永代供養の期間に期限はあるのか

エータイが厳選した
50カ寺以上の優良寺院カタログ

1分で完了!
プレゼントフォームを開く

もくじを開く

年々社会の認知度も高まり、徐々に利用者が増えつつある永代供養墓。

価格も従来のお墓と比べて割安なことから、お墓の購入を検討されている方から注目を集めています。

ところで、永代供養墓は供養の期間に期限はあるのでしょうか。

「永代」という名前から、「永久」に供養してもらえると思ってしまいそうですが、もし永久でなければ、期限が切れたら遺骨はどうなるのでしょうか。

この記事では、永代供養の期間について解説いたします。

エータイでは、50以上の厳選寺院と提携し、お客様のご要望にあわせた永代供養墓・樹木葬をご案内しております。

どのようなお墓があるのか見てみたいという方は、こちらのフォームから資料をダウンロードください!


無料資料請求
首都圏を中心に50以上の寺院の永代供養墓をご紹介する資料集です。永代供養墓の種類や料金プラン、寺院の特徴などを詳しくご紹介しております。ぜひお気軽にご覧くださいませ!

ご紹介寺院のエリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、岩手


また、永代供養については以下の記事でも詳しく解説しています。

永代供養の期間に期限はあるのか

永代供養の安置期間には期限があるため、永代という名前がついていますが、「永久」という意味ではありません。

あくまでも、霊園や寺院が決めた一定期間に限って、遺骨の管理と供養を引き受けてもらえるのが永代供養です。

では、どのくらいの期間管理してもらえるのかというと、永代供養墓で遺骨を安置しておけるのは「17回忌」「33回忌」「50回忌」などの区切りまでとしている寺院がほとんどです。

この中で一番多いのは33回忌ですが、中には50回忌以上保管することが可能な寺院もありますので、契約時によく確認すると良いでしょう。

安置期間(契約期間)が切れたらどうなるのか

遺骨を安置する期間が過ぎると、多くの霊園や寺院では、他の人の遺骨と一緒に合祀することになります。

しかし、合祀されると供養してもらえなくなるわけではありません。

永代供養では、合祀されたあとも継続して供養してもらえるのが一般的です。

永代供養の施設では、合祀する前は管理費を徴収するところもありますが、合祀されたあとは管理費等はかからなくなります。

ただし、命日や年回忌などの供養を行う場合は、別途料金が必要となります。

管理・供養が必要ない永代供養墓をご検討中の方は、よろしければ以下の資料も合わせてご確認ください。

無料資料請求

安置期間中の管理

永代供養の遺骨の安置期間に霊園や寺院で実施している管理範囲は、施設ごとに異なっているのが実情です。

共用部分の維持と管理

共用部分の清掃や修繕、水汲み場などの管理は当然ながら霊園や寺院が管理してくれます。

また、従来のお墓の場合、個々のお墓(墓石)の管理は個別でしなければいけませんが、永代供養墓の場合はお墓部分も共用施設となるため、お墓の管理も霊園や寺院がおこないます。

供養の回数

永代供養墓での供養の回数は、施設によって異なります。

毎日回向を行う施設もあれば、毎月法要を行う施設もあります。

中には供養祭を年1回だけ行う施設もあります。

これは永代供養墓の価格にもよりますが、宗派や施設管理者の考えによって変わることもあります。

また、特別に料金を上乗せすることで、法要の回数を増やせる施設もあるようです。

納骨法要

永代供養墓を契約する際は、多くの場合宗派を問われることはありません。

しかし、納骨法要をする場合は、霊園が属する宗派や寺院の宗旨に沿った形式で行われる場合がほとんどです。

そのため、特定の宗派のお経をあげてもらいたいなどの要望がある場合は、それが可能かどうか永代供養墓を申し込む前に、しっかり確認しておく必要があります。

個人でやるべきこと

永代供養墓の場合、個人でしなければならないことは、定期的に墓参りをして先祖の霊を慰めることです。

それ以外のことは、すべて永代供養墓の施設で行ってくれると考えて良いでしょう。

お墓の形式は違いますが、永代供養であっても、先祖に対する畏敬の念は変わらず持ちたいものです。

そのためにも、定期的にお墓参りに行くように心がけましょう。

お盆やお彼岸にお墓参りするのはもちろんですが、できれば故人の月命日にもお参りするようにしたいものです。

従来のお墓は郊外にあることが多いために、毎月お墓参りするのは大変ですが、永代供養墓は街中や駅の近くにあることも多いので、比較的お墓参りしやすいという便利さがあります。

霊園や寺院での管理内容については、それぞれの施設によって異なるので、契約時にしっかり確認することが大切です。

まとめ

永代供養の遺骨の安置期間には期限があり、多くの場合、「17回忌」「33回忌」「50回忌」などの節目を期限としています。

契約期限が切れると遺骨は合祀されますが、供養は永代にわたって行ってもらえるのが一般的なので安心です。

なお、永代供養墓は従来のお墓にくらべて費用が安いことから、年々利用者が増えています。

そのため新規顧客獲得のために、永代供養墓の施設ではさまざまなサービスを展開するようになりました。

たとえば、生前に戒名を授与するサービスや、位牌供養のサービスなどを行う霊園や寺院も出てきています。

今後こういったサービスはますます増えていくことが予想されるので、永代供養墓を求める場合は、契約期限だけでなく契約期間中の管理やサービスについて、事前によくチェックすることをおすすめします。

エータイでは、首都圏を中心に50以上の厳選寺院の永代供養墓をご紹介しています。

当社でご紹介する永代供養墓は、安置期間を定める合祀タイプや、合祀されることなく永代にわたり個別で利用できる個別タイプなど、ご要望に合わせて様々なプランをご用意しています。

どのタイプのお墓も年間管理費不要で管理・供養をお任せできる永代供養墓ですので、お墓の維持費をかけたくない方や家族に迷惑をかけたくないという方にもおすすめです。

もし現在お墓選びをご検討されていたり、お墓についてお悩みでありましたら、エータイがご紹介する寺院をおまとめした資料を参考にしてみてください。


無料資料請求

首都圏を中心に50以上の寺院の永代供養墓をご紹介する資料集です。永代供養墓の種類や料金プラン、寺院の特徴などを詳しくご紹介しております。ぜひお気軽にご覧くださいませ!

ご紹介寺院のエリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、岩手


最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめコンテンツ

よく選ばれているお寺

お墓のことなら、
累計利用者数
18,000件以上の
エータイにおまかせください。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

ピンアイコン お墓を探す 郵便アイコン 資料ダウンロード 郵送資料請求 テレフォン 電話相談