墓じまいはトラブルの元?よくある事例と対策をご紹介

もくじ

近年、ライフスタイルの移行に伴い人気を集めている墓じまいですが、本格的に検討を進めるうちに様々な懸念を耳にすることがあります。
確かにインターネットの口コミにも、墓じまいがきっかけで菩提寺とトラブルになった、あるいは、金銭面で親族との揉め事になってしまったなど、あまり良くない内容を目にすることもあるでしょう。
そうはいっても、墓じまいをすることで、墓地が近くなってお参りしやすくなったり、金銭的なメリットがあったりするため、ご検討なさっているのだと思います。

そこで今回は、墓じまいにまつわる具体的なトラブルの事例、さらにはそれらの予防法についてお伝えしていきます。
いま墓じまいをしようかとお悩みの方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

墓じまいとは

まず改めてですが、墓じまいとはなにか、簡単に説明させていただきます。
墓じまいとは、いままで使用してきたお墓を別の場所に移すために、埋葬している遺骨を取り出して、墓石を撤去した上で、墓所を更地にして返却することをいいます。
よく一緒に使う言葉に、改葬というものがありますが、これは墓じまいをしたあとに、別の墓地に遺骨を移す作業のことです。

墓じまいの流れ

墓じまいの流れ墓じまいは、無断で行うことはできません。
必ず関係各所に対して必要な手続きを踏んでからおこなう必要があります。
簡単にご説明すると、まず現在の墓地管理者に連絡を取って埋葬証明証を取得し、つぎに受入先の墓地から受入証明書をもらいます。
それら2つの証明証と、必要項目を記入した改葬許可申請書を役所に提出して、はじめて改葬許可証を取得することができます。
その上で石材店に墓石の撤去と墓所の整理、遺骨の取り出し作業を依頼して、墓じまいは完了となります。

墓じまいをする理由

一見すると手間がかかりそうな墓じまいですが、なぜ最近増加傾向にあるのでしょうか。
現代の日本では、少子高齢化や核家族化など、その生活スタイルにさまざまな変化が起こっています。その影響を受けて、若年層は都心部に集中し、地方では先祖代々から伝わるお墓を継いでくれる人が減少してしまっています。
このような背景からそのまま放っておくと、無縁仏になってしまうお墓が増えたため、墓じまい(および改葬)の件数が増えていると考えられています。

墓じまいについてさらに詳細を知りたいという方は、別の記事でまとめておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

墓じまいのトラブル

さて、少し前置きが長くなりましたが、ここからは起こりがちなトラブルの内容と対策について解説していきます。

菩提寺との離檀料にまつわるトラブル

菩提寺との離檀料にまつわるトラブルまずお世話になっている菩提寺に対して、墓じまいをすると伝えたときに、起こってしまうトラブルです。
墓じまいをすると、そのお寺の檀家をやめることになります。檀家とは、住職の方に先祖供養してもらう代わりに、そのお寺の金銭的な後ろ盾として、お布施を支払う家系のことです。
墓じまいをすると、その檀家をやめることになるので、今までお世話になったお礼として、離檀料をお支払いするのが習わしとなっています。ところがこの離檀料、お寺側からすると突然今までの収入がなくなることになるので、思わぬ高額な請求になることがあります。

こういったことを回避するためにも、菩提寺には先んじて墓じまいの相談を申し出るようにしましょう。
お寺側としても、もし仮に無縁仏になってしまえば、自分たちで墓じまいをしなければならないことになります。そうなると困るのはお互い様なので、丁寧に事情を説明することで、トラブルを未然に回避することができるでしょう。

石材店との墓石撤去料にまつわるトラブル

次は、石材店との間で起こりがちなトラブルになります。
お墓の建っている土地は多くの場合、墓地管理者に対して永代使用料を支払い、墓所を使わせてもらっています。
そのため、墓じまいをするときは、墓石を撤去したあとに借りていた土地をきれいな更地に戻し、返却する必要があります。

このときそれらの作業を依頼するのが、石材店になるのですが、撤去料が思いも寄らない高額な請求となることがあるのです。

例えば、お墓の通路が狭く重機を使用することができない場合や、連結墓所といって複数のお墓で共同の土地を使用している場合などは、通常よりも手間暇がかかるため、見積もりが高くなってしまうことがあります。

こういったことを回避するためには、インターネットや基本料金のような概算見積もりだけで判断するのではなく、事前に詳細見積もりを依頼することが重要です。

親族間での金銭的なトラブル

親族間での金銭的なトラブル続いては、親族間でのトラブルです。
よくお墓は心の拠り所でもあるといいますが、人それぞれにとって亡くなった方に対する思いは異なるため、関係する親族に相談せずに墓じまいをおこなうのは避けましょう。
また共通のご先祖様を弔うためのお墓であれば、当然親族も自分たちと同額の費用を支払うものだと想定して、勝手に話を進めてしまうこともトラブルの元です。
親しき仲にも礼儀ありという言葉の通り、普段から仲が良いからといって横着せず、特にお金の面についてはクリアにした上で執り行うことをおすすめします。

移動先でのトラブル

最後に、あらかじめ改葬先を決めておくこともおすすめします。
墓じまいをしたあとは、別のお墓に遺骨を移すという方が多いことでしょう。
次のお墓についてもきちんと検討した上で選ばなければ、せっかく墓じまいをしたにもかかわらず、納得のいかない墓地を使用することになる可能性もあります。
近年では、墓じまいをしたあとに通常のお墓に埋葬するのではなく、永代供養という形式のお墓を利用する人が増えてきました。
永代供養とは、遺骨の管理供養を墓地管理者に委託するタイプのお墓です。
費用も一般的に10万円ほどから利用できるとあって、近年とても注目を集めています。
もし墓じまい後の墓地を決めていらっしゃらないようでしたら、あわせてご検討されることをおすすめいたします。
詳細が気になる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回の記事では墓じまいにまつわるトラブルについて確認してきました。
ご先祖様を弔う大切なお墓ですから、その引っ越しにあたる墓じまいは、丁寧に滞りなく進めたいものだと思います。
そうはいっても、普段は仕事や子育て、プライベートの予定で忙しく、墓じまいまで気が回らないという方も多いことでしょう。

そこで永代供養墓普及会では、お客様に代わって墓じまいを執り行う代行サービスを扱っております。
墓じまいにまつわるトラブルが不安という方や、やりたいけれどもまとまった時間が取れないという方は、ぜひご検討いただけますと幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ