お墓を改葬するときは、こんなトラブルに気をつけたい!

もくじ

お墓を改葬するときは、こんなトラブルに気をつけたい!

お墓を改葬するときは、こんなトラブルに気をつけたい!
最近は様々な理由からお墓を改葬する人が増えていますが、同時に改葬をめぐってトラブルが生じるケースも目立ち始めています。お墓を移すときは各種の手続きが必要になるので、できるだけ面倒には巻き込まれたくありません。そこで今回はお墓を改葬するときに起こりがちなトラブルをご紹介し、問題を避けるための対処法についてもご説明します。代々のお墓から永代供養に切り替える際は、以下の点に注意してください。

親族や住職とのトラブル

先祖代々のお墓を改葬するときは、親族だけでなく檀家を離れる寺院の住職とトラブルになる場合があります。

親族とのトラブル

先祖代々のお墓を改葬するとなれば、親族全体に関わる問題です。親族は誰でも、これまで自分たちが守ってきたお墓を大切に思っているでしょう。それを改葬するとなると、簡単には同意を得られなくても不思議はありません。
法律上は、墓地の使用権を持っている人の判断で改葬できます。それでも多くの場合、親族はそれぞれお墓に自分なりの思い入れを持っていると考えられます。その点を考慮せず周りの承諾がないまま改葬したら、快く思わない人も出てくるでしょう。そのため、親族に何の相談もなくお墓を移転すればトラブルに発展しやすいといえます。

住職とのトラブル

寺院にとって改葬は、経済的な影響が小さくありません。ひとつの檀家が離れるだけでもお布施による収入額は少なくなるので、好ましい事態とはいえないのです。場合によっては、その穴埋めとして高額な離檀料を請求されるケースもあります。
そして、問題はお金以外の所でも出てきます。数世代に渡るお墓であれば、その家族と寺院との付き合いも決して短くなかったと考えられます。寺院は、長い間お墓を世話してきたのです。馴染みのあった家族から「改葬します」とだけ伝えられたら、なかなか受け入れられなくても仕方ないかもしれません。
親族はお墓にさまざまな思いを抱いており、寺院も大切に管理してきたと自負しているでしょう。改葬するときは、できるだけ多くの人の気持ちに目を向けたうえで対処したほうがトラブルを回避できるでしょう。

費用の問題も避けられない

お墓を改葬する際、費用の問題は避けて通れません。色々な場面で出費があるので、どんな経費が発生するか事前にしっかり把握する必要があります。

お世話になった寺院に納める費用

お墓の改葬とともに自分たちが檀家をやめる場合、お世話になった寺院には離檀料を納めます。寺院の格式や付き合いの長さによって金額は変わるといわれますが、一般的には法要のときに渡していたお布施と同程度であれば問題ありません。相場の上限は20万円前後であり、これだけ納めれば十分に感謝の気持ちは伝わるでしょう。
ただし近年は、全国的に改葬する件数が増える傾向にあります。とくに都市部から遠く離れた地域の寺院は、檀家からの収入が減り多少なりとも経済的に苦しくなっています。高額な離檀料を請求される、あるいは離檀を拒否される可能性もあります。困ったときは檀家のまとめ役に相談するのが良いでしょう。

お墓の移設にかかる各種費用

お墓の移設では、通常、古いお墓の撤去と新しいお墓の設置のいずれも石材店に依頼します。ここには古い墓地を更地に戻す作業まで含まれるので、ある程度の工事費用が必要です。不慣れな業者は作業中に周囲の墓石を破損する恐れがあるため、業者選びも重要になります。
そのほかには、遺骨の運搬費や新しい墓地の利用料、また必要書類を提出するための交通費などが発生します。一通りの費用は、改葬後も墓石を用意すると200~300万円ほど、墓石を持たないスタイルを選んだ場合には50~100万円に抑えられる可能性があります。
予算を節約したい時は、墓石を購入する必要がない永代供養や自然葬を検討してみてもよいでしょう。

トラブルを避けるための対処法

トラブルを避けるためには、改葬する前に親族や寺院の住職とよく話し合うことが良いでしょう。

親族との話し合い

親族との話し合いでは、お互いの気持ちを尊重することが大切です。基本的に改葬する人は、軽い気持ちでお墓を移そうと考えているわけではありません。毎年のお墓参りが難しく、きちんとお墓を守っていくために自宅から通いやすい場所に改葬したケースが多くみられます。
改葬に反対する人も、これらの事情を理解できないわけではありません。実家を離れている人は、お墓を世話する大変さがよく分かっているでしょう。それでもお墓や昔からお墓のあった土地に愛着を感じていれば、移設に抵抗を覚えるのは自然な反応と考えられます。
たいていの場合はそれぞれに言い分があるので、じっくり時間をかけて話し合う姿勢が欠かせません。

住職との話し合い

改葬したいと寺院に相談する場合、どんな事情があるか説明するだけでは納得してもらえない可能性があります。とはいえ、改葬では閉眼供養や「埋葬証明書」の発行が不可欠です。スムーズに手続きを進めるために、住職との話し合いは穏便に済ませたいところです。
まず心がけたいポイントは、電話でなく顔を合わせて話すことです。あまり時間がなくても、寺院まで足を運んだほうが印象は良くなるといわれています。なぜ改葬する必要があるか、誠意を持って丁寧に話すことも重要です。何より、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちは忘れずに伝える必要があります
住職との話し合いも、すぐに結論が出るとは限りません。お墓の改葬を検討する際には、親族だけでなく寺院にも早めに相談することをおすすめします。

まとめ

先祖代々のお墓は、寺院との付き合いを含めて長い歴史を持っているものです。どんな理由があるにしても、お墓を移すとなれば各種のトラブルを引き起こす可能性は否定できません。親族や寺院と気持ちがすれ違ったままの改葬は決して望ましくないため、事前の話し合いや費用の確認はとても大切といえます。永代供養墓に切り替える際も改葬が必要な場合があるため、十分注意してください。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ