永代供養を納骨堂でおこなうときの費用とメリット・デメリットまとめ

もくじ

近年新しい供養の形式として、永代供養が注目を集めています。
なかでも納骨堂は人気で、この記事を読まれている方もきっと納骨堂で永代供養をおこなうことをご検討されていることでしょう。
しかしながら、お墓選びは人生に何度も経験するようなことではないため、どれくらいの予算が掛かるのか、どのようなお墓の種類が良いのかなど、疑問に思うことがたくさんあると思います。
そこで今回の記事では、納骨堂で永代供養を行うときに掛かってくる費用、また一般的な永代供養墓との違い、さらには納骨堂で永代供養を行う際のマナーについて詳しくご説明させていただきます。

永代供養を納骨堂で行うときの費用

まずは永代供養を納骨堂で行うときに掛かってくる費用についてです。
費用の内訳をお伝えしたあとに、費用の相場そして一般的には誰がどのタイミングで費用を支払うのかということを説明させていただきます。

費用の内訳

費用の内訳は、永代供養費、管理費、法要料、戒名料となります。
まず永代供養費ですが、こちらは永代にわたって遺骨の管理・供養を納骨堂の方に委託する費用になります。
一般的なお墓の場合、墓地を永代にわたって使用するための費用として、永代使用料を寺院や霊園に支払う必要がありますが、納骨堂で永代供養を行う場合は、これを永代供養費として一緒に支払うのが一般的です。

続いて管理費ですが、こちらは納骨堂の施設利用料とお考えください。
ただし永代供養の場合、この管理費が永代供養費に含まれていることが多いので、ご検討の際にはどちらのタイプか確認すると良いでしょう。

法要料は、納骨時にお坊さんに支払うお布施のことです。
多くの場合、遺骨を四十九日に納骨すると思いますが、その際お坊さんに来てもらう場合には納骨法要料を支払う必要があります。
また、もし契約した納骨堂が仏壇形式だった場合は、開眼法要を行って魂入れをして貰う必要があります。
その場合は開眼法要料をお布施として支払わなくてはなりません。
ただし、こちらも納骨堂によっては契約金に含まれている場合もあります。

最後に戒名料ですが、こちらはもし戒名をつけてもらう場合は支払う必要があります。
しかし、戒名は必ず必要なものというわけではありません。
菩提寺がなく自身のお墓を持たない永代供養の場合には、戒名がなくとも弔ってもらうことはできます。
そのため親族の方と相談した上で、戒名をつけてもらうかどうかはよく検討すると良いでしょう。

費用の相場

先ほど費用の内訳を見てきましたが、結局のところ納骨堂で永代供養をおこなうときの費用は永代供養費にすべて含まれることが多いため、永代供養費の相場を理解することが重要です。
そして納骨堂の永代供養費は、その納骨堂のタイプによって大きく異なってきます。
ここでは納骨堂のタイプ別にどれくらいの費用相場か確認していきましょう。

納骨堂のタイプは大きく分けて以下の5つがあります。
・ロッカー型
・仏壇型
・可動型
・墓石型
・位牌型

ロッカー型

まずロッカー型は一人ひとりにロッカーが用意されており、その中に遺骨を納める形式になります。
ロッカー型は多くの場合一人用のお墓として利用されており、費用の相場は約20万円となります。

仏壇型

次に仏壇型は納骨堂内に仏壇が用意されており、その下に遺骨を納める形式になります。
仏壇型は多くの場合、家族用のお墓として利用されており、費用も家族単位でいくらというパターンと、一人あたりいくらというパターンがあります。
費用の相場は家族あわせて利用する場合100万円前後、一人ひとり利用する場合30万円前後となります。

可動型

東京をはじめとした都心部に多いのが可動型の納骨堂です。
このタイプは予め受付で預かったICカードを認証すると、自分がお参りしているスペースまで、自動で骨壷が移動してきます。
こちらは機能性の高さと立地の良さもあって、金額の相場は比較的高く、一人あたり50万円~100万円ほどになります。

墓石型

室内でありながら通常のお墓と同様に墓石を立てるタイプになります。
家族での利用を想定して契約されることが多いですが、金額はかなり高額になり、相場は一人用のタイプでも100万円前後となります。

位牌型

位牌型は遺骨を別の場所に保管する形式のもので、もっともリーズナブルに利用することが可能です。
費用相場は一人あたり約10万円前後になります。

費用は誰がいつ支払うのか

一般的に納骨堂を契約する場合は、永代使用料と管理費の2つが掛かります。
そのため契約時に永代使用料のみを支払った場合、契約者が存命中は自身で管理費を支払うため問題ありませんが、いざ契約者が亡くなったあとは遺族が管理費を負担しなくてはいけないというケースがあります。
しかしながら永代供養で納骨堂を利用する場合は、先に永代供養費として永代使用料と管理費をまとめて支払うため、残された家族に金銭面で面倒を掛けてしまう心配がありません。
その点からも、遺族に迷惑を掛けたくないという方に永代供養は好んで選ばれています。

永代供養墓と納骨堂の違い

続いて永代供養墓と納骨堂の違いについて、詳しくご説明させていただきますが、混乱を避けるため先に言葉の定義をしておきます。
「永代供養」という場合には、本来亡くなった方の遺族がおこなう遺骨の管理・供養を寺院や霊園が代行する供養のスタイルを指します。
「永代供養墓」という場合には、合祀といって他の方の遺骨と同じ場所に埋葬する形式のお墓のことを指します。
よく永代供養と永代供養墓が混同して使用されていることがありますが、この記事では上記の意味合いでそれぞれの言葉を使っています。
それではその前提で、永代供養墓と納骨堂の違いを確認していきましょう。

永代供養墓の特徴とメリット・デメリット

永代供養墓には次のような特徴があります。

  • 1. 永代供養墓は個人や夫婦単位で供養するもので、原則として一代限りのため、子孫に引き継ぐことはできません

  • 2. 遺骨は合祀されますが、はじめから他の人と一緒に合祀されるタイプや一定期間後に合祀されるタイプがあります

  • 3. 永代供養墓は塔や記念碑などのモニュメントの元に遺骨を納めるのが一般的ですが、中には樹木をモニュメントとする樹木葬もあります

  • 4. 永代供養墓は個別に石碑や墓石を建てる場合もありますが、通常は1つの墓石の中に遺骨を納めます

  • 5. 永代供養墓は年間の維持管理費は基本的にかからないことが多いです

おおよその特徴は上記のとおりですが、永代供養墓の形式はさまざまで、寺院や霊園が永代にわたって供養してくれるという点は共通しているものの、それ以外の部分ではかなりのバリエーションがあります。
永代供養墓のメリットとしては以下になります。
永代供養墓のメリット
  • 一般的なお墓と異なり、次の世代に継承することはできないが、費用がかなり安く抑えることができる

  • また維持管理費などがかからないため、自身が亡くなった後に子どもたちに金銭面で迷惑をかける心配がない

デメリットとしては以下になります。
永代供養墓のデメリット
  • 合祀されたあとは遺骨を取り出すことができないので、後にお墓を移動することが不可能

  • 以降の世代に引き継ぐことができないため、子供の世代がお墓を購入か契約する必要がある

  • 先祖に対する他の親族との価値観の違いから、思いがけないトラブルになる可能性がある

納骨堂の特徴とメリット・デメリット

納骨堂には次のような特徴があります。

  • 1. 納骨堂は原則として一代限りですが、納骨スペースを子孫に受け継ぐことができるタイプの納骨堂もあります

  • 2. 多くの場合、一定期間が過ぎると別の場所に合祀されます

  • 3. 形式はさまざまで、仏壇のような形をした納骨スペースが室内に並ぶタイプもあれば、ロッカー式の納骨スペースもあります

  • 4. 遺骨は個人または夫婦単位、あるいは一家ごとに安置されます

  • 5. 年間の維持管理費が別途かかるのが一般的です



納骨堂は、墓石の元に遺骨を埋葬する従来のお墓とは違って、建物内に遺骨を納めるスペースを設けて供養する形です。
個別に墓石を設けないため、それほど広いスペースを必要としません。
そのため土地を確保するのが難しい都市部で需要が拡大しています。
納骨堂そのものは昔からありましたが、それは「お墓を建てるまでの間、一時的に遺骨を預ける場所」でしかありませんでした。
しかし、現在増えつつある納骨堂は、一時的に遺骨を預かるのではなく、長期間遺骨を安置して供養する新しいタイプのお墓として、永代供養墓と同様の役割を担っています。
納骨堂のメリットは以下になります。
納骨堂のメリット
  • 基本的に都市部にあるため、お墓参りが楽

  • 一定期間中であれば遺骨を個別に管理してくれるため、あとでお墓の移動が可能

  • 家族用の契約をすれば、子どもたちにも利用させてあげることができる

デメリットは以下になります。
納骨堂のデメリット
  • 可動型や墓石型など、タイプによっては費用がかさむ可能性がある

  • 場所によっては永代供養であっても、施設管理費が掛かることがある

永代供養墓と納骨堂の違いまとめ

それぞれの特徴やメリット・デメリットを説明しましたが、永代供養墓と納骨堂の違いはまとめると以下の通りです。






















永代供養墓納骨堂
①ひとつのお墓の中に遺骨をまとめる①遺骨は個別に安置する
②一代限りで子孫に受け継げない②一定期間後合祀するタイプと子孫へ受け継ぐタイプがある
③一定期間遺骨を個別に安置したのち、合祀される
④多くの場合屋外にある③多くの場合室内にある
⑤永代供養墓を購入した後は、基本的にその後の維持費は不要④納骨堂購入費のほかに年間維持費がかかる場合が多い

永代供養を納骨堂で行うときの服装やマナー

最後に、永代供養を納骨堂で行う際の服装やマナーはどうすれば良いのでしょうか。
普段はあまり意識することがないと思うので、ここで確認していきましょう。

永代供養での納骨はいつするのか

そもそも納骨とは、骨壺に入れた遺骨を永代供養墓や納骨堂に納めることを指しますが、多くの場合、四十九日の法要のあとに行います。
しかし、納骨するお墓が決まっていない場合は、四十九日が過ぎてから行うこともあります。

納骨の際の服装やマナー

一般参列者は略式喪服でも失礼にはなりませんし、黒を基調とした服装なら普段着でもかまいません。
また、四十九日を過ぎてから納骨する場合は、喪服でなくても黒めの服装なら問題ありません。

まとめ

今回は納骨堂で永代供養を行うときに掛かってくる費用、また一般的な永代供養墓との違い、さらには納骨堂で永代供養を行う際のマナーについて見てきました。
ぜひご自身にあったお墓選びのお役に立てていただければと思います。
永代供養墓普及会は首都圏50ヶ寺以上の優良寺院と提携する永代供養のパイオニアです。
「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net/

最後までお読みいただきありがとうございます。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ