樹木葬の墓石の人気のデザインと後悔しない選び方

もくじ

昨今少子高齢化が進むにつれて「終活」という言葉が広まったため、お聞きになられたことがある方も多いでしょう。
しかし近年そのブームの中で埋葬方法も多様化していることをご存知でしょうか?
その中でも最近話題となっている埋葬方法に「樹木葬」という方法があります。
今回はその樹木葬について、人気の種類や後悔しないための選び方などをご紹介していきます。

樹木葬とは?

お墓は墓地や霊園にある墓石のもとに遺骨を埋葬するのが一般的ですが、樹木葬とは墓石ではなく樹木を墓標の代わりとしたお墓のことを指します。
一般的なお墓を購入するよりも金銭的なメリットがあり、また自然の中に還ることができるため自然志向の方々に人気があります。
樹木葬について詳しく知りたいという方は以下の関連記事をご覧ください。

樹木葬の種類とデザイン

樹木葬には大きく分けて2つの種類が存在しています。

①里山型
里山形は里山の山林のような美しい自然に包まれた環境で埋葬する方法を指します。
デメリットとして環境保全のため管理費が発生することが多いですが、埋葬場所の土地開発がかからないため、購入コスト的に樹木葬の中で安いことが挙げられます。

②公園型
公園型は主に都市部の墓地の敷地内やその近辺にて整然と美しく区分けされた墓地を設けて、そこに樹木や美しい草花を植えて埋葬する方法を指します。
この形式の特徴としては立地が良い点が挙げられます。
アクセスが良いためご遺族の方もお参りしやすいという点でオススメです。
また里山型と比較してお墓の場所自体も整備がされているため、埋葬場所もわかりやすいです。

また樹木葬の種類には埋葬方法による違いも存在します。

①合祀型
墓標となる木の下に複数の遺骨をまとめて埋葬する方法です。
デメリットとしてまとめて埋葬するため遺骨を埋葬した場所が特定できないことが挙げられますが、その分のメリットとして料金はリーズナブルです。

②個別型
個人や夫婦、家族など特定の単位ごとに区分けされた埋葬場所が用意されており、遺骨を区別して埋葬できるタイプです。
金額的には合祀型よりも高くなる傾向があります。

③集合型
合祀型と同様に複数の方のご遺骨を埋葬する方法です。
合祀型と異なるのは、埋葬する場所の区画を個別に分けて埋葬するため、埋葬した場所が合祀型に比べると明確でわかりやすい点が特徴です。
料金も合祀型と個別型の間くらいになります。

樹木葬のメリットデメリット

樹木葬のメリットデメリット
種類豊富で様々なニーズに応える樹木葬ですが、以下のようなメリット・デメリットもあります。

メリット

・亡くなった人の想いを尊重できる
自然の中に最後は還りたいという思いだけでなく、遺族に負担をかけたくないなどの様々な想いを尊重することができます。
自らの死後の埋葬場所や埋葬方法についてこだわりや想いがある方には最適です。

・緑や花の中など自然の中で眠ることができる
樹木葬では亡くなった人が好きだった木の下や自然の中に眠ることができます。
そのため亡くなった後は自然に還りたいという人にはおすすめです。

・一般的なお墓を建設するよりも費用が安い。
樹木葬は管理費等がかからないこともあり、費用が安いです。
具体的にお墓建設費は平均200万円ほど樹木葬については平均70万円ほどと約3倍ほどの違いがあります。

・継承者を必要としないため、次の世代に負担をかける心配がない
樹木葬は基本的には一代限りのお墓となるため、継承者を必要としません。
また管理についても一定期間管理者による管理が行われた後には寺院や霊園が管理を行ってくれる事が多いです。
そのため次の世代に負担をかける心配はないでしょう。

デメリット

・永代供養に比べると費用がかかる
樹木葬の以外にも近年人気のお墓に永代供養があります。
こちらに比べると費用はやや掛かりますが、とはいえ通常のお墓と比較すると樹木葬もリーズナブルなことは確かです。

・遺骨が土に還ってしまった際、後から分骨や墓じまい・改葬することができない
自然の中に還るという方法上、時間が経てば当然ですが骨は土に還ってしまいます。
後から遺骨を取り出して、お墓を移すということはできません。

・交通の便が悪い場所が多く、誰しもが行きやすい環境ではない
樹木葬の種類によりますが、自然が主となる埋葬方法のため、比較的アクセスの悪い場所に存在することが多いです。
そのためお年寄りの方や、お体が不自由な方は参拝が難しいなどの弊害が出る可能性があります。

・埋葬方法の種類によるが、故人の眠る場所が分かりづらい場合がある
こちらも場所によっては墓標とする樹木がわからなくなってしまい、実際に故人がどこに眠っているのか判断が難しい場合があります。

・樹木を墓標とするタイプは、樹木や植物が成長をしていくためお手入れ(年間管理費)が必要
基本的には管理費がかからない樹木葬ですが、種類によっては年間の管理費がかかります。そのため、自らの状況やニーズに合わせた樹木葬を選ぶことが必要でしょう。

樹木葬がおすすめの人は?

樹木葬がおすすめの人は?
以上に述べたメリット・デメリットから樹木葬がおすすめの人は以下のような方でしょう。

・「自然に還りたい」「自然の中で眠りたい」といった自然志向のある方
樹木葬では自然の中にお墓があることや埋葬方法の特質として、ほとんどの場合遺骨が土に還るため、自らの死後自然の中に還りたいと考えている方には最適です。

・「お墓はいらない」という考えている方
費用的な観点や遺族等へのご負担を考えて従来の一般的なお墓が不要だと考えている方には向いているでしょう。

・お墓の後継ぎがいないが、永きにわたって供養してもらいたいと考えている方
お墓に埋葬後の後継者がいない方や、死後永く供養してもらいたいと考えている方にとって、管理の手間なく、供養をお寺が代替してくれる樹木葬は適していると言えるでしょう。

・自らのお墓で遺族に迷惑をかけたくないと考えている方
一般的なお墓ではお墓の建設費用に加えて管理費用や維持費用など遺族に負担がかかってしまうことも少なくありません。
樹木葬ではほとんどの場合管理や維持に費用がかからないこと、また一般的なお墓に比べて費用も安いため、遺族に迷惑をかけたくないと考えている方には適している方法の一つでしょう。

後悔しない樹木葬の選び方

後悔しない樹木葬の選び方
樹木葬を選ぶ際には以下の項目に注意して選ぶのが良いでしょう。

・自らが持っているイメージとズレがないかどうか
実際に自らが考えている樹木葬のイメージと大きく乖離がないか、自らの想いを実現できる場所なのか、想定イメージとのズレがないようにすることが良いでしょう。

・特定の宗教のしばりや制限がないか
基本的には樹木葬には宗教や宗派のしばりや制限がないことが多いです。
しかし中には宗派や宗教を問われることがあります。
その場合、受け入れを許可してもらえないこともあるので事前に調べておくのが良いでしょう。

・場所や形は適切か
樹木葬の場所がどこにあるのかも重要な要因となります。
いくらご自身が気に入った場所や眺望の美しい場所だとしてもお墓参りに行くことが困難な場合はよくあります。
自らの希望と家族の希望両方を踏まえて選択することが望ましいでしょう。

・形式(個別なのか集団なのか)
形式によってもかなり特徴が分かれます。
ここも費用面やその他の観点を踏まえてどの形式がご自身、家族にとってベストなのかを判断し選択するのが良いでしょう。
いくつか選択の際に参考にすべきことはありますが、特に検討すべき項目でしょう。
不安なことがあればお見積りの段階で聞いてみるのも一つの方法です。

樹木葬のトラブル事例

お墓は一生に一度のお買い物であるため慎重に検討する必要がありますが、運の悪いことにトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
最後に樹木葬のよくあるトラブルを確認することで、そういったことに巻き込まれないようにしておきましょう。

・管理費を生前から請求されてしまった
場所によりますが、中には生前契約の場合管理費を生前から払わなければならない霊園もあります。一般的なお墓に比べて管理に手間暇かつ費用がかかるという樹木葬の性質上によるところではありますが、親族も合わせ事前に確認を行ったほうが良いでしょう。

・交通の便が悪い
樹木葬ではよくあるケースです。ご自身の独断で埋葬場所を選択してしますとその後の遺族の方からするとお墓参りなどで負担になることが多々あります。ここも事前に親族には相談の上同意を得ておくことが望ましいでしょう。

・檀家になることになってしまった
以前は檀家になることが一般的でしたが、樹木葬では多くの一般的なお墓と異なり檀家になる必要がない場所も多いです。しかし中には入檀をを求めるお墓があることも事実のため予め確認しておくことが必要でしょう。

・樹木の手入れが大変だった
樹木葬は自然の中に埋葬するという形式上、手入れがかなり大変かつ煩雑となりがちです。具体的には雑草の処理や落ち葉拾いなどがありますが、自然の中にあるという性質上通常のお墓参りにくらべて手入れの手間は相当なものとなります。場所によってはそういった管理についても対応してくれる場所もあるためご自身、親族のニーズに合わせて場所を選択することが良いでしょう。

・距離や天候の問題で気軽にお参りできない
特に里山型の樹木葬の場合墓地が山の中にあることもあり、通常のお墓参りに比べると距離や天候や服装などにも意識を配る必要があります。独自のルール等があるところもあるので、親族の状況や希望も踏まえて場所や形式を選択することが必要でしょう。

・一度の埋葬した後取り出すことが困難だった
樹木葬では遺骨をそのまま土の中へ収める方法が一般的となります。そのため合祀や共同埋葬などの方法をとった場合一度埋葬すると該当する遺骨をその後取り出すことは困難となります。中には骨壷にいれた状態で埋葬する樹木葬も存在しますが、事前に形式含め親族とも認識を揃えておくことが望ましいでしょう。

・家族の理解を得ることが難しかった
ご家族とのトラブルはよくあるケースです。親族に言わずに購入等をしてしまった場合親族の意向と異なる場合トラブルに繋がります。費用的にも管理費等は誰が払うのかなども含め事前に親族には相談の上同意を得ておくことが望ましいでしょう。

まとめ

今回は樹木葬の種類やデザインから後悔しない選び方について見てきました。
一生に一度のお墓選びですから後悔しないように慎重に検討するようにしましょう。
また永代供養墓普及では以下のように本当におすすめできる樹木葬のみをお取り扱いしております。

・管理費のかからない樹木葬(自然葬)
・石の墓誌なので、故人の眠る場所がわかる
・お参りしやすい高環境
・宗旨・宗派を問わない
・生前にお申し込みも可能

もしお墓選び、樹木葬選びにお困りでしたら、是非一度お問い合わせいただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ