永代供養の「永代」の意味とは?
永代使用との違いは?

もくじ

永代供養の「永代」の意味とは?
永代使用との違いは?

永代供養の「永代」の意味とは?<br class="pc-break">永代使用との違いは?
永代供養の「永代」という言葉には、「不安がないよう末永く管理する」という意味が込められています。しかし人によっては、「寺院や霊園が個々のお墓に眠る故人を永久に供養してくれる」と誤解しているかもしれません。そこで今回はこの誤解を解くため「永代」の意味を解説し、混同されやすい「永代供養」と「永代使用」の違いや永代供養の意義もご説明します。

「永代」とは永久を意味するものではない

「永代=永久」ではありません。永代供養といっても、未来永劫まで供養してもらえるとは限らないのです。

永代の意味とは?

個別供養の期間はいつまで?

現在、故人が個別に供養してもらえる期間は33回忌までが主流です。施設によっては、17回忌で終わる場合や50回忌まで続くこともあります。あるいは契約時に相談して決めるパターンも知られていますが、いずれにしても契約期間が満了すると個別対応も終わりです。
期限を過ぎた遺骨は、ほかの遺骨と一緒にひとつの埋葬場所で合祀されます。その後は合同形式の供養に変わり、各故人の命日を考慮した法要は行われません。個別に供養してもらえる期間は施設ごとに異なるので、どんな利用プランが用意されているか事前に確認しておくとよいでしょう。

「永代供養」と「永代使用」の違いは?

永代供養は、よく永代使用と混同されます。ふたつの言葉はとても似ていますが、意味は同じではありません。

永代供養とは?

永代供養とは、寺院や霊園が永代にわたり遺骨を管理しながら故人の供養を続けることです。遺骨は施設側が用意した埋葬場所に保管され、担当スタッフが責任をもって維持・管理に努めます。毎日のように埋葬場所は手入れされ定期的に供養も営まれるので、遺族が施設に足を運んでお墓を世話する必要はありません。
永代供養料は、遺骨と埋葬場所の管理および定期的に実施される供養に対して支払われる料金です。通常、契約時に一括払いすれば、その後は別途の管理料が発生しません。具体的な金額は契約内容によって変わり、一般的に個別供養の期間が長いほど高くなる傾向にあります。

永代使用とは?

永代使用とは、お墓を建立するために購入した土地を永代にわたって使用することです。あくまで墓地の使用に関する用語であり、誰かに遺骨の管理や供養をお願いするという意味は含まれません。永代使用の権利をもっていれば、その土地にいつまでもお墓を建てておけるのです。
永代使用の権利は、無条件で与えられるわけではありません。この権利を得るためには、永代使用料を支払う必要があります。ただし、お墓の維持・管理と供養は対象外です。そのため永代供養墓でなく個人でお墓を所有した場合、通常、管理料や供養のための費用が別途に発生します。

末永くお骨を管理することの意義

寺院や霊園に永代供養をお願いする意義は、無縁仏を防ぐことです。寺院が責任をもって末永くお骨を管理するため、お墓が放置される心配はありません。

永代供養の主な目的は無縁仏の防止

もともと、永代供養はお墓の後継者がいないと悩む家庭のために考案されました。最初に登場したのは、1985(昭和60)年頃といわれています。当時は出生率の低下が止まらず、少子化傾向が社会的な問題になっていました。一家に子どもがひとりという家庭も多く、お墓の引き継ぎが難しくなるケースも増えた頃です。
先祖代々のお墓があっても、子孫に継承されなければ基本的にお世話してもらえません。お寺の住職が気にかけて面倒をみるとしても一時的な対処であり、やがて放置され無縁仏になります。そんな事態を回避し、少子化が進むなかでもお墓をきちんと管理し続けるために生み出された方法が、永代供養というスタイルです。

各種負担の軽減にも効果あり

永代供養を利用すると、お墓の購入や維持・管理に付随する各種負担の軽減にも効果を期待できます。永代供養は合葬が基本であり、個人的にお墓を用意する必要はありません。遺骨と埋葬場所の管理は施設側に一任されるため、遺族は仕事に追われ忙しければ無理にお墓参りしなくて済みます。
遺族が施設を訪れなくても、供養は手厚く行われます。遺族の姿が見えないからといって、手を抜かれることもありません。心を込めて冥福を祈ってもらえるため、なかなかお墓に足を運べないと気に病まなくて大丈夫です。このように永代供養は経費や時間の節約につながり、お墓参りできないという精神的負担も和らげてくれます。

まとめ

永代供養を選べば無縁仏になる心配はなく、ご家族の負担も軽減できます。これらの特徴が、現代のライフスタイルにも適した供養方法として広く受け入れられている大きな要因です。ただし言葉の意味を取り違えると、トラブルにつながるかもしれません。希望通りの契約をかわすためにも、正しい使い方を理解しておきましょう。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ