永代供養はいつまで?知っておきたい永代供養の期間

もくじ

近年、永代供養を希望する人が増えてきています。
まだ歴史が浅いこともあり、永代供養は文字どおり、「供養を永遠してくれるもの」と考えている人も多いのではないでしょうか?
しかし、実は永代供養には期間が設けられていることも多いのです。
そこで今回の記事では、永代供養の「永代」とはいつまでのことなのか、永代供養墓の費用やメリット・デメリットについての知識もお伝えいたします。

そもそも永代供養とは?

そもそも永代供養とは?
永代供養の期間についてお伝えする前に、永代供養とはどのようなことか、おさらいしましょう。
永代供養とは、様々な事情でお墓参りが困難な場合、お墓参りする人がいない場合に、故人の遺骨を寺院や霊園などが家族や子孫に代わり管理・供養してくれる方法のことです。
永代供養を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

永代供養は期間が決まっている?

永代供養は期間が決まっている?永代とは、もともと「長い年月」や「永久」を意味します。
しかし、永代供養は「永遠に供養をしてくれるもの」ではありません。
寺院や霊園、自治体などによって、期間は異なりますがある程度の期間が区切られています。ここでは、永代供養の「永代」とはいつまでのことなのかお伝えします。

永代供養の期間

まず、安置期間に明確な決まりはありません。17回忌、33回忌、50回忌など、寺院や霊園、自治体により期間は異なり、ご希望やプランによっても様々です。
個別相談を設け、期間を決めることもあるので、永代供養申込みの際には事前に確認しましょう。

安置期間が過ぎた際の供養方法

個別に安置してもらう期間が過ぎると、多くの寺院や霊園では他の方の遺骨と一緒に共有墓地に入り合祀されます。永代供養では遺骨が合祀されてからも、安置されていた時と同様に手厚く供養されます。
合祀されてからは年間の管理料がかからない場合がほとんどです。
しかし安置期間は33回忌が一般的とされており、永代供養の期間が過ぎた後、50回忌、100回忌のように年忌法要を行う場合は別途費用が掛かるので注意しましょう。

永代供養費用の内訳は?

さて、次に永代供養にかかる費用の内訳についてです。
永代供養の費用の内訳は永代供養料、お布施、刻字料の3つとなっています。
それではそれぞれについて確認していきましょう。

永代供養料

お墓を管理、維持し、故人を供養するためにかかる費用です。永代供養料のなかに、墓所使用料も含まれていることが多いです。
永代供養墓は大きく分けて「単独墓」「集合墓」「合祀墓」と3種類あり、どの種類を選択するかで永代供養料も変わります。

永代供養のお布施

永代供養の場合にもお布施は必要となります。お墓に遺骨を納骨する際に行われる納骨法要で僧侶に渡します。だいたい3万円~5万円が目安になります。
寺院や霊園によって納骨法要のお布施代が、永代供養料に含まれている場合がありますので、事前に確認すると良いでしょう。

永代供養墓の刻字料

永代供養墓の刻字料刻字料は石碑などに故人の名前を彫ってもらうための費用です。
永代供養料に含まれている場合も多いですが、刻字自体の料金は3万円ほどが相場となります。刻字の際に戒名をつけてもらうこともありますが、その場合別途お布施が必要になります。

永代供養墓の種類・形式とその費用は?

前章で触れましたが、永代供養墓は大きく分けて3種類あり、「単独墓」「集合墓」「合祀墓」のどの種類を選択するかで永代費用料が変わります。
ここでは、それぞれの種類・形式とその費用についてお伝えいたします。

単独墓

単独墓通常のお墓同様、個別の墓石を建てて納骨ができ、一定期間、個別のお墓で供養された後合祀されます。
単独墓の永代供養料は30万~100万円と幅がありますが、大体の相場は40万円ほどです。その他、永代供養料とは別に墓石料が50万~150万円ほど必要になる場合もありますので事前に確認をしましょう。

集合墓

集合墓集合墓は、石碑などはひとつで、納骨スペースのみ個別で設けられています。
単独墓と同様に、決められた回忌を過ぎると合祀に切り替わります。
費用は10万~30万円で永代供養料の相場としては20万円が目安となります。

合祀墓

合祀墓合祀墓は共同墓や合同墓ともよばれていて、遺骨を個別にせず、他の方の遺骨と一緒に埋葬されます。一般的には、供養のために記念碑が建てられることが多く、一度合祀墓に入れた遺骨は取り出すことができませんので注意しましょう。永代供養料は3万~10万円が相場で、単独墓や集合墓に比べて費用を抑えることができます。

納骨堂

納骨堂納骨堂はお墓をもたない方が、遺骨を安置して供養することのできる場所のことです。一人用や夫婦用、家族用などがあり、その種類や形式で費用が変わります。

永代供養のメリット・デメリットは?

ここまでで永代供養の期間や費用についてはご理解いただけたと思います。
ただし、永代供養にもメリットとデメリットが存在します。契約前に理解しておくことはとても重要なことですので、それぞれ確認していきましょう。

まずは永代供養のメリットについて確認しましょう。

霊園や寺院に遺骨の管理と供養をすべて任せられる

永代供養を申し込むと、遺骨の管理と供養は霊園や寺院に任せられます。普通のお墓のように管理も維持も必要なくなります。

お墓を建てるより費用が安い

個人でお墓を建てないため、墓石のためにかかる費用が安く、墓地の使用料も安くなるため、一般のお墓より費用が安く抑えられます。

承継者が必要ない

永代供養は、霊園や寺院が供養をしてくれるので、お墓を承継する必要がありません。 たとえ一度お墓に入ったとしても、お墓の管理をきちんとおこなってくれるので安心です。

お墓を継ぐ子供の負担を減らすことができる

お墓を継承する子供がいても、遠く離れた場所に住んでいる場合、中々お墓参りに行けない。しかし、両親が眠るお墓を蔑ろにできないことで「お墓」自体が負担になってしまうこともあります。永代供養ならば子供の負担を減らすことができます。

宗教・宗派を問わない

霊園や寺院の場合、宗教や宗派が限定されていることがあり、選ぶことができないことがあります。永代供養なら宗教・宗派は関係ありません。
しかし、運営する寺院の檀家になることが条件となっている永代供養墓もありますので、事前に確認すると良いでしょう。

生前に購入できる

永代供養墓は生前に購入することができます。ご自身の希望でご自身の没後のことを決めることができます。

次に永代供養のデメリットについても確認しましょう。

墓前の前でお墓参りをすることができない

永代供養墓の場合は、共通の大きな香炉や供花台が設置されている場合が多く、その前で線香などを焚き冥福を祈ります。そのため、墓前で手を合わせることができないこともあります。故人が眠っている場所がわかる場合でも、墓前の前まで行けない場合があります。
また、供物を置くことができないことも多く、お供えができたとしてもお供え物は持ち帰るのがマナーです。

期間が過ぎると合祀される

永代供養は一定期間が過ぎると他の遺骨と合祀されてしまいます。
個々にお墓があったとしても、期間が過ぎると遺骨は納骨堂などの合祀墓に移されます。

合祀にすると遺骨を取り出すことができない

永代供養墓に合祀されると、他の遺骨と共同の合祀墓に納められるため、遺骨を取り出すことができなくなります。あとでトラブルになることがありますので親族に相談してから永代供養墓を購入すると良いでしょう。

好きな場所に納骨できない

永代供養墓では区画が限定されており、ご自身の好きな場所に納骨することはほぼできません。

永代供養墓は増設できない

追加で遺骨を納骨したい場合は、新しく永代供養墓を契約する必要があります。

永代供養はいつまで?まとめ

今回の記事では、永代供養の期間や費用、メリット・デメリットについてお伝えしてきました。永代供養は、寺社や霊園が管理・供養してくれますので、お墓参りや管理が難しい人にとっておすすめの方法なのではないでしょうか。
ぜひとも後悔のないお墓選びに、この記事の内容がお役に立てれば幸いです。
永代供養墓普及会では、首都圏50ヶ所以上の優良寺院と提携している永代供養のパイオニアです。「このお寺だったら任せても安心」を追求し、100年以上の歴史を持つ地域社会に根差した活動を行なっている厳選した優良寺院のみをご紹介しております。
もし永代供養にご興味をお持ちいただいているようでしたら、ぜひ弊社のホームページもご覧いただければと思います。
永代供養墓普及会 https://eitaikuyou.net

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ