ある日のエーコさん家 第11話

もくじ

ささのはさーらさらー のきーばーにゆれる~♪

七夕です。
織姫と彦星に興味津々の娘、チコちゃんのお話です。

小さい頃、短冊に書いた願い事を覚えていますか?
みなさんの願いが届きますように。
ある日のエーコさん家、第11話目!
7月7日の七夕の日といえば、織姫と彦星が1年に1度だけ会うことができるロマンチックな星物語と短冊に願いを書き笹の葉につるし、星に願う日が有名です。

でも実は、日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が混ざったことが由来してるんですって。

①日本古来の年中行事「棚機(たなばた)」
②中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」
③七夕伝説

「棚機(たなばた)」は、選ばれた乙女「棚機女(たなばたつめ)」が、7月7日「七夕(しちせき)」の夜に着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれを祓うという古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事です。

そして、乞巧奠(きこうでん)は、織女星にあやかり、7月7日に裁縫が上達を願い梶の葉に文字を綴る中国の風習。

遊んでばかりで働かなくなった織姫と彦星を戒め、働くことを条件に年に一度だけ再会できる中国から伝わった七夕伝説。

これらの風習が混ざって七夕となったそう。
ちなみに、七夕の由来は諸説ありますが、「たなばた」と読むのは七と夕をとった当て字や、短冊に願い事を書くのは江戸時代に寺子屋で習字の上達のために広がり、七夕にそうめんを食べるのは「糸に似てる」「長生きできる」からだとか。七夕って奥深いですね~。

おすすめコンテンツ

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 電話相談 資料ダウンロード 見学会申込み お問い合わせ