納骨堂の費用は?相場や内訳について詳細に解説

もくじ

多くの方々が親族や友人など、大切な方が亡くなられたことをきっかけに終活をはじめられますが、その中でも近年納骨堂というタイプのお墓が注目をあつめていることはご存知でしょうか。
今回の記事では、その納骨堂とはどういうお墓なのか、また利用にあたりかかる費用はどれくらいなのか、加えてその利点や欠点をお伝えさせていただきます。
こちらをお読みいただければ、納骨堂のご検討にあたって必要な情報は網羅されておりますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

納骨堂とはなにか

一言でいえば、納骨堂とは遺骨を骨壷に入れたまま室内に安置して管理するタイプのお墓のことです。
後ほど詳しくご説明しますが、納骨堂には運営主体やその納骨方式によっていくつかの種類に分けることができます。
また納骨堂は永代供養といって、運営側が遺族の代わりに遺骨の管理と供養を行ってくれる形態を採用しているところが多くあります。
納骨堂は少子高齢化により、お墓を継いでくれる子供がいない家庭が増えたことや、核家族化が進み、都心部に人口が集中して地方が過疎化していることなど、近年のライフスタイルの変化に応じて人気を集めています。

納骨堂の費用相場

納骨堂の費用相場は、先述した運営主体や納骨方式によって大きく異なります。
それぞれの違いをお伝えしながら、費用相場についてもご説明していきます。

運営主体による違い

納骨堂は寺院納骨堂、公営納骨堂、民営納骨堂の3種類があります。

寺院納骨堂

はじめに寺院納骨堂はお寺が運営元となっている納骨堂です。
特徴としてはお寺の住職さんが法事などを丁寧に執り行ってくれる一方、場所によって利用条件に檀家に入る必要があったり、戒名を受ける必要があったりすることがあげられます。

費用の相場は個人用のリーズナブルなところで10万円から、家族用の豪華なところで100万円ほどの振れ幅があります。

公営納骨堂

つぎに県や自治体が運営している公営納骨堂です。
一番の特徴としてもっともリーズナブルに利用できるという特徴があります。
ただし自治体によってはホームページを見てもお問い合わせ窓口がない場合もあり、やはり他のところに比べてお申し込み手続きなどがやや手間です
費用としては一人用で20万円前後、家族用でも30~60万円ほどになります。

民営納骨堂

最後は民間の法人が運営している民営納骨堂です。
民間のサービスであるため設備がよく整っていて、サービスの質も高いという特徴がありますが、公営のものと比べるとやや金額は高い印象があります。
相場としては一人用で50万円ほど、家族用では100万円を超える場合もあります。

納骨方式による違い

納骨の方式によってもロッカー型、仏壇型、可動型、墓石型、位牌型の5種類に分けることができます。

ロッカー型

ロッカー型は一人ひとりにロッカーが用意されていて、その中に遺骨を納める型式のお墓です。1名から数名までの骨壷が収められます。
一人用で利用する場合、費用は約20万円で利用できます。

仏壇型

ご契約の単位ごとに仏壇が用意されているお墓です。
多くは家族用として利用されていますが、個人でも利用することは可能です。
家族単位で100万円ほど、個人だと30万円ほどの相場になります。

可動型

都心部に多いタイプが可動型の納骨堂です。
可動型の納骨堂では、受付でICカードを受け取り、所定の場所にある専用リーダーで読み取りを行うと、遺骨がその場所まで移動してきます。
都心部に位置することが多く機能性も高いため、費用は比較的高く1人用でも100万円ほどになります。

墓石型

通常のお墓と同様に専用の墓石を用意するタイプのお墓です。
当たり前ですが、墓石代が別途発生するので費用としては高価になり、1人用でも100万円を超えることがあります。

位牌型

最もリーズナブルな位牌型のお墓です。
遺骨は別の場所(合祀墓など)で管理されますが、費用は10万円ほどで利用することができます。

その他

運営主体や納骨方式の他に抑えておきたいポイントとしては、合祀までの期間、設備や立地があります。
多くの納骨堂では、一定期間遺骨を個別に管理したあとは合祀といって、他の方々の遺骨と一緒に管理されることになります。
この期間が長くなるとお墓としては個別に管理する期間が長くなることになるので、費用もそれに応じて高くなります。
また単純に設備が豪華だったり、立地が良かったりすると、それに応じて費用も高くなるので注意しましょう。

納骨堂の費用内訳

納骨堂の費用はお墓を使用するための永代使用料、遺骨の管理供養をしてもらうための永代供養料、その他設備等にかかるランニングコストとして管理費に分けられ、支払い方法を一括と分割の払いから選択することができます。
支払い方法については、初期費用を抑えたいという経済的な理由から分割払いを選択する人もいれば、残された遺族に迷惑を掛けたくないという理由から管理費まで含めて一括払いを選択する人もいます。
どちらにするかは後でトラブルにならないように、あらかじめご家族と相談された上で選択するほうが良いでしょう。
なお、万が一途中でご遺族が管理費を支払えなくなったら契約が解除され、多くの場合合祀墓に移されます。
続いて永代使用料、永代供養料、管理費の他に、別途費用が発生する場合についてみていきましょう。
納骨堂を利用する場合は永代供養がセットになっていることがほとんどなので、基本的には個別に年忌法要や開眼法要などを行う必要はありません。
しかし仮に行う場合には、法要の会場代やその後の会食代、さらにはお坊さんにお布施を用意する必要があります。
他にも墓石型納骨堂で墓石に名前を刻字する場合には刻字料が発生したり、寺院納骨堂でお寺から戒名を受ける場合には戒名料が発生したりするなど、ケースによっては追加の費用がかかることがあるので注意しましょう。

納骨堂のメリット・デメリット

また現在納骨堂を検討している方に向けて、そのメリットとデメリットをご紹介させていただきます。

納骨堂のメリット

お墓に比べて費用が安い

まずはお墓を新しく建てるのに比べて、圧倒的に費用が安いです。
特にロッカー型や仏壇型を選択すれば、かなり費用を抑えることができます。
・立地が良いためすぐに行ける
次に納骨堂は多くの場合都心部にあるため、すぐにお参りにいけるというメリットもあります。

室内のため天候に左右されない

また遺骨は室内に安置されているため、天候に左右されず快適にお参りできます。

遺骨の供養を任せられる

さらに永代供養をお願いしておけば、遺骨の供養を行う必要がないため、遺族に対して面倒を掛ける必要もなく、お墓を引き継ぐ人がいなくても無縁仏になる心配がありません。

宗旨宗派を問わないことが多い

最後に、これは特に公営納骨堂や民営納骨堂においてですが、宗旨宗派を問わずどなたでも利用できるというところが多いため、お気軽に利用することが可能です。

納骨堂のデメリット

一定期間後に合祀されてしまう

納骨堂で永代供養をお願いしたとしても、19回忌や33回忌など場所によって異なるものの、一定期間を過ぎると合祀墓というお墓に遺骨は移動されてしまいます。

檀家になることやお布施が必要な場合も

また寺院納骨堂の場合には、納骨にあたって檀家になる必要があったり、納骨法要にあたってお布施の費用が別途必要になったりする場合もあります。

・スペースが限られている

さらには建物内の限られたスペースに納骨することになるので、窮屈に感じることがあるかもしれません。
・地震や建物の老朽化などが心配
他には一般的なお墓と違ってまだ歴史が浅いこともあり、地震が起こったり、建物が老朽化したりしたときに、どう対処することになるのかわからない部分もあります。

線香や生花は禁止

また建物の屋内なので、お参りをしたときに線香を炊いたり、あるいは生花をそえたりすることが禁止されていることも多いです。
契約する納骨堂によっては異なる場合もあるので、気になる方は確認するようにしましょう。

納骨堂に向いている人とそうでない人

上記のメリット・デメリットを踏まえて、どのような人が納骨堂に向いているか、逆にやめたほうが良いかをお伝えさせていただきます。

納骨堂の利用が向いている人

費用を安く抑えたい人

一般的なお墓と比べてコストメリットが大きいため、費用を抑えたい方には向いています。

お墓を継いでくれる人がいない人

また納骨堂が遺骨の管理供養を行ってくれるので、お墓を次ぐ人がいない方にはおすすめです。

お墓を立てても引っ越さないといけない

また納骨堂を利用する場合は、墓石型を除いて、お墓を新しく建てることをしないので、引っ越し等が想定される方にも向いていると言えるでしょう。

納骨堂の利用が向いてない人

子孫が供養をするべきという人

あくまで子孫が先祖を敬うべきという方には向いているとはいえません。

遺骨を土に還したい人

また基本的に屋内で管理することになるので、埋葬を希望される方にはおすすめできません。

家族が嫌がる人

お墓は一人の問題ではないので、家族の中に拒否する方がいる場合も向いているとはいえません。

オリジナルの墓石を建てたい人

墓石型を利用する場合を除き、納骨堂は墓石を建てることはありません。
そのため自分だけの墓石を建てたいという希望がある人にもあまりおすすめすることはできません。

おすすめの納骨堂をご紹介

最後に弊社でお取り扱いしているおすすめの納骨堂をご紹介いたします。

聖徳寺・聖徳しらはた浄苑

神奈川県横浜市にある子安山・聖徳寺が運営する納骨堂です。
京浜急行線の子安駅かJR横浜線の大口駅から徒歩10分ほどで行くことができる好立地に位置しています。
浄土真宗系の寺院ではありますが、宗派を問わず利用することが可能です。
聖徳寺・聖徳しらはた浄苑 https://eitaikuyou.net/kanagawa/shotokuji

萬徳寺

JR根岸線桜木町駅から徒歩約8分、日ノ出駅から徒歩5分と、こちらもアクセスの良い場所にありながら、自然にも触れることができる都心の寺院が穐葉山萬徳寺です。
萬徳寺は曹洞宗の寺院ではありますが、こちらも生前の宗旨宗派を問わずご利用いただけます。

東光寺別院

東光寺別院は、JR総武本線の東千葉駅から徒歩7分、東光寺別院住宅街のなかに位置しております。
大本山池上本門寺の末寺として400年という由緒あるお寺であり、地域では雨降らしの神様と親しまれており、多くの参拝客で賑わっています。
こちらも宗旨宗派を問わず、どなたでも利用可能です。

長久寺・ほたるの城

埼玉県の上尾市にある長久寺は、交通安全や経済的なご利益を祈願して、多くの方が訪れるお寺です。
一節には1000年以上の歴史があるとされており、現在も写経やカルチャースクールなどが活発に行われております。
またバリアフリーを意識した作りとなっているため、車椅子の方でも心配なく参拝できます。

まとめ

今回は納骨堂の費用を中心に、納骨堂にまつわる詳細な内容まで確認してきました。
特に地方ではまだ珍しいタイプのお墓になると思いますので、もしこの記事がお墓選びのお役に立てたらうれしいです。
永代供養墓普及会は首都圏50ヶ寺以上の優良寺院と提携する永代供養のパイオニアです。
「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ