共同墓地とは?費用やメリット・デメリットを解説

もくじ

共同墓地は、血縁とは関係なく、複数人が同じ場所に埋葬される墓地のことを指します。
元々は、地域の自治体などによって使用、運営、管理されている、「集落墓地」「部落墓地」「村墓地」「みなし墓地」などに「共同墓地」という言葉を使っておりましたが、近年では、石碑や供養塔などの内部に共同で納骨する、「合祀墓」「合葬墓」に「共同墓地」という言葉を使っています。
この記事では、近年使われている「合祀墓」と同様の意味合いの「共同墓地」について解説しますが、次章では元々使われていた「共同墓地」(以下:地域で管理している「共同墓地」)と、近年使われている「共同墓地」の違いを解説します。

地域で管理している「共同墓地」と近年の「共同墓地」の違い

地域で管理している「共同墓地」と近年の「共同墓地」の違い
まずは、地域で管理している「共同墓地」と、近年の「共同墓地」の違いを解説します。
地域で管理している「共同墓地」と、近年の「共同墓地」には、大きく下記の違いがあります。
・言葉の意味の違い
・管理者の違い
・承認者がいなくなった場合の違い

言葉の意味の違い

導入でも述べましたが、元々は集落など地域で暮らす人たちが共同で利用している墓地を「共同墓地」と呼びました。「集落墓地」「部落墓地」「村墓地」と呼ばれることもあります。
また、昭和23年に墓地・埋葬等に関する法律「埋葬法」が改定され、墓地は都道府県知事の許可を受けて経営しなければならなくなりましたが、それ以前からあった墓地(みなし墓地)についても地域が運営していますので、「共同墓地」に該当します。
ただし近年ではこのような意味では使われておらず、「合祀墓」「合葬墓」など、大きな供養塔など一つの場所に複数の方の遺骨を一緒にして供養を行うお墓を「共同墓地」と呼びます。
こちらの意味合いの共同墓地は、寺院や霊園が管理・供養をしてくれる「永代供養」が行われることが多いので、承継者の負担が少なくすむことも特徴です。

永代供養については以下の記事にまとめてありますので、気になる方は是非ご一読ください。

管理者の違い

地域で管理している「共同墓地」は自治体の墓地とされていることが多くなっています。
また、名義上は公営墓地として登録されていても、実際の管理はそれぞれの地域の住民や使用者が行っている場合が多いのが特徴です。
対して近年の「共同墓地」は、お墓がある霊園や寺院、墓地が管理者になっています。
また、例えば老人ホームなどで知り合って同じお墓に入ることを決めた人たちで作ったコミュニティーなどでは、団体ごとでルールを作って運営していくこともあります。

承継者がいなくなった場合の違い

地域で管理している「共同墓地」については、その共同墓地によって異なります。
墓じまいされた区画や、承継者が不在となった区画を整理し、きれいにした上で、使用者の募集を新たにおこなう場合もあります。
近年の「共同墓地」は、承継者がいなくなることを前提として申し込む人が多く、合祀された後は墓地の管理者によって永代供養が行われることが多いのが特徴でもあります。

共同墓地と永代供養墓の違い

よく「共同墓地」と「永代供養墓」を間違えてしまう方がいらっしゃいますが、永代供養墓はお墓の承継者の代わりに寺院などの墓地管理者が半永久的に供養を行うお墓のことを指しますので、共同墓地は永代供養墓に含まれる言葉です。
ただし、前述の地域で管理している「共同墓地」は永代供養墓には含まれませんので注意してください。

共同墓地にかかる費用

共同墓地にかかる費用
次に共同墓地にかかる費用について解説します。
共同墓地は、墓石代がかからない分、安価ですませることができます。
一般的なお墓は平均200万円ほどかかりますが、共同墓地の場合、非常に安いケースですと大体10~30万円ほど、高くても100万円ほどですみます。
また、年間管理費の支払いは必要ありません。
ただし遺骨の保管方法、契約の内容などよって、使用料・管理料はさまざまですのでご注意ください。
例えばお墓の使用料などに関しては、墓地の立地にも大きく影響されます。
費用の内訳は、大きく下記5つです。
・埋葬料
・永代使用料
・永代供養料
・管理料
・刻字料

埋葬料

埋葬料(納骨手数料)とは、お骨を埋葬するための費用のことを指します。
一人あたり大体2~5万円程度が相場です。
また、永代使用料、永代供養料とセットになっていることもあります。

永代使用料

こちらは近年の「共同墓地」(合祀墓)の場合は、「永代使用料」として費用がかかることは稀ですが、共同墓地の所有者と契約して代々使用する権利を得るための代金を永代使用料と呼びます。

永代供養料

永代供養料とは、跡継ぎがいなくなった後でも供養してもらうための費用です。
これは契約する際に払います。
合祀墓の費用のほとんどが永代供養料で、5万円程度のものから、高いもので50万円程度かかります。

管理料

永代使用料と同様、近年の「共同墓地(合祀墓)」の場合はほとんどのところで管理料はかかりません。
管理料とは、共同墓地の清掃や補修などの維持管理に必要な費用です、
ただし合祀墓の場合は会員費がかかることがあったり、骨壷などで一定期間個別に安置してもらう場合には、その間のみ、年間1万円弱の管理料が発生する場合もあります。

刻字料

刻字料とは、共同墓地に納骨されたことを墓誌に刻印するための費用です。
刻印する板も石の板や鉄の板などあり、また、お墓のデザインや材質によっても金額が変わります。
彫刻料がかかる場合は、別途2万円前後が相場です。

共同墓地のメリット・デメリット

共同墓地のメリット

まずは、共同墓地のメリットを下記にまとめました。
・価格が安い
・管理の必要がない
・一部を除いて管理費を支払わなくてもよい
・後継者がいなくてもよい

上記でも述べていますが、最大のメリットは墓石代や管理費がかからないので一般的なお墓と比べると半分以下の費用で収まります。また、墓地の管理者が永代供養してくれるので、手間もかかりません。
仮に承継者がいなくなったとしても困らないことが特徴です。
生前から自分の入るお墓を自分で整えられることや、お寺が責任を持って供養をしてくれるので、子孫や親類縁者などがおらず、お墓を管理する人がいない「無縁仏」になってしまうことがありません。

共同墓地のデメリット

次に共同墓地のデメリットをまとめます。
・あとから遺骨を取り出したくても、個別には取り出せない
・血縁は関係なく他人と一緒に埋葬される
・個別の法要は希望がなければ行わない場合がある
・お墓の掃除ができない

共同墓地は基本的に骨壷から遺骨を取り出して埋葬しますので、後から別のお墓に納骨することはできません。
骨壷のまま供養できることもありますが、管理費用が発生しますし、大半はタイムリミットがあります。
また、共同墓地なので当たり前ではありますが、そもそも他人と同じお墓に入りたくない、もしくは親族を入れたくない方にはおすすめすることができませんし、供養の意味合いでお墓の清掃したい方も中にはいらっしゃいますが、清掃は管理者が行いますので、縁故者はお墓の清掃をすることはできません。
後から「遺骨を取り出したい」など後悔しないように、十分確認することを推奨します。

まとめ

今回の記事では共同墓地というテーマについて解説いたしました。
近年の「共同墓地」(合祀墓)については以下の記事で詳しく解説しておりますので、是非こちらも合わせてご確認ください。


永代供養墓普及会では、提携のある全国の寺院のなかから、お客様にあったお墓をご提案させていただいております。
共同墓地・合祀墓の他にも様々なお墓がございますので、お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ