永代供養はどんな人と相性がよい?

もくじ

永代供養はどんな人と相性がよい?

永代供養はどんな人と相性がよい?
永代供養は、これまでとは異なる新しい方式を取り入れた埋葬方法です。お墓に対する考え方は人それぞれであり、それによって永代供養が向いているかどうかが分かれてきます。永代供養との相性がよければ、あまり違和感を持たずに利用できるでしょう。そこで今回は、どんな考え方の人が永代供養を受け入れやすいかご説明します。

永代供養の基本的な特徴

永代供養は、とくに個人のお墓が用意されない仕組みです。利用者は、あらかじめ自分用のお墓を購入する必要はありません。

永代供養に該当する基本条件

現時点では永代供養をほかの埋葬方法から区別する基準は明確に定義づけされていませんが、今のところ以下の3点が基本的な条件といわれています。

1. お墓を継承する人がいなくても申し込める
2. 利用者が生きているうちに契約できる
3. 施設側が遺骨を永続的に供養・管理してくれる

利用者は、まず結婚しているかどうか問われません。子どもがいる夫婦でも、面倒をかけたくないといった理由から利用できます。何より、従来のお墓と異なり施設のスタッフに遺骨の供養および管理を任せられる点は、大きな特徴です。

永代供養がもたらすメリットと注意点

以上の特徴から、永代供養を利用すると費用を始めとする各種の負担が軽減できると見込まれています。
費用面に関しては、まず個人的にお墓を建立しないので墓石代がかかりません。最初に一通りの利用料金を払うと、後々の管理費は不要です。従来のお墓に比べると、経費はかなり抑えられます。また遺族がお墓を世話しなくて済むので、毎年のようにお墓参りする手間も避けられます。通常は時間があるときに施設を訪れればよいので、忙しいなか無理に外出する事態になりません。
ただし埋葬場所には限りがあるため、ほとんどの場合、すべての遺骨は最終的に合葬されます。永代供養を利用する際は、ほぼ一定期間が過ぎたらほかの遺骨と混ぜられることを承知しておいたほうがよいでしょう。

永代供養と相性が合うタイプとは?

永代供養と相性が合うタイプとしては、昔ながらのスタイルにこだわらない人や従来の方式を好まない人が挙げられます。

こだわりがないから新しいシステムは気にならない

昔ながらのスタイルにこだわりがないと、永代供養ならではの合葬というシステムが気にならないかもしれません。
永代供養では、生きていたとき見ず知らずだった人たちが一緒に納骨されます。生前に信仰していた宗教や宗派も、納骨時には考慮されません。お参りにきた遺族は、ひとつの場所に納骨された複数の遺骨に向かって手を合わせることになります。様々な人がお参りする可能性があり、これまで自分たちが受け継いできた慣習やしきたりが守られる保証はありません。それらが気にならなければ、永代供養との相性は良いといえます。

従来の方式より永代供養のほうが好ましい場合もあり

従来の供養方式に疑問を感じている人もいます。長男の家に嫁いだが夫婦だけでお墓に入りたい、あるいは独身のため個人のお墓は必要ないと考える人も少なくありません。
永代供養は、これらの声にも応えられる埋葬方法です。やがては合葬されるとしても、申込内容によっては契約した期間中に「夫婦墓」や「個人墓」というスタイルを選べます。その期間中、夫婦は家にとらわれずお墓の中でも二人の時間を過ごせます。独身者は、自分しか使わないお墓のために多額の墓石代を準備する必要がありません。
お墓に対して希望する内容によっては、従来のお墓でなく永代供養が合っていることもあるのです。

永代供養に抵抗を感じるタイプは?

家族のお墓を大切にしている人は、永代供養に抵抗感を覚える可能性が高いといえるでしょう。
永代供養は、最終的に複数の故人が一緒に埋葬されます。従来のお墓と違い、身内の遺骨だけが納められているわけではありません。合葬された後にお参りする人は、生前に縁のなかった他家の故人にも手を合わせることになります。そこに抵抗感がある場合、永代供養は向いていないかもしれません。

古くからの慣習やしきたりを大事に思っている人にとっても、永代供養は馴染みにくい部分があるといわれています。受け皿が大きいので、各種のしきたりに配慮している施設も少なくありません。お供え物が制限されている施設もあるので、花を手向ける習わしを守りたい場合は利用ルールをよく確認したほうがよいでしょう。
いつまでも家族だけのお墓を残したいと考えている人は、その期待に応えられる施設を現状ではなかなか見つけられないでしょう。いろいろ費用がかかると予想されますが、自分たちでお墓を建立したほうが話は早いかもしれません。

また先祖代々のお墓が自宅から遠いため改葬を予定している場合、予算の都合から一時的に永代供養を活用するとトラブルを招く恐れがあります。永代供養は、合葬されると数多くの遺骨が混ざるため特定の故人を選別できないためです。遺骨を預ける際には、どれくらいまで個別に供養してもらえるか事前の確認は怠れません。

まとめ

永代供養は、誰にとっても受け入れやすい選択肢とは限りません。しかし、墓地の確保が難しいなか個人がお墓を所有しなくてよい埋葬スタイルは出費も抑えられ魅力的です。古くからのしきたりに対応しているとは限りませんが、資金面や遺族への負担を考えると相性が合う人にはおすすめの納骨方法といえます。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ