海洋葬とは?メリットや注意点を正しく理解しよう

もくじ

海洋葬とは?メリットや注意点を正しく理解しよう

海洋葬とは?メリットや注意点を正しく理解しよう
壮年世代の終活(しゅうかつ)が主流となりつつあり、自身の死後も「自分らしさ」を尊重してもらえるよう、葬送方法を細やかに指定する人が多くなってきています。
この中でとくに「海洋葬(かいようそう)」を選択する人が増えています。
そこで、海洋葬のメリットや、法律上の問題の有無などについてまとめました。

海洋葬とは

海洋葬とは、遺骨を海に散骨し故人を供養する葬送方法を指しています。
一般的にはクルーザーを外洋に出し、セレモニー(司会者による故人を弔うための儀式)を行った後に散骨をします。
その後、散骨場所周辺をクルージングして終了となります。

立会者として遺族が海洋葬に参加できるプランや、業者に散骨を委託するプランがあります。
またオプションをプラスすることも可能ですので、故人の希望の他、かかる費用などを踏まえてプランを検討しましょう。

費用の目安


海洋葬の費用はそれぞれのプランによって異なります。
散骨のすべてを委託するプランが一番安く、合同葬やチャーター船による個別葬など、プランのグレードをあげることによって費用が高くなります。
そのため、費用は3万円台~40万円台が目安となります。

この他に、業者ごとに差別化を図るため、打ち出しているオプションをプラスすることで追加料金がかかることもあります。
海洋葬は故人を送るための儀式として捉えられていますので、以下に海洋葬のメリットとデメリットをご案内します。遺族が納得できる方法を選ぶことが大切です。

海洋葬のメリットとは

①故人が自然の源である海に還ることができる
②墓地や墓石を購入するより費用かけずに供養ができる
③故人の希望を尊重した供養方法である
④お墓が用意できない・お墓を世話してくれる人がいない場合でも安心できる葬送法

海に還る、安価に供養ができるといったメリットが先行します。
お墓の場合、永代供養の利用料の他にも年間管理費がかかることがあります。
これを考えると、費用面のメリットは大きいでしょう。
また自身の死後、将来的なお墓の行く末を案じることもなくなります。

どういう方が向いているのか


海洋葬は自然を愛する心が強い方が、死後の葬送方法に選ぶ傾向にあります。
「人は水から生まれた」「人類の母は海だ」など、水がすべての起源であるという考え方もあり、自然回帰を考えている方が「墓所で閉じ込められるよりも海に還りたい」と願うことがあるようです。
壮大なイメージがある海の一部に還ることを考えると、今を生きている人間にとって「死後のイメージ」を前向きに捉えやすくなります。

このため、海洋葬は自身に直面するであろう死後のイメージを明るくしたい方や、釣りが好き、海に関わる仕事やスポーツをしていた、とにかく海を愛していたという方に向いています。
そのような方たちにとっては死後も好きであった海に包まれ、安心して眠ることができる、という大きなメリットが海洋葬にはあるのです。

海洋葬のデメリット・問題点

①散骨場所によってはトラブルが発生する可能性がある
②法律により遺骨を粉砕し粉状にしなければ撒くことができない
③墓地への埋葬や樹木葬などと異なり、墓標がないため、遺族にとって心のよりどころがない
④遺族にとって、「故人=海」という抽象的かつ漠然としたイメージしか残らない可能性もある

海洋葬の場合、火葬にした遺骨を粉状に粉砕して散骨することがルールです。
散骨自体は法律や法令で縛られておらず、自由度が高い葬送方法なのですが、モラルやマナーが重視されているに注意しましょう。
また、樹木葬にと比べると「散骨場所」に遺骨がとどまることはありません。
そのため、たとえ故人の希望が「海の一部に還りたい」ということであっても、遺族にとっては「広い海のどこかに故人がいるけれど、散骨場所に故人のかけらはないであろう」という、漠然としたイメージしか残らなくなる可能性があります。

法律上はグレーゾーンと言われることも


法律上、遺骨のまま撒くことはできませんが、粉状にした遺骨や遺灰は土の上や海に撒くことができます。ですから、自然葬の場合は必ず粉状にすることが前提となるのです。
ただし粉状のものであっても、土の中に埋める=埋葬にあたりますのでご注意を。

散骨が法に触れる行為ではないとしても、人骨に対する感情は人それぞれです。
海洋葬の場合、漁場や遊泳地域近くで散骨を行うことは風評被害を招くことにつながります。
そのため、外洋に出て散骨を行うのが一般的です。

また、不法投棄や海洋汚染につながる場合もあるため、散骨時には、少量の酒や花びらなど自然に還る物のみがたむけられます。
このような事情から、個人で散骨を行うことはせず、海洋葬に関して知識を有した業者に依頼することが大切です。

海洋葬として海洋散骨を行う業者も増えていますが、人の運送をする散骨事業を行う場合は、国土交通省に対し「内航不定期航路事業」の届け出申請を行い、許可を得る必要があります。
遊漁船業者登録のみでは散骨事業者としてみなされていないのです。
ですから、内航不定期航路事業の許可を得ていない業者は違法操業となりますので、業者選びも慎重に行う必要があります。

まとめ

海洋葬は故人の遺志を尊重できる葬送方法です。
マナーやモラルを守ることで正しい形で故人を見送ることができます。
しかし、散骨は第三者の目に触れにくい外洋に出て行うことが大切です。
そのため、海洋葬に対する知識を持ち、国の許可を得て安全に海洋葬を行える業者を選びましょう。

海洋葬を行うことで、遺族にとって大切な人が壮大な海で輪廻を待つことができると捉えることができます。故人にとっても遺族に今後、墓地の管理といった迷惑をかけず、自身は大きな「人類の母」である海に回帰できる、といった大きなメリットがあります。
散骨に対して色々な捉え方がなされる海洋葬ですが、生前から海洋葬に対する知識を深めることで、遺族も納得の上で海洋葬に取り組むことができるでしょう。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ