お墓はいらないという方が急増している理由とおすすめの供養方法をご紹介

もくじ

近年ではお墓に対する価値観の変化から、従来のようなお墓はいらないという方が増えていきています。
そのことが数多くのメディアで取り上げられて話題になっていますが、今回の記事ではお墓の専門家から見たときに本当にお墓はいらないのか、またお墓がいらない方はどのような供養方法を選択すれば良いのかについて解説します。
新しくお墓を検討しているけれどどうすれば良いかわからないという方や、すでにお墓はあるものの不便なので困っている方は是非参考にしてみてください。

お墓はいらないという方が増えている

冒頭でもお伝えしたとおり、現在非常に多くの方が従来のようにお寺に墓石を建て先祖代々継承していくお墓をやめて、新しいお墓を検討する方がとても増えています。
たとえば、経済メディアの東洋経済でも「青山墓地が最安値427万円でも大人気のワケ」と題して、現代のお墓事情を伝えていました。

以下簡単に内容を要約します。

現在都立霊園に人気がとても集中しているようです。
その理由としては
・都立霊園は自治体に管理してもらえるため、お手軽だと考えられている
・また檀家という縛りもない
・さらには公営の墓地であるため安いに違いないという考えがある
ということでした。

一方で地方の寺院や霊園は不調が続いており、それには、
・お墓が高額であるため購入できない
・またお墓の継承者がいない、あるいは亡くなった後に迷惑をかけたくない
・他にもお墓に対する価値観が変化して、様々なタイプの供養方法が誕生している
などの理由があるようです。

結論としては、従来のお墓に対する考え方や人々のライフスタイルに変化が生まれ、お墓というものの再定義が始まっていると締めくくられていました。

プロからの意見

プロからの意見
従来型のお墓から新しいタイプのお墓や供養方法に移ろいつつあることは間違いありません。
実際に永代供養墓普及会でもお客様の多くが永代供養墓や樹木葬といった新しいタイプのお墓や供養方法を選択されています。
しかしお墓にリーズナブルさやお手軽さを求めるならば、都立霊園は手続きが大変で使用にも細かい制限があるため、あまりおすすめできないかもしれません。

具体的には以下のような制約が考えられます。
<細かい制約>
・年間の管理費がかかる
・抽選に当選し申込が完了したら3年以内に外柵を設置しなければならない
・墓石工事の手続きをしてから、自費で墓石を建てる
・墓石の大きさ・高さに制限がある
・墓石には一家名を明記しなければならない
・申込者は葬儀の喪主・法事の施主または死亡届等を提出した方でなければならない
・許可を受けた日から3年以内に納骨する必要がある
・原則、使用者の親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族)の遺骨以外は利用できない
・霊園内の管理は霊園が管理しますが、墓所内に生えた雑草や樹木の管理は使用者が管理する
・抽選申し込み>当選後の手続き>墓石工事>納骨など様々な手続きが必要

また東洋経済の記事にもありましたが、都内の一等地に墓地を構える場合は数百万円単位のお金が必要になるため、なかなかお手軽に利用できるとは言いづらいです。

おすすめの供養方法

お墓がいらないという方は。その目的にもよりますが、もしコスト面や細かい制約なしで手軽に利用したいというものであれば、以下の供養方法がおすすめです。

永代供養

自分たちのお墓を持たず、お寺や霊園に遺骨の管理を依頼して、他の方の遺骨と一緒のお墓に供養してもらう方法です。
お墓はいらないという方や、お墓にかかるコストを安く抑えたいという方、また遺族に面倒をかけたくないという方に向いています。
またよく永代供養といったり、永代供養墓といったりすることがありますが、一般に永代供養というときは永代供養墓のことを指します。
ただし厳密には永代供養自体は供養の方法を指すため、たとえば墓石を持つ通常のお墓の場合でも、寺院や霊園に永代供養(つまり遺骨の管理)をお願いできる場合もあります。

永代供養について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もご覧ください。

樹木葬

樹木葬は墓石の代わりに樹木を墓標とする供養方法です。
永代供養墓と同じく墓石を購入する必要がないため、通常のお墓よりも価格をリーズナブルに抑えることができます。
樹木葬にも里山型と呼ばれる自然の中にお墓を構えるタイプもあれば、公園型や都市型など都市近郊に区画を整備してお墓を設けるタイプなど、その種類は様々です。
また樹木葬には永代供養を採用しているところも多いため、遺骨の供養は管理者に委託することができます。

樹木葬について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もご覧ください。

納骨堂/海洋葬

他にも納骨堂や海洋葬など、近年は多様なニーズに応えるために新しいお墓の形式が続々と増えています。
納骨堂は主に首都圏を中心として、建物の敷地内に遺骨を保管する形式のお墓のことです。
アクセスも良く、価格もリーズナブルなところが多いため、近年注目を集めています。
海洋葬は散骨とも呼ばれ、お墓を持つのではなく海にお骨を撒く形式を取ります。
亡くなった後は母なる海に還りたいという自然志向の強い方に人気です。
また海洋葬はもちろん、納骨堂も永代供養をお願いできるところも多いため、どちらも遺族に負担がない点は共通しています。

現在お墓をお持ちの方は墓じまいが必要

現在お墓をお持ちの方は墓じまいが必要
お墓がいらないという方のなかには、すでにお墓は持っているのだけれどもアクセスが悪いため新しいお墓に替えたいという方もいらっしゃると思います。
そのような方はまず墓じまいをする必要があります。
墓じまいとは、現在のお墓から遺骨を取り出して更地に戻すことを指します。
またその後お墓を別の場所に移す場合は、改葬という手続きもあわせて行う必要があります。

墓じまいについて詳しく知りたいという方は、こちらの記事もご覧ください。

まとめ

人々のライフスタイルや考え方など、現代はものすごいスピードで変化が起こっています。
お墓についてもそれは同じで、多くのメディアがお墓に対する価値観の変化を取り上げていました。
しかしながらお墓選びはあまり慣れていない方も多いため、よく調べないと意外に手間がかかったり、損をしてしまったりします。
お墓には他にもたくさんの種類が存在するため、それぞれをよく比較検討してみることがおすすめです。

永代供養墓普及会では全国から優良寺院を厳選して、そのなかからお客様に最適なお墓をご案内させていただいております。
もし現在お墓選びにお悩みでしたら、是非一度ご相談いただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

お墓のお悩みは、
永代供養のパイオニア永代供養墓普及会にご相談ください。
現地見学会開催しています。

テレフォン 無料電話相談受付時間 9:00~18:00

0120-19-9402

無料の電話相談はこちら

テレフォン 0120-19-9402

受付時間 9:00~18:00

テレフォン 無料の
電話相談はこちら
無料資料
ダウンロード
お問い合わせ