永代供養について

21世紀の新たな供養方法として注目される“永代供養”とは

21世紀の新たな供養方法として注目される“永代供養”とは

お墓の後継者についてお悩みの方、永代供養についてご存知でしょうか。現代では少子化や核家族化により、お墓の後継者不足でお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。墓守をしてくれる方が居られず、無縁仏となる例も増えております。永代供養は、このようなお悩みを解決するひとつの方法として注目されています。

そして、今後も永代供養のニーズは高まっていくことでしょう。
以下のメニューから、永代供養に関する様々な情報をご確認いただくことができます。

「自分のお墓は自分で決める」新しいお墓の考え方

「自分のお墓は自分で決める」新しいお墓の考え方 現代では少子高齢化が進んでおり、社会問題としてしばしば取り上げられています。核家族や独り身世帯が増え、3世代世帯(祖父母・夫婦・子ども)は減少傾向にあります。今やお墓の後継者問題は珍しくありません。「子どもに負担をかけたくない」「一生結婚しないかもしれないから、自分のお墓はどうしよう」など、お墓にまつわる様々なお悩みがあります。このようなお悩みは都市部だけのものではなく、地方においても同様に深刻なものとなっています。このような状況で、「自分のお墓は自分で決めたい」という新しい考え方が生まれました。

永代供養とは、このような希望に沿うことができる新しいお墓のスタイルです。永代供養は、お墓参りをしてくれる方がいらっしゃらなくても、代わりにお寺が責任を持って供養と管理をするお墓です。

身寄りがいなくなった場合にお寺に供養してもらうというと、無縁仏と同じように感じられるかもしれません。
しかし、無縁仏とはまったく異なります。無縁仏は、お墓の管理費用を支払う方がいらっしゃらないので、寺院や檀家の方々が負担します。
そのため、お墓の撤去や管理を続けるかどうかという問題について、寺院や檀家の方々に決定権が委ねられます。先祖代々守ってきたお墓が無縁仏となってしまうと、いつか撤去されてしまうリスクがあるということです。

一方、永代供養は、ご自身やご親族の方がお亡くなりになる前に、お墓について寺院と相談します。このときに必要な費用を支払うので、ご自身やご家族が希望し納得した形でお墓の管理を寺院に任せることができます。
つまり、生きている間に自分のお墓を自分で決めることができるのです。自分の死後、お墓参りする方がいらっしゃらなくても心配ありません。残される子孫への思いやりや、ご自身の死後の不安など、様々な思いからお墓の在り方を考える方が増えています。

永代供養は、現代のニーズに合ったお墓であるといえるのではないでしょうか。

代々続いているお墓を守るために

現代では、核家族や独り身世帯が増えたことで、ご自身のお墓をどうするかという問題に直面する方が増えています。

その一方で、先祖代々続いているお墓をどうやって守っていくかというお悩みも存在します。日本では、死者に対する礼儀を重んじる風習があります。「両親の代まで守ってきたお墓を自分の代で終わらせたくない」「自分の死後お墓を守っていく自信がないが、どうすればいいかわからない」「お墓の管理や維持費が大変」など、様々な事情でお悩みの方がいらっしゃるでしょう。せっかく守ってきたお墓が無縁仏になることは、非常に寂しいものです。

そして、ご先祖様に対してとても申し訳ない気持ちになるかもしれません。このような場合にも、永代供養墓は役立ちます。ご自身で墓守することができなくなっても、寺院がしっかりと供養と管理をしてくれます。先祖代々続くお墓を永代供養墓にするときに、もしかすると、宗派を気になさる方がいらっしゃるかもしれません。永代供養墓では、基本的に過去の宗旨宗派が問われることはありません。

また、宗旨宗派にこだわることもないのです。ごく稀に宗派に帰依することや檀家になることを条件として永代供養を受け入れるお寺もありますが、ご自身でお寺を選ぶことが可能です。

永代供養を希望する場合、お墓の管理費用についてお寺と相談することになります。そして、ご自身が生前のうちに必要な費用を支払っておくことで、お寺に管理と供養をお願いすることができます。一般的には、永代供養墓は他の人と一緒のお墓もしくは同じ納骨室に安置されるため、墓石代がかかりません(個人墓は除きます)。墓地使用料も抑えられるというメリットがあります。永代供養墓は、先祖代々続いたお墓を守りたいというお気持ちに応えることができるお墓なのです。

現代のお墓の在り方として永代供養墓は必要とされています

永代供養を選択すると、生前のうちに自分のお墓を自分で決めることができます。管理と供養をお寺に任せることができるので、子孫に負担をかけることもありません。

また、先祖代々続いたお墓を、自分の死後も守っていくことができます。少子高齢化や核家族化が進み、独り身世帯が増えている昨今では、自分の死後のことも自分できちんと決めたいという方が増えています。お墓の後継者問題を解決し、ご自身の希望を実現するために、永代供養墓は多くの支持を得つつあります。現代のお墓の在り方として、永代供養墓は一般的に広がっていくことになるのではないでしょうか。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏40ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード