら、墓じまいや改葬を許可した証書である「改葬許可証」を受け取ることができます。
埋葬承諾書と同様、「改葬許可証」も遺骨一体につき一通必要な証書であり、大切な書類なので失くさないようにしましょう。
ただし、墓じまいの際に同じ寺や霊園の「合祀墓」や「永代供養墓」に遺骨を納める場合は、上記4点の書類は不要です。このようなケースはまれなため、墓じまいに際しては、先述の4点の書類が必要なことを覚えておきましょう。

墓じまいの費用は?

墓じまいの費用は?これまで紹介した内容で、墓じまいを行う際にさまざまな作業が必要であることはご理解いただけたかと思います。
ここでは、それぞれの手続きや作業において、いくらぐらい費用がかかるかを解説します。

①改葬手続

改葬を行う際に必要な書類に費用がかかります。
「埋葬証明書」や「改葬許可証」の発行には、数百円から数千円の手数料がかかる場合があります。

②出骨作業

墓じまいの流れの「⑦遺骨を取り出す」でも解説しましたが、墓じまいの実際の作業として、遺骨をお墓から取り出す作業が必要となります。
こちらは遺骨一体につき、大体4万円~5万円で行う業者が多いようです。
また、お墓には仏様や神様の力が宿ると考えられており、お墓をただの石にするために「閉眼供養」をおこないます。閉眼供養は僧侶の方の読経が不可欠なため、読経していただいた謝礼であるお布施も必要です。
本来お布施はお気持ちなのでいくらという決まりはありませんが相場はだいたい1万円~5万円となります。

③遺骨移送

遺骨を取り出したら、次に新しく拠点となる永代供養墓、墓地、納骨堂などへ納骨をします。移送の費用として、遺骨一体につき、だいたい2万円~3万円が必要です。遺骨移送に際しては、「閉眼供養」に対して、「開眼供養」が必要となります。こちらにもお布施が必要で、閉眼供養同様、お気持ちなので決まりはありませんが、1万円~5万円ほどかかってきます。

④離檀料

離檀料とは、寺院の檀家を離れる際、寺院側にお渡しするお布施のことです。寺院墓地の場合、別の場所へ改葬するには離檀料(檀家を離れるための料金)が必要です。
長年お世話になった寺院の檀家を離れる際は、事前に住職と相談することが望ましいでしょう。本来お布施はお気持ちなのでいくらという決まりはありませんが相場はだいたい3万円~15万円となります。
もちろん、お付き合いの年数や状況、お寺の格によっても変化しますが、多くても20万円程度までが目安となります。また、改葬を申し出たら高額な離檀料を請求されたケースも起きています。支払わななければならないという法的な決まりはありませんが、住職に対して丁寧な説明を心がけ思わぬトラブルにならないように心がけましょう。

⑤お墓の解体や撤去・墓地を更地にする工事

基本的にお墓の敷地はお寺などから借りている形になります。そのため、墓じまいする場合は、全てを撤去し、更地にしてお返しする必要があります。
撤去費用は、1平方メートルあたり10万円がおおよその相場となります。墓じまいの流れの「⑧お墓のあった場所を更地にする」にて解説した通り、石材店に依頼することになりますが、霊園や墓地によっては、依頼できる業者が決まっていることがありますので、事前に確認しておきましょう。費用に関しては墓地の広さ、墓石の量や大きさ、撤去作業の内容などによって変わってきますので、業者が決まっていない場合は、事前に石材店から相見積をとるといいでしょう。
以上が墓じまいに必要となってくる費用です。
上記のように「墓じまい」をする場合には費用の総額として遺骨の数や相場により変動はありますが、50~100万円程度のお金がかかることもあります。ここに新しい墓地の購入費が加わることもあると、さらに費用はかかります。そのため、ご家族でよく話し合い、しっかりと検討してください。

墓じまい後の供養方法は?

墓じまい後の供養方法は?遺骨は必ずお墓に入れなくてはならないというルールはありません。そのため改葬以外にも、永代供養や手元供養、散骨などお金や後々の管理が必要ない遺骨の処理方法を選択する方も多くおります。ここでは墓じまい後の供養方法についてそれぞれの方法を解説します。

①改葬

別の墓地・霊園に建てたお墓に移すことを指します。
メリットとして、自分たちが参拝しやすい場所に移し変えることで管理やお参りが楽になること、夫婦二人の両家のお墓をひとまとめにすることが可能な点が考えられます。ただし、改葬に際しては、お金がかかるというデメリットもあります。新しい墓地を使おうとすると、まず新しいお墓を建てるのに100万円前後、さらに土地を使う権利を永代に渡って取得するための料金(永代使用料)が数十万円から100万円以上かかってきます。なお、永代使用料は立地条件や公営・民営、寺院などによっても変わるので一概にはいえません。
このように改葬にはまとまったお金が必要となることを覚えておきましょう。

②永代供養

永代供養とは霊園などに遺骨の管理を任せることです。
「改葬」が墓じまいをした後に新しいお墓に骨を移すのに対して、「永代供養」は新しいお墓を持たなくてもいい点に違いがあります。
永代供養には、遺骨を個別に安置せず、他の方の遺骨と一緒に埋葬や納骨する形(合祀型)と、通常のお墓同様、個別の墓石を建てて納骨ができ一定期間、個別のお墓で供養された後合祀される形(個別型)があります。合祀型の場合は10万円から30万円、個別型でも30万円から100万円という価格で遺骨を供養してもらうことができるので費用が安くなります。また、墓地管理者が供養してくれるためお墓の承継者が不要なこともメリットの一つです。
ただし永代供養の場合は、自分のお墓がなくなり、遺族は合同墓にお墓参りすることになります。また、合祀した場合は遺骨が取り出せないというデメリットもあります。

③手元供養

手元供養とは、遺骨を墓などに埋めずに、自宅などに置いておく供養手法です。
最近では、遺骨をペンダントや指輪に変えて、アクセサリーとして常に身につけるなどの手法を取ることもできます。

④散骨

散骨とは、遺骨を粉末状にして海や山などに撒く供養の方法です。
ただし、散骨は市区町村によっては禁止や制約がなされている場所もあります。
そのため、市区町村によるルールや条例をきちんと調べて散骨を行う必要があります。

⑤樹木葬

樹木葬とは、遺骨を木や花の下に埋葬し、それらの植物を墓標とするお墓の形式のことです。土に還ることを目的とし、遺骨をパウダー状にして撒いたり、土に還りやすい素材の容器に遺骨を入れて埋葬したりします。
自然に還るという発想から近年になって大変人気が出てきています。

墓じまいの注意点は?

前章までで解説してきたことを踏まえ、墓じまいを検討する際に注意しておくべきポイントについておさらいします。

・遺骨をどうするか親族間でしっかり話し合って決める

墓じまいした後の遺骨をどうするのか親族間でしっかり話し合って決めましょう。前述しように墓じまい後の供養方法は、改葬や永代供養以外にも様々な方法で供養できます。どうやって遺骨を供養するのかは、自分だけではなく親族ともよく話して決めることが大切です。

・お寺との間においてトラブルにならないよう気をつける

お寺からすると今まで管理してきたお墓が無くなるだけではなく、その檀家から入ってくる予定の寄付金、法事の謝礼など予定されていた収入が減ることにつながります。そのため、長年お世話になった寺院の檀家を離れる際は、可能な限り前もって直接寺院に行き、離檀せざるを得なくなった事情を話し、意志を伝えることが最適です。
しかし、住まいが寺院と離れており直接いくことが難しい場合は、予め手紙で事情を説明し、電話で住職と相談することが望ましいでしょう。改葬を申し出たら高額な離檀料を請求されたケースも起きています。支払わななければならないという法的な決まりはありませんが、住職に対して丁寧な説明を心がけ思わぬトラブルにならないように心がけましょう。

まとめ

今回の記事では墓じまいについて解説してきました。
墓じまいは費用もかかり、さまざまな手続きも必要になりますが、自分たちの生活に合わせてお墓を変えていくことができるため、今後さらに増えていくことが予想されます。ご自身だけではなく親族間や寺院との相談などを行い慎重に検討を進めてみてはいかがでしょうか?
ぜひとも後悔のないように、この記事の内容がお役に立てれば幸いです。
永代供養墓普及会では、首都圏50ヶ所以上の優良寺院と提携している永代供養のパイオニアです。「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ