浄土宗で永代供養を行うときの費用を契約までの流れとあわせて解説

もくじ

終活を行う中で、自分の家がどのような宗教を信仰しているのかを詳しく調べたり、それにあわせてどのようなお墓を選ぼうかと悩まれたりする方はとても多いです。
中でも浄土宗は供養に対する考え方が他の宗派と比べて少し特殊なため、信仰されている方は、どのようにお墓を選んだら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。
さらには近年、お墓に対する考え方も変わり、永代供養という新しいタイプのお墓も注目されつつあります。

そこで今回の記事では、改めて浄土宗についてその供養に対する考え方まで確認した上で、永代供養に関する基本的な知識、そして実際に行うときの費用や、契約までの流れについてお伝えさせていただきます。
これからお墓探しをされる方は、是非この記事の内容を参考にしてみてください。

浄土宗とはどのような宗教か?

浄土宗とはどのような宗教か?まず、浄土宗とはどのようなものか確認することにしましょう。
浄土宗とは鎌倉時代に法然上人によって開かれた日本仏教の一つです。

その教えとしては、自身の無知であることを知り、阿弥陀仏の慈悲を信じて「南無阿弥陀仏」とただ念仏を唱えることで、穏やかな毎日をすごし、亡くなったあとは極楽浄土に往生することができるというものになります。

また浄土宗にとてもよく似た、浄土真宗という信仰もありますが、浄土宗は念仏を唱えるという行為そのものを大切にしているのに対して、浄土真宗は念仏を唱えようとする気持ちを大切にしているという点で異なります。
また浄土真宗の開祖である親鸞聖人は、当時僧侶がまだ厳しい修行をすることが一般的だった時代に肉や魚を食べたり、結婚したりするなどかなり自由な生活を送っていたと言われています。
浄土宗は念仏を唱えながらも、厳しい修行や戒律を重んじていたことを考えると、その点でも2つの宗派は異なっているといえるでしょう。

とはいえ両者とも供養に関する考え方には大きな共通項があります。
浄土宗(と浄土真宗)の供養に関する基本的な考え方として、両者とも念仏を唱えることによって阿弥陀仏の慈悲により、どのような人も必ず極楽浄土に往生することができるというものがあるため、亡くなった方の成仏を願うことを目的とした追善供養を必要としません。
よって本来的にはお彼岸やお盆、年間の法要を行う必要はないのですが、浄土宗においても、亡くなった方を敬うこと自体は良いこととされており、また実態として法要をおこなうことは認めているので、永代供養を引き受けてくれる浄土宗のお寺も多いのです。

永代供養とはなにか?

さてここで、永代供養についても確認しておきましょう。
永代供養とは近年注目されている新しいタイプのお墓で、遺骨の管理供養をお寺や霊園が代わりにおこなってくれること特徴です。
その誕生には、以前と比べてお墓に対する考え方が、家族で持つものから個人で持つものに移り変わったことが影響しています。

また永代供養にも、遺骨を骨壷のまま埋葬する個別墓と呼ばれるタイプや、他の方と一緒のお墓に埋葬する合祀墓と呼ばれるタイプなど、様々な種類が存在します。
なおその種類によって費用の相場も異なっており、リーズナブルなものだと約10万円から、一般的なお墓と同じように墓石を建てるものは約150万円まで様々です。

また中でも、お寺で永代供養を行うほうが霊園で行うよりも、住職さんが丁寧に供養を行ってくれるというメリットがある一方、そのお寺の檀家になる必要があるケースもあり、その場合は別途費用が発生してしまう可能性もあります。

ちなみに浄土宗では先述のとおり供養に対する考え方が他の信仰と異なるため、永代供養とは呼ばず、永きに渡って亡くなった方を祀るという意味で、永代祠堂と呼ぶことがあります。
しかし寺院が遺骨を管理してくれるという点では一緒なので、その点は安心して問題ありません。

浄土宗で永代供養をおこなうまでの流れ

ここではいざ永代供養をお願いするときの流れをみていきましょう。
これは永代供養に限ったことではありませんが、寺院に遺骨の埋葬をお願いするときは、以下のように必要書類を準備しなくてはいけません。
・まず役所に死亡届を提出して、火葬許可証を受け取ります
・次に火葬を行い、火葬場から火葬許可証に火葬済みの印を押してもらいます
・これを埋葬許可証として使用することができるので、納骨のときに墓地の使用許可書とあわせて寺院に提出します
ただし分骨を希望する場合には、火葬場から分骨証明書をあわせて受け取る必要があるので注意しましょう。

さらに既存のお墓から改葬を希望する場合は、既存のお墓に埋葬証明書を発行してもらい、役所から改葬許可証を発行してもらうという別の手続きを行う必要があります。
なお厳密な意味での埋葬許可証は土葬を意味するため異なりますが、実態として押印済みの火葬許可証が埋葬証明書として使用されているので、知識として覚えておくといいでしょう。

浄土宗の総本山「知恩院」の永代供養

浄土宗の総本山「知恩院」の永代供養
次は実際に浄土宗の方が永代供養を行うケーススタディとして、総本山である「知恩院(ちおんいん)」で永代供養を行う場合を例にみていきましょう。
改めてですが、知恩院とは浄土宗の総本山のことであり、建立から800年というその歴史的文化的な重要性から、現在では国宝にも認定されています。
またその佇まいも総本山の名にふさわしく、厳粛ながらおおらかな雰囲気を携えた壮大な景観の寺院となっています。

知恩院で永代供養(永代祠堂)を行う場合には、納骨堂と寶佛殿(ほうぶつでん)という2つの遺骨安置場所から選択することができます。
納骨堂では合祀形式の納骨となり、その費用は55万円からとなっています。
これに対して、寶佛殿は個別納骨型式となり、費用は200万円以上となっています。
なお寶佛殿での納骨をご希望される場合は事前に予約をする必要があるため、寺院に連絡をいれた上でお伺いするようにしましょう。

その他永代供養のできる浄土宗のお寺

その他にも永代供養が可能な浄土宗の寺院をご紹介させていただきます。

大蓮寺

東武東上線の川越駅からバスで10分ほどのところにある大蓮寺は、500年近くの歴史あるお寺です。
平成30年には、近年のライフスタイルの変化に伴い、樹木葬、永代供養墓、永代供養付個別墓を建立しました。
宗旨宗派問わずに、どなたでも利用可能なお墓となっています。

大信寺

大信寺は京浜東北線の西川口駅からバスで10分ほどの場所に位置しています。
閑静な住宅地の中に佇んでおり、その歴史は400余年という由緒ある寺院です。
こちらのお寺も宗旨宗派を問わずどなたでもご利用いただくことが可能となっております。

浄安寺

東武野田線「岩槻駅」より徒歩8分、現在は人形の町として知られ、かつての城下町だった岩槻の地に浄安寺はあります。
浄安寺はさきほどご紹介した浄土宗総本山知恩院の末寺にあたり、ご本尊の阿弥陀如来はさいたま市の有形文化財に指定されています。
その他にも当寺院は歴史が長いため、指定記念物や寺宝など貴重な文化財が伝えられています。

まとめ

今回の記事では、浄土宗の方が永代供養を行うときに参考となる情報をお伝えさせていただきました。
永代供養自体まだまだ新しいお墓のスタイルなので、わからないことや疑問に思うことも多いと思いますが、この記事の内容が読者の皆様にとって少しでもお役に立てていたら幸いです。
永代供養墓普及会は首都圏50ヶ寺以上の優良寺院と提携する永代供養のパイオニアです。
「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ