合葬墓とは?永代供養墓や納骨堂との違い、メリットデメリットを解説

もくじ

近年では合葬墓と呼ばれる形式のお墓を検討する方が増加傾向にあります。
その背景には少子高齢化や高齢者の一人暮らしが増加していることなど、社会構造の変化が影響していると考えられています。
今回の記事ではそのような状況を踏まえて、合葬墓とはなにか、永代供養墓や納骨堂などその他のお墓との違い、合葬墓のメリットデメリットを解説させていただきます。
お墓選びに関心をお持ちの方は是非とも参考にしてみてください。

全国的に合葬墓が広がっている

最近、全国の自治体で合葬墓を整備する動きが広がっています。

神戸市では2018年度に2億円の予算を投じて、市営の合葬墓を新設いたしました。
個別安置用とあわせて約1.2万柱分のお墓を整備しており、最初の枠として18年の7~8月に560柱分の募集をかけたところ、倍率5.6倍の応募があつまったそうです。
また同市がおこなったアンケートによると、アンケート対象者のうち約25%が現在のお墓を閉じる墓じまいを検討しており、さらに約50%が納骨堂や合葬墓形式の墓を希望しているとのことです。
その背景には特に高齢者の一人暮らしが増加していることがあると考えられます。
内閣府のホームページで公開されている総務省の国勢調査結果によると、1980年には一人暮らしの高齢者男性は全体の4.3%(約19万人)、女性は11.2%(約69万人)だったのに対して、2015年には高齢者男性の13.3%(約192万人)、女性の21.2%(約400万人)にまで増加しています。

また今後さらに少子高齢化が進むことで、この傾向が拡大すると予想されます。
2015年時点の65歳以上の方の割合は25.2%であるのに対して、2050年には32.3%まで約7%も増加すると予想されているためです。

以上の理由から、合葬墓のようなタイプのお墓は今後さらに需要の拡大が予想されます。

合葬墓とは

あらためて合葬墓とはなにかを確認しておきましょう。
そもそも合葬とは骨壷から遺骨を取り出して他の方の遺骨と一緒に供養することで、合葬墓とはそのように合葬した遺骨を共同で供養するためのお墓のことを指します。
他にも様々な呼び方が存在し、合祀墓や合同墓、後述する永代供養墓や納骨堂とも混同されることがあります。
合葬墓は金銭面など様々な理由からお墓を購入できない方や、以前は通常のお墓を利用していたが墓じまいをして遺骨を移した方などが利用しています。
また墓地管理者によって寺院墓地、民営墓地、公営墓地が存在します。
場所によって偏りはありますが、寺院墓地がもっとも供養は手厚い一方費用は高く、民営が真ん中あたりで、公営墓地が供養は最低限の代わりに価格が安いという特徴があります。

永代供養墓や納骨堂との違い

合葬墓とよく混同される永代供養墓や納骨堂とはどのような違いがあるのでしょうか。

永代供養墓との違い

合葬墓と永代供養墓は、他の方の遺骨と一緒に埋葬する点では共通しています。
しかし永代供養墓の場合、17回忌や33回忌などに期間を区切って、遺骨の個別保管期間を設けていることがほとんどです。
他にも永代供養墓は、石碑の周りに家族や夫婦ごとで区画を区切って埋葬する集合墓タイプや、骨壷に遺骨を入れたまま個別の安置所に埋葬する個別墓タイプなど様々な種類が存在します。
また寺院が運営する永代供養墓の場合は、合葬墓よりも供養の回数が多かったり、内容も手厚かったりすることが多いです。
このように永代供養墓はその種類や墓地管理者によって大きく異なるため、合葬墓よりも意味するところが広いといえます。

永代供養墓についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

納骨堂との違い

納骨堂との違い納骨堂は合葬墓とは異なり、通常のお墓と同様に個別に供養するのが一般的です。
通常のお墓が野外に設置された墓石の下に遺骨を埋葬するのに対して、納骨堂では室内の専用スペースに安置します。
合葬墓は遺骨を他の方と一緒に埋葬してなおかつ、遺骨を骨壷に入れずに埋葬することが多いのでその点で大きく異なります。

納骨堂についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。


ここでご紹介したそれぞれの違いはあくまで一般論になります。
実は合葬墓、永代供養墓、納骨堂には明確な区別はなく、たとえば永代供養付きの合葬墓や永代供養付きの納骨堂という言い方も存在します。
実際にご検討されるときには、それぞれの管理者に問い合わせて内容を確認することをおすすめします。

合葬墓のメリットとデメリット

最後に合葬墓を検討する上で知っておきたいメリットとデメリットを整理しておきます。
これから実際に合葬墓を検討されている方は、必ず目を通しておいてください。

合葬墓のメリット

・価格が安い
合葬墓のメリットとしてはなによりもまず、価格が非常に安いということが挙げられます。
通常のお墓とは異なり墓石を必要とせず、戒名料やその後の管理費などもかからないところが多いため、1柱10万円ほどで利用することが可能です。
もちろん場所によって土地代や供養の内容も変わるため費用は見積もりを確認してもらいたいところですが、それでも一般のお墓より高くなるということはほとんどないでしょう。

・継承者がいない方でも利用可能
合葬墓にはもともと通常の寺院や霊園のお墓で供養されていたけれども、管理する人がいなくなっていわゆる無縁仏になってしまった遺骨も埋葬されます。
このように合葬墓はお墓を継承する人や墓守がいない方でも供養を依頼できる場所としての機能もあります。
ご自身も同様のお悩みを抱えていらっしゃるようでしたら、合葬墓の利用はおすすめです。

・遺族がお墓参りすることはできる
他の方と一緒とはいっても、基本的に合葬墓には専用の参拝スペースが用意されており、遺族の方はそちらでお参りすることも可能です。
そのため合葬墓は、必ずしもお墓の継承者がいないというわけでなくとも、亡くなった後お墓のことで遺族に面倒を掛けたくないという方にも利用されます。

合葬墓のデメリット

・他人と同じお墓に埋葬される
日本人にとってお墓に一緒に入るということは、特別な意味合いを持つものになります。
当たり前ですが、合葬墓では他人と同じお墓に骨壷からも取り出して、遺骨のまま埋葬されることになります。
そのことについて契約前に今一度深く考えた上で、もし本当に何の後悔もしない自信があるのであれば利用するのが良いでしょう。

・あとで遺骨を取り出すことができない
こちらは自分が入るお墓というよりも、いまのお墓を墓じまいをするときに検討するべきポイントです。
もしいま先祖代々受け継いできたお墓をお持ちであり、そのお墓から合葬墓に移した場合は、あとでまた遺骨を取り出して家族のお墓を建てるということはできません。
というのも合葬墓の場合では遺骨を骨壷から取り出して、他の方の遺骨と一緒に埋葬するため、あとでどれが親族のものか判断できないためです。

・家族や親戚との相談が必須
先述した二点とも絡むことではありますが、合葬墓は利用者が増えてきたとはいえ、まだまだ一般的なお墓ではないため、利用する場合には自身の家族や親族ともきちんと話し合うことが必須でしょう。
お墓に対する考え方は人それぞれであるため、一人で全て決めてしまうと後々トラブルになってしまう可能性もあります。
家族や親族みんなでしっかりと合意した上で選択することをおすすめします。

まとめ

時代の要望に応えて注目されている合葬墓ですが、メリットばかりに注目するのではなく、デメリットも踏まえて客観的に検討する視点が重要です。
また永代供養墓や納骨堂など、合葬墓と同等か場合によってはそれ以上のニーズに応えることができるお墓も存在しています。
最近は本当に様々なタイプのお墓が存在しているため、合葬墓だけに絞らず他のお墓についてもしっかりと検討した上で選ぶことをおすすめします。

永代供養墓普及会では、全国の優良寺院だけを厳選して、お客様一人ひとりにあったお墓をご提案いたしております。
もし現在お墓のことでお悩みのようでしたら、お墓や終活に関する有益な情報をご提供させていただきますので、ぜひ一度お問い合わせいただけますと幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ