墓じまいの行政手続きを解説。具体的な流れに沿ってお伝えします!

もくじ

代々受け継いできたお墓から遠くに引っ越してしまった、そもそもお墓を継ぐ人がいない、などの理由から墓じまいをし、別の場所に移すことを検討する人も多いのではないでしょうか。
そのために切り離すことができないのが、行政手続きです。
墓じまいに関する詳細については下記の記事でまとめておりますので、詳細は下記リンクからご参照ください。
今回は墓じまいをしていくにあたって必要な行政手続きを、墓じまいの手順に則ってご説明します。

墓じまいの流れと行政手続き

墓じまいの流れと行政手続きここでは墓じまいにおいて発生しやすいトラブルなど、行政手続き以外も含めた墓じまいの流れと、具体的な行政手続きについてご説明します。

親族に相談する

まずは親族に墓じまいやお墓の移動について相談しましょう。
墓じまいにおいて発生するトラブルの1つに、親族間トラブルが挙げられます。
あらゆる血縁者が関係してきますので、費用負担に関するトラブルが発生したり、そもそも必要性を感じることなく反対する方も出てきます。
諸々手続きを進めてしまってからこのような事態に陥ってしまい後悔しないように、必ず親族の合意を取ってから進めるようにしましょう。

遺骨を確認する

現在のお墓に埋葬されている遺骨を確認します。
後から対応する行政手続きなどで必要となってきますので、(誰の遺骨なのかも含めて)遺骨が何体あるのか、遺骨の汚れや破損状態、火葬されているかどうかなど、詳細を確認しておくようにしましょう。

墓じまい後の供養方法を決める

次に墓じまい後の供養方法を決めましょう。
霊園などによっては新規の受け入れをしていない場合もありますので、予め確認しておくとよいでしょう。
墓じまい後の供養方法については下記の記事でもまとめておりますので、詳細は下記リンクをご参照ください。

菩提寺に相談する

今まで墓地を管理してくれていた菩提寺に、墓じまいをしたい旨を伝えましょう。
親族間のトラブル同様、菩提寺と離檀料を巡るトラブルも発生する場合があります。
このようなトラブルが発生する背景としては、菩提寺の収入源である御布施や寄付金が予期せぬタイミングで減ってしまうことや、地方の過疎化などによって檀家制度そのものが衰退していることなどが挙げられます。
ですので早めに菩提寺に相談するようにしましょう。

石材店に相談する

墓じまいをする際には、墓石を解体・撤去し、お墓を更地にして菩提寺に返還する必要があります。
この作業は菩提寺が行うわけではなく石材店が行いますので、必ず石材店を選定し、相談するようにしましょう。

ただし、菩提寺によっては提携した石材店でないと作業ができない場合や、山奥に墓地があるなどの理由から重機を入れることができず、思わぬ追加料金が発生するなど、予想外に高額な費用が請求されてしまうケースもあります。
菩提寺に予め確認し、選定した石材店には事前に現地を確認してもらい、見積もりを請求しておくようにしましょう。
また、墓じまいにおいて発生するトラブルについては下記の記事でもまとめておりますので、詳細は下記リンクをご参照ください。

受け入れ証明書を取得する

ここからは行政手続きが続きます。
まずは新たな遺骨の受け入れ先に「受け入れ証明書」を発行してもらいます。
受け入れ証明書申請は、新たな遺骨の受け入れ先が指定する申請書に、下記のような項目を記入して申請します。

受け入れ証明書申請は、新たな遺骨の受け入れ先が指定する申請書に、下記のような項目を記入して申請します。
●申請者の住所・氏名と捺印、故人との続柄
●遺骨の氏名、住所、本籍
●改葬先の名称・住所と捺印
※墓地管理者、自治体によって項目・様式は異なります。

埋葬証明書を取得する

次に、現在の菩提寺に遺骨が埋葬されていることを証明する「埋葬証明書」を発行してもらいます。

埋葬証明書には下記項目が記載されている必要があります。
●遺族を代表して墓地を管理している墓地使用者の住所、署名、捺印
●菩提寺の署名、捺印
●遺骨の氏名
●埋葬証明書を発行した年月日
※墓地管理者、自治体によって項目・様式は異なります。

改葬許可申請書を記入する

改葬許可申請書を記入する現在のお墓がある市区町村の役所から、「改葬許可申請書」を取得し、記入します。
役所によっては直接出向かなくてもホームページからダウンロードすることができる場合もあります。

改葬許可申請書で記入する内容は、基本的にどの役所でも同一です。
●遺骨の本籍地、住所、氏名、性別、死亡年月日、火葬や埋葬の年月日、申請者との続柄
●申請者の現住所、氏名、捺印
●墓地使用者の住所、氏名、捺印
●現在埋葬している墓地・霊園名、管理者の氏名、住所、捺印
●改葬先の墓地・霊園名、管理者の氏名、住所、捺印
※墓地管理者、自治体によって項目・様式は異なります。

改葬許可申請書は遺骨1体につき1枚必要となり、遺骨が複数の場合、自治体によって複数名分記入用の様式が用意されています。
確認した遺骨の分、記入するようにしましょう。

改葬許可証を取得する

遺骨を取り出す時と、新しい納骨先に納骨する時に「改葬許可証」が必要となります。
⑥⑦⑧で準備した「受け入れ証明書」「埋葬証明書」「改葬許可申請書」を現在のお墓がある市区町村の役所に提出すると、「改葬許可証」を発行してもらえます。

墓じまい後の供養方法が手元供養や散骨の場合は納骨先がないので改葬許可証は不要ですが、お寺によっては解釈が異なり改葬許可証がないと遺骨を渡してもらえないケースもあります。
また、改葬許可証を発行してもらうまでに時間を要してしまう場合もありますので、早めに発行してもらうようにしましょう。

遺骨をメンテナンスする

長い間お墓に安置されていた遺骨は、破損していたりカビが生えていたりする場合があります。
その際には、新しいお墓に移す前に専門業者に依頼し、遺骨をできるだけきれいにしておきましょう。

閉眼供養(へいがんくよう)を行う

お墓から遺骨を取り出す際には、墓石に宿っている仏様の魂を抜き取り、墓石をただの石にする「閉眼供養」が必要となります。
僧侶に読経してもらう必要がありますので、予め日程を決めておくとよいでしょう。

お墓を解体する

お墓を更地にするために、⑤で選定した石材店にお墓を解体してもらいます。

離檀料を支払う

今までお世話になった菩提寺に感謝を示すために、離檀料を支払いましょう。
離檀料も含め、墓じまいに関する費用の相場につきましては下記の記事でまとめておりますので、ご参照ください。

改葬先に改葬許可証を提出する

新しく納骨する改葬先に⑨で取得した「改葬許可証」を提出します。

開眼供養(かいげんくよう)を行う

新しい納骨先に遺骨を納めたら、ご先祖様の魂を宿してもらう「開眼供養」を行いましょう。
以上で墓じまいとお墓の移動は終了となります。
このように墓じまいにおいて必要な行政手続きは、それ以外の項目でも関係してくることが多いのでまとめてご説明いたしましたが、厳密には②、⑥~⑨、⑭になります。

まとめ

今回は墓じまいの流れに紐づけて、行政手続きやトラブルに関してご説明しました。
ここまでご説明してきた墓じまいを、自身で行うのは労力がかかります。
特に書類を取得・提出する必要がある行政手続きについては、面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。
永代供養墓普及会では、書類の取得・提出を代行することができます。
「受入証明書」「埋葬許可証」「改葬許可申請書」の取得や、「改葬許可証」の発行は、お客様の委任状があれば代行することができます。
ただし、「改葬許可申請書」はお客様で記入する必要がありますので、ご注意ください。
墓じまいに関する行政手続き代行をご検討されている方は、是非お気軽にご相談くださいませ。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ