墓じまいして永代供養する方法と手続き

もくじ

墓じまいして永代供養する方法と手続き

墓じまいして永代供養する方法と手続き
お墓は、誰かの手による半永久的な管理が望まれます。そのための環境を整備することで、故人も安らかに眠れるようになるのです。しかし、供養に対する考え方も家族形態の傾向も変わりつつある昨今、昔のようにお墓を購入したからとっていつまでも守られる保証はどこにもありません。無縁墓という結果を生まないためには、墓じまいまでを選択肢に入れ、末永く供養できる方法を考えておく必要があります。

お墓供養から永代供養への切り替えも可能

日本では、死後は先祖と同じお墓に入るという供養方法が一般的でした。
それが、昨今顕著にみられる核家族化や少子化、人々のライフスタイルの変化によって、その習慣も薄れつつあります。管理者不在となれば、その墓は無縁墓になるしかありません。
それを防ぐために墓じまいを選ぶ人が増えています。

墓じまいとは?

お墓を管理する人がいなくなれば、そのお墓は役目を終えて整理されてしまうでしょう。これがいわゆる「墓じまい」というものです。墓を完全に撤去してしまうので、その後の維持管理も費用負担も必要ありません。墓じまいは手順にしたがって手続きを進める必要があり、計画を立ち上げてから作業完了まではおよそ1年~3年はかかるといわれます。

昨今は、さまざまな事情により墓の継承が難しくなる人が増えています。墓を継承する身寄りがいなくなれば、無縁墓となる可能性が非常に高くなります。無縁墓になると、管理も手入れも行われないため、墓地周辺の環境は自然と悪化。それだけは避けたいから墓じまいを選ぶ、というのが多くの人の本音ではないでしょうか。

墓じまいの後の永代供養

「今ある墓に入ったとしても、これからずっと供養されるかどうか不安」という方の中には、これまでの墓を撤去してお墓を寺院・霊園で管理する永代供養を選ばれる方も多数います。
永代供養であれば、家族の有無に関係なく、墓地を管理できる環境が保証されます。そのため無縁墓などの心配もありません。永代供養は、現代社会のニーズに適合した新しい供養方法といえます。

改葬の手順と手続き

すでにお墓を持っている方が、永代供養に切り替えて寺院・霊園での供養を希望する場合、どのような手続きをとればよいか、以下でその流れをご紹介します。

1. 墓地住所の自治体から「改葬許可申請書」をもらう
2. 墓を管理する寺院や霊園から署名・捺印をもらう
3. 新しく永代供養をお願いする寺院・霊園から納骨許可書をもらう
4. 遺骨の取り出しと墓の整理をお願いする石材店を選定
5. 閉眼供養をして、遺骨を取り出す
6. 新しい寺院・霊園へ遺骨と改葬許可証を持参
7. 永代供養墓に合祀する(または個別に納骨)

墓じまいする前に目を通しておきたいのが、『墓地、埋葬等に関する法律』です。これに準じたかたちで改葬手続きを行わないと、罰則の対象となることも。事前にそろえておくべき書類はきちんとチェックして、決められた手順にしたがって手続きを進めるようにしてください。

コスト・労力負担の軽減につながる永代供養墓

お墓参りは、決して楽ではありません。
遠方にお墓がある場合、年末年始やお盆などの長期休暇を使って現地に赴くことになります。金銭的な負担もさることながら、ご高齢のご遺族であれば体力的な問題も生じるでしょう。
改葬してアクセスのよい場所の墓地を新たに選ぶことで、ご遺族に大きな負担をかける心配もなくなります。また花の入れ替えや掃除などは、管理者がきちんと責任をもって行ってくれるので安心です。永代供養は、墓参りにおけるコスト・労力負担を軽減したい方にとって適した方法といえるでしょう。

また、墓での供養を望まず、海洋や樹木下に散骨する自然葬を選ぶ方も少なくありません。これらの供養スタイルには、永代供養と同じく、ご遺族に負担をかけたくないという思いから選ばれる傾向が高いようです。
これまでご先祖様のお墓を大事にしてきた昔ながらの価値観でいえば、墓じまいや改葬に対してネガティブな印象を受ける方もいるかもしれません。

しかし、無縁墓が増えてきた現状を考えると、永遠に自分のお墓が守られるのか不安に感じてもしまうのも人情です。むしろ、墓じまいのリスクを防ぐために永代供養を選ぶことで、先祖代々大切に受け継いできたお墓を守ることにつながります。このようにポジティブに受け止めて、墓じまいと永代供養を選択する方もいるのです。

まとめ

少子高齢化や価値観の変化によって、必ずしもお墓が家族によって守られるとはいえない時代になりました。それでも、死後きちんと鎮魂する場所を確保しておかなければなりません。寺院や霊園にその場所を用意しておけば、家族の状況に関係なく、遺骨の管理と節目節目での供養が約束されます。そのための手段としておすすめできるのが、永代供養です。
そんな新しい供養スタイルも、メリットばかりではありません。永代供養は昨今新しく登場した方法のため、なかなか理解がえられない面もあります。永代供養墓に自分の遺骨を納めたいと望む場合は、その意志をご家族にきちんと伝え、お互い納得するかたちで話を進めていく姿勢が重要です。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ