樹木葬の種類(個別型や合祀型の違い)

もくじ

樹木葬の種類(個別型や合祀型の違い)

樹木葬の種類(個別型や合祀型の違い)
近年、従来の墓にとらわれない葬儀の形が広がりつつあります。
その中でも、代表的なのが永代供養墓なのですが、同じような形式の葬儀の方法の中に、自然葬という葬儀があります。
自然葬とは、従来のお墓のように区画分けされた場所に墓石を建てて遺骨を納めるのではなく、自然の大地の中に故人を還そうという埋葬方法です。
この自然葬の代表的なもののひとつに、樹木葬があります。

では、樹木葬とはどのような埋葬方法なのでしょうか。
以下の内容から永代供養と比べてください。

樹木葬の種類

ひと口に樹木葬といってもいくつかの種類があります。
ここではそれぞれの樹木葬の特徴について見ていきます。

公園型(都市型)

霊園の中に作られた樹木葬のエリアのことで、都市部にこのタイプが多く見られるため都市型とも呼ばれます。
シンボルツリーを植えてその周囲に遺骨を埋葬する形のほかに、1人に1本の木を植えて墓標にする形式もあります。
複数の故人の遺骨を一緒に埋葬するか、個別の区画の中に1人だけの遺骨を埋葬するかで、さらに枝分かれします。

都市部に多いため交通の便は比較的良いのですが、樹木葬のエリアはあまり広くとれないのでその点注意が必要です。

里山型

自然の山林を生かして埋葬する方法は、里山型の樹木葬と呼ばれる埋葬法です。
ちなみに、日本で最初の樹木葬は里山型でした。
自然の山林を壊すことなく作ることができるため、里山型の樹木葬は自然環境に配慮した埋葬方法として人気があります。
里山型では、1人の遺骨に1本の木を植える方法が主流です。
この方法は広い敷地が必要になるので、都市部では難しい点にはご注意を。
また、里山型は多くの場合山林の中にあるので、交通の便があまり良くないのが難点です。

ガーデン型

ガーデニングして作られた公園型の樹木葬エリアです。
見た目は墓地には見えないので、外観的にも周囲の人に受け入れられやすくなっています。

埋葬方法による違い

樹木葬には埋葬自体の方法によっても、いくつかの種類があります。
では、その方法の違いについて見ていきましょう。

1区画に1本

公園型に多い樹木葬の形です。
霊園の中の区画に木を1本植えて、その根元に故人1人分の遺骨を埋葬します。
公園型は都市部にあることが多く、また個別のスペースを確保する必要があるため、この形式は樹木葬の中ではもっとも費用が高くなり、50万~100万円が目安となります。
それでも100万円を越えることはあまりないので、従来の供養墓よりは安くできます。

区分け型

個別型の樹木葬です。
1人のみ、または夫婦のみ、家族のみといった単位で埋葬するタイプです。
費用の目安は数十万円程度で、それほど高くありません。

合祀型

多くの遺骨を1本の木の根元に埋葬します。
合祀型といっても区画ごとに分かれており、地面に掘った穴に1人分の遺骨を埋葬しますので、他の人の遺骨と混じることはありません。
しかし、合祀型の中には、最初から他の人の遺骨と一緒に埋葬する形式もあります。
費用の目安は10万~20万円程度となり、樹木葬の中ではもっとも安いタイプとなります。

樹木葬は自然環境に配慮した埋葬法で、費用も安いというメリットがあります。
しかし、個別に埋葬しない樹木葬の場合、一度埋葬したら分骨などの際に遺骨の取り出しができないというデメリットも生じてきます。
また、樹木葬はいわゆる一般の「お墓」のイメージと異なるため、特に年齢の高い方の中には違和感を覚える人も多く、理解をしてもらうのが難しい場合もあります。

木の種類による違い

樹木葬に利用される木の種類は様々ですが、中でも一番人気があるのは桜です。
やはり日本人は桜が好きなようです。
また、桜には同時に「終焉」というイメージもあります。
桜の花が風に舞うのを見て、「見事な散り際」を連想するのは日本人独特の感性です。
おそらくこれが、樹木葬にも好まれる理由なのでしょう。

ちなみに、桜の木を植えて、その周囲に遺骨を埋葬する樹木葬を桜葬と呼ぶことがあります。
桜葬では、桜の花が咲く頃に合同慰霊祭を開いて、故人を偲ぶ催しを行う墓地もあります。

桜以外に樹木葬でよく利用されているのは、花の咲く低木です。
この中でも、ヤマツツジやハナミズキ、アジサイ、ウメモドキ、サルスベリ、バラなどが人気です。

また、最近ではカエデやクスノキといった大きな常緑樹を使った樹木葬も増えているようです。
しかし、1区画1本の場合、大きく育つ木を植える樹木葬だと、その分の土地を確保しなければならないために、費用は割高となるので注意が必要です。

まとめ

永代供養墓や他の自然葬と比べて樹木葬のメリットは、自然環境に優しいことと費用の安さにあります。
さらに、樹木葬の中には管理費をとらない墓地もあり、宗教や宗派にとらわれない点も大きなポイントで安心感にもつながるでしょう。
また、家族と一緒にペットを埋葬できる場合がある点も、ペット好きな方には喜ばれています。
墓守もいらず、生前申し込みができる墓地もありますので、これまでのお墓に比べてかなり柔軟な対応ができるのが樹木葬の魅力と言えるでしょう。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ