永代供養墓とは

永代供養墓とは・・・費用から選び方まで徹底解説

永代供養墓とは・・・費用から選び方まで徹底解説

永代供養という言葉はよく耳にしますが、どのような意味でしょうか。
また、永代供養にするのとしないのとでは、どう違うのでしょうか。
ここでは、永代供養について詳しく紹介していきます。

永代供養に限らず、お墓の問題は多くの人にとって非常に重要です。
中には、墓をめぐって家族観でもめごとに発展することも少なくありません。
墓は世代を超えて守り伝えていくべきものですが、その在り方も時代とともに変わりつつあります。
そんな中にあって、永代供養という墓の形は、どのような役割を果たしてくれるのでしょうか。

永代供養とは

永代供養(えいたいくよう)とは、霊園や寺院などで遺骨を管理し供養することをいいます。
つまり、遺骨と先祖供養のすべてを霊園や寺院に委託するものです。

永代供養をすると、墓は霊園や寺院で管理するため、子孫が墓を継承することはありません。
そのため、身寄りのない方や子供のいない方などが永代供養を利用することが多いようです。

また、永代供養ですと墓所も墓石もいらないため、墓地の費用を工面できない人にも多く利用されています。
このほか、「子供に墓守りの手間をかけさせたくない」「墓に金をかけるより、子供にお金を遺してやりたい」という方の選択肢として、永代供養を選ぶ方も多くなっています。

永代供養が安価な理由

永代供養は、一般の墓を購入するより安くなりますが、それはなぜでしょうか。
その理由は、一般の墓と永代供養では埋葬方法が違うからです。

永代供養の場合は、遺骨は合祀といって他家の方の遺骨とともに、ひとまとめにして埋葬します。
つまり、永代供養は一般の墓と違って占有スペースがなく、墓石も個別に建てないので比較的安価にできるというわけです。

「永代」といっても「永遠」ではない

永代供養は、墓を守ってくれる子孫がいない場合に、霊園や寺院で管理・供養を代行するものです。

「永代」という言葉から、未来永劫に管理供養してもらえるかのように勘違いする方もいるかもしれませんが、残念ながら「永遠に」というわけにはいきません。

遺骨の安置期間には一定の期限があり、通常は33回忌までとする場合がほとんどです。
ただし、安置期間に明確な決まりはなく、霊園や寺院ごとに17回忌、33回忌、50回忌などさまざまな期限を設けています。

また、中には個別に相談して期限を設けることもあるようですので、永代供養を申し込む際は事前に確認するといいでしょう。

ところで、永代供養で期限が過ぎた遺骨はどうなるのでしょうか。
実は永代供養の期限を過ぎると、遺骨は他の遺骨と一緒に永代供養墓に入り供養が行われます。
また、中には期限が過ぎた遺骨を土に埋葬したり、遺骨の一部を骨壺に納めて残りは土葬にするなど、いろいろな方法があります。

いずれにしろ、永代供養では一定期間を過ぎると、遺骨は専用スペースから外されて合祀されてしまいます。

永代供養すると位牌はどうなる?

永代供養にした場合、先祖代々の位牌がどうなるのか、気になるところです。

位牌の取り扱いについては、永代供養を依頼する霊園や寺院に相談してみましょう。
霊園や寺院によっては、「位牌の一時預かり供養」や「位牌の永代供養」をしてくれるところもあります。

永代使用との違い

永代供養と似た言葉に、「永代使用」というものがあります。
しかし、言葉は似ていても意味はまったく違います。

「永代使用(料)」とは墓の土地代などのことで、墓地の使用権のためにかかる費用のことをいいます。
普通の墓の場合、一度永代使用料を払えば、あとは子々孫々までその墓を継承することができます。

永代供養墓とは

永代供養墓とは 永代供養墓(えいたいくようばか・えいたいくようぼ)とは、何らかの事情で墓参りができなかったり、墓参りをしてくれる人がいない場合に、霊園や寺院が代行して管理と供養をしてくれる墓のことです。

永代供養墓では、一般の墓と違って他家の遺骨も一緒に安置されるため、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう・がっそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などと呼ばれることもあります。
また、それぞれの霊園や寺院によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓などの名前がつけられています。

一般の墓との違い

永代供養墓と一般の墓(先祖代々の墓)との大きな違いは、子孫が墓参りしなくても霊園や寺院が代行して管理・供養してくれることです。
また、一般的に永代供養墓では、墓石代がかからないことも大きな特徴です。
そのため、一般の墓とくらべると費用は格段に安くなっています。

永代供養墓の契約時に料金を支払えば、その後一切費用はかかりませんが、生前申し込みの場合だけに限り、年会費等を徴収されることもあるようです。

永代供養墓では、基本的に宗旨宗派を問わず合祀できますが、ごく稀に寺院の宗派の檀家となる(帰依する)ことを条件とされる場合もあります。

永代供養墓のタイプ

永代供養墓はいくつかのタイプに分かれますので、それぞれの永代供養墓について見ていきましょう。

1.普通の墓を大きくしたような形の永代供養墓
地下あるいは半地下に納骨堂を作り、仏像や仏塔などを建立した墓

2.納骨棚の下に合祀(散骨)スペースのある合祀墓

3.納骨堂に合祀墓を備えた建物

4.普通の墓のように個別に墓石のある墓

ひと口に永代供養墓といっても、このようにいろいろなタイプがあります。

具体的な供養のしかた

永代供養墓に納骨すると、霊園や寺院では彼岸とお盆には必ず合同供養を行ってくれます。

また、年に1回あるいは毎月供養してくれる寺院や、祥月命日も供養してくれる寺院などもありますので、契約時に確認すると良いでしょう。

永代供養のメリットとデメリット

永代供養のメリットとデメリット 永代供養には、それぞれメリットとデメリットがあります。
永代供養にするとどのようなメリットやデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

永代供養のメリット

1.霊園や寺院に遺骨の管理と供養をすべてまかせられる
永代供養を申し込むと、遺骨の管理と供養はすべて霊園や寺院にまかせることができます。
したがって、普通の墓のように手間のかかる管理も維持も必要なくなります。

永代供養に申し込んだあとは、墓参りしたいときだけ訪れれば良いので、すべて手間いらずで済ますことができます。

2.墓を建てるより費用が安い
永代供養は合祀墓ですから、個別に墓石代がかかることはありません。
また、墓地の使用料も安くなるので、一般の墓より費用がかからずに済みます。

3.宗旨、宗派を問わない
ほとんどの永代供養墓では宗旨・宗派を問わず利用することができます。
ただし、中には運営する寺院の檀家になることが条件となっている永代供養墓もあるので、事前に確認するようにしましょう。

4.交通の便が良い
一般の墓地は市街地を離れ、交通の便が悪いところにあることが多いものです。
しかし、永代供養墓は交通の便の良い場所にあることも多いので、墓参りに訪れるのにも便利です。
特に足腰の弱い年配者にとっては、遠くて不便な墓よりも、駅に近い永代供養墓の方が喜ばれることも多いようです。

5.生前に購入できる
永代供養墓は生前に購入することができるため、ご自身の没後のことをご自身で決めることができます。

6.管理費等がいらない
永代供養墓の契約時に料金を支払えば、その後は基本的に追加費用はかかりません。

7.墓守りがいなくなっても大丈夫
万が一、墓を守ってくれる人がいなくなっても、永代供養をしてもらえるので安心です。

永代供養のデメリット

1.合祀にすると遺骨を取り出すことができない
永代供養墓に納骨されると、他の遺骨と共同で使う合祀墓に納められるため、遺骨を取り出すことができなくなります。
そのため、親族に相談なく永代供養墓を購入すると、あとでトラブルになることがあります。

2.好きな場所に納骨できない
永代供養墓では区画が限定されているため、好きな場所に納骨することはほぼ不可能です。

3.永代供養墓は増設できない
追加で遺骨を納骨したい場合は、新たに永代供養墓を購入する必要があります。

このように、永代供養には大きなメリットがあるかわりに、デメリットもあります。
永代供養を利用する場合は、メリットとデメリットをよく検討した上で決めると良いでしょう。

永代供養はこんな方におすすめ

永代供養はこんな方におすすめ 墓には、いわゆる一般的な墓のほかに、永代供養墓があります。
永代供養墓はさまざま方におすすめできますが、特に以下のような方々におすすめとされています。

・墓に費用をかけたくない方
永代供養墓なら、通常の墓より安価で求められます。

・自分で入る墓は自分で決めたい方
永代供養墓は生前に契約できるので、自分で入る墓を自分で決めることができます。

・自分の子供にお墓のことで負担をかけたくない方
最近は、子孫代々の墓守りをしたくないという人が増えているようです。
そのため、墓のことで子供に負担をかけたくないと考える親御さんも多くなっています。
そのような方には、永代供養墓が最適です。

・遠方への墓参りが負担なので、近くの寺院に変えたい方
このような場合は、改葬により永代供養墓にお骨を移すことで、近くの寺院に変えることができます。

・檀家になりたくない方
永代供養墓なら、ほとんどの場合檀家になることなく墓を持つことができます。

・墓参りをしてくれる人がいない方
墓参りをする人がいなくなると無縁墓になってしまいますが、永代供養なら寺院で供養してくれるのでその心配がありません。

・身寄りはいても墓まで頼りたくない方
この場合も、上記の「墓参りをしてくれる人がいない」場合と同じです。
永代供養なら何も心配いりません。

・身内のお骨を抱えて困っている方
永代供養では自分で墓を建てずに納骨できるため、このような方も心配いりません。

・宗派や宗教にこだわりたくない方
永代供養なら、宗派や宗教にこだわりなく納骨できます。

・自分ひとりだけの墓を求めている方
近年、夫と同じ墓に入りたくないと考えている女性が増えています。
このような場合でも、永代供養墓なら問題なく自分ひとりだけの墓に入ることができます。

・お墓参りが苦痛になっている方
普通の墓地は、市街地から遠く離れた郊外にあったり、駅から遠い場所にあることが少なくありません。
これでは墓参りに行くだけでも大変です。
その点、永代供養墓なら市街地や駅の近くにあることも多いので、墓参りも楽にできます。

永代供養の種類は?

永代供養といってもその種類はさまざまで、供養の形態や安置法別にいくつかに分けることができます。

供養の形態別

まず、供養の形態別に見ていきましょう。

・屋外型
永代供養の屋外型には、合祀型、納骨壇型、納骨塔型などがあります。
合祀型は前方後円型や墳丘の形の部分に故人のお骨を埋葬します。

納骨壇型は、個人別にお骨を安置します。

納骨塔型は、塔の地下にお骨を安置するように作られています。

・屋内型
永代供養の屋内型には、霊廟型やロッカー型があります。

霊廟型には故人の仏壇があり、その下にお骨が納められています。
見た目は普通の墓とは違いますが、先祖代々のお骨を納めることができるので、一般的な墓地とほぼ同じ機能を持っています。

ロッカー型は、同じ型の壇が多数置かれています。
その中に個別に故人の壇があり、お骨も個別に納められています。

このほか、タッチパネルで操作して個別の墓を出す機械式の墓や、位牌だけを置いた位牌型もあります。
これらは納骨堂と呼ばれる永代供養の形態です。

安置法別に見る永代供養

次に、安置法別に見ていきましょう。

・個別安置型
永代供養でありながら、普通の墓と同じように、墓石を建てて供養するものです。
ただし、お骨は専用のスペースに安置されます。
また、場所に限りがあるので、一定期間(17回忌、33回忌など)が過ぎると合祀されるのが通常です。

・集合安置型
骨壺と石碑を個別に建てて、集合的に同じスペースに安置するタイプです。
通常の永代供養と違って、お骨が個別に納められているので、改葬や分骨にも対応できます。

・合祀型
供養塔の周辺に、多くの故人のお骨を納めるもので、合同墓とも呼ばれます。
一度合祀すると、他の人の遺骨と混ざってしまうために、お骨を復元することは困難です。

・墓石安置型
普通の墓に永代供養をプラスしたものです。
墓守りがいなくなったときは、お寺で永代供養をしてくれます。
個人向け、夫婦向け、家族向けなどの種類があります。

納骨堂と永代供養墓の違い

納骨堂と永代供養墓はどう違うのでしょうか。
それぞれの特徴を見てみましょう。

・納骨堂
屋内にあるのが普通です。
遺骨は個別に安置され、永代供養とはいえ年間の維持費を徴収されることがあります。
一定期間後に合祀されるタイプと代々墓を受け継ぐタイプがあります。

・永代供養墓
屋外にあるのが普通です。
ひとつの墓にまとめて納骨されますが、一定期間だけ個別に納骨できるタイプもあります。
年間維持費等はかかりませんが、先祖代々の墓として受け継ぐことはできません。

霊園と寺院の違い

霊園とは、お寺の敷地以外の場所に、独立して存在する墓地です。
永代供養でいう霊園とは、永代供養墓のある霊園を指します。
霊園には納骨堂があり、そこにお骨を納めるようになっていて、通常は宗旨宗派不問で受け付けてくれます。

寺院の永代供養は、寺院の敷地内にある永代供養塔によって行います。
基本的に宗旨宗派を問いませんが、寺院によっては檀家となることが条件となっている場合もありますので、事前のチェックが必要です。

永代供養の一般的な費用相場は?

永代供養の一般的な費用相場は? 永代供養にかかる費用はどのくらいでしょうか。
一般的に、永代供養では永代供養墓の契約時に使用料を支払えば、あとの費用は一切かかりません。
後々の金銭的負担がないことが、永代供養を利用する大きなメリットです。

しかし、永代供養墓の種類によっても費用の目安は変わってきます。
それぞれのタイプ別に見ていきましょう。

単独墓

通常の墓と同様に個別の墓石を建てるタイプです。
永代供養の種類の中の、「個別安置型」や「墓石安置型」がこれに当たります。
納骨スペースは個別になっていて、それを集合させてひとつのお墓にまとめたタイプです。

費用の相場は、永代供養料40万円+墓石料が基本です。
個別のお墓に本骨(のど仏)を納骨し、他の骨は共同の納骨堂に納めます。
永代供養期間を過ぎると墓石を撤去し、本骨も共同の納骨室に移動するのが一般的です。

集合墓

費用の相場は、永代供養料20万円+墓誌刻字料3万円が基本です。
永代供養の種類の中の、「集合安置型」がこのタイプです。
墓石はひとつですが、その下にある納骨スペースは個別になっています。

永代供養期間を過ぎると共同納骨室に移動するのが一般的です。

合祀墓

遺骨を分けないで、他の人の遺骨と一緒に納骨するタイプです。

費用の相場は、永代供養料10万円+墓誌刻字料3万円が基本です。
永代供養の種類の中の、「合祀型」がこれに当たります。
他の永代供養墓と違って、最初から合祀専用の納骨室に納めます。
永代供養の中でも最も安価なタイプです。

上記の金額はあくまでも平均的な相場で、永代供養墓周辺の地価や立地などにより変動します。
このほか、価格を左右する要因としては以下のものが挙げられます。

1.お墓の作り(墓石の仕様、納骨堂などの大きさや造作による違い)
2.個別埋葬される期間(17回忌まで・33回忌までなどによる違い)
3.個別埋葬時の占有スペースの広さ
4.墓石の大きさやデザイン

これらを総合して、永代供養墓の価格と相場が決定します。

この中で、最も価格に影響する要因は永代供養墓周辺の地価と立地です。
また、交通の便が良いかどうかによっても、価格は変わります。
したがって、同じ大きさや造作の永代供養墓であっても、地価や立地その他の要因によって価格はかなり違ってきます。

永代供養墓の失敗しない選び方は?

永代供養墓を選ぶ際には、どのような点に注意したら良いのでしょうか。
選ぶ際に価格が重要になるのはもちろんですが、その他に必要な選定要件はあるのでしょうか。

場所

永代供養墓を選ぶ際に重要となるのは、まず自宅からの距離です。
あまりに遠くて墓参りもめったに行けないような場所では、永代供養墓を持つ意味がなくなります。
先祖供養を考えると、いつでも行きたいときに墓参りに行けることが大切です。

また、永代供養墓までの交通機関も重要となります。
それほど遠くなくても、何度もバスを乗り継がなければならないような場所では、やはり行くのに手間がかかってしまいます。

他にも、車で墓参りに行く場合には、季節や祭日などに交通渋滞するような場所にある永代供養墓は、できれば避けた方が無難でしょう。
特にお彼岸やお盆に渋滞するような場所では、墓参りも思うようにできなくなってしまいます。

このほか、意外と見落としがちなのは、徒歩で行った場合の周辺状況です。
交通機関や車を降りてからどのくらい歩くのか、階段や坂道があるのか、あればその勾配、また墓までの道路の舗装の有無なども、墓参りをする人にとっては気になるところです。
特に年配者が墓参りに参加する場合は、さらにこういった点が気になります。

また、永代供養墓を持つと、ずっとそこに墓参りに通うことになりますので、周辺の雰囲気や近隣に適当な商店があるかどうかなども、永代供養墓選びに欠かせない要件となってきます。
途中で休憩や食事をする店や花屋などがある方が、永代供養墓を求める立地として適しているのは言うまでもありません。

費用・維持費

永代供養墓を求める際に申し込み費用を支払いますが、その中に含まれるものをしっかり確認しておきましょう。

通常、永代供養墓の費用の中には、すべて必要なものが含まれることになっています。
しかし、場合によっては管理費やお布施などが別に必要となるケースもありますので、契約前によく確認するようにしましょう。

また、永代供養墓を申し込むには、申し込み者の単位も重要となってきます。
ここでいう単位とは、永代供養墓を利用できる人数はひとりなのか、夫婦単位なのか、家族単位なのかということです。
価格だけを見て、安いからと永代供養墓を決めてしまうと、ひとりしか利用できないということもありますから、注意が必要です。

仮にひとり用を求めてしまった場合、新たに家族の納骨が必要になると、別に永代供養墓を購入しなければならず、後の管理によけいな手間がかかることになります。

施設の状況

永代供養墓を求める場合には、墓の造りも重要となります。
前述の通り、ひと口に永代供養墓といっても、納骨堂のような本格的な形式もあれば、樹木葬などで済ます場合もあります。
永代供養墓は家族みんなで故人を偲ぶ大切な場所ですから、家族全員と親族はもちろん、できれば親しい友人知人まで納得してくれる形式のものを選ぶようにしたいものです。

また、永代供養墓には合葬式、個別式、集合式などの種類がありますので、どの形式にするかは、家族全員の同意のもとで決めた方が無難です。
そうしないと、後々トラブルの元となる可能性があります。

他に、施設の付帯設備状況も重要となります。
ここでいう付帯設備とは、本堂や法要室、休憩所などの設備のことです。
葬儀や墓参りに訪れた際に、こういった設備がどれくらい充実しているかは意外と重要になります。
高齢者の墓参りのことを考慮して、これらの設備がすべてバリアフリーであれば、さらに理想的です。

納骨スペースも重要

基本的に、墓は子々孫々まで守り伝えるものです。
長い年月の間には、どうしても新しいお骨を納める必要も出てきます。
そのことを考えると、納骨スペースはできるだけ広く確保したいものです。

また、納骨スペースは広さだけでなく、その形態や使いやすさ、納骨の方法なども確認しておく必要があります。

さらに、納骨された人の名前を記録する墓誌には、個別墓誌と集合墓誌がありますので、これも事前にチェックしておくようにしてください。
集合墓誌には他家の方の故人名も書かれているため、個別墓誌を希望する方が増えています。

納骨期間や法要の回数

永代供養の納骨期間はさまざまです。
はじめから合祀の場合もありますし、一定期間まで個別(3回忌・13回忌・33回忌など)から、希望年数まで個別などの種類があります。
納骨期間についても、事前に家族とよく話し合っておくと良いでしょう。

また、永代供養墓を選ぶには、法要の回数も重要となります。
法要の種類は、春秋のお彼岸とお盆の年3回、祥月命日に1回、毎日などさまざまなパターンがあります。

ちなみに、永代供養墓を運営する寺院によっては宗教不問であったり、宗派不問で受け付けてくれるところもあります。
しかし、中にはその寺院の宗派に帰依することを求められる場合もあります。
寺院に帰依するとは、その寺院の檀家になるということです。
つまり、家系代々の宗派を変えることになるため、この点も家族でよく話し合っておかないと、あとでトラブルになることがありますから注意しましょう。

このように、永代供養墓選びにはさまざまなチェックすべきポイントがあります。
どれも重要なポイントですので、無用なトラブル回避のためにも、事前のチェックと家族の同意を得ることを忘れないようにしたいものです。

改葬・墓じまいと永代供養の関係

改葬・墓じまいと永代供養の関係 永代供養墓を申し込む際に他で墓を持っている場合、これまでの先祖代々の墓を整理しなければなりません。
これに伴い、必要となってくるのが、改葬と墓じまいです。
では、改葬・墓じまいとはどのようなもので、どのように行うのでしょうか。

改葬とは

改葬とは、お骨を墓から別の墓へ移すことをいいます。
後述する墓じまいを行う際に、改葬も同時に行うことになります。

墓じまいしたあとの遺骨は、他の墓や永代供養墓などに移ることになりますが、この際に改葬許可証や開眼供養などの儀式が必要となります。

墓じまいとは

改葬は墓の引っ越しが目的ですが、墓じまいは残った墓(前に使っていた墓)を撤去・解体することを指します。
墓をなくしてしまうので、当然ながらその後の維持管理費は不要となります。

しかし、墓じまいのためには、抜魂式や撤去作業など複雑な手順が必要となります。
市町村役場への届出などもあり、墓じまいのはじめから完了までの期間は、1~3年ほど見ておいた方が良いでしょう。

また、墓じまいする墓が寺院にある場合は、離壇料といって檀家をやめるために支払う費用も必要です。
なお、墓じまいしたあとは別の墓に改葬するのが一般的ですが、最近はこれを機に遺骨を散骨する人も増えているようです。

墓じまいが必要となる背景には、さまざまな事情があります。
単にお骨を別の墓に移すだけにしても、先祖から受け継いできた墓をなくすのですから、断腸の思いで墓じまいをする人も少なくありません。
子供が実家を遠く離れて暮らしている場合、両親が亡くなると墓を守る人がいなくなるために、無縁墓になるおそれがあります。
これをなくすために、やむなく墓じまいをする人も増えています。

また、最近では「子供や孫に墓の維持管理でよけいな負担を負わせたくない」という親心から、墓じまいを決意する人もいるようです。

改葬や墓じまいの手順や手続き

墓じまいは勝手にできるわけではありません。
墓の管理は「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められています。
これに反すると罰則の対象となることもあるため、必ず決められた手順通りに行う必要があります。

先祖の墓を墓じまいをして、永代供養に変更するには、おおむね以下の手順で行われます。

1.墓がある市町村役場に行き、「改葬許可申請書」をもらう
2.申請書に必要事項を記入の上、墓がある寺院や霊園等から署名、押印してもらう
3.新たに納骨する永代供養墓の寺院や霊園等から「使用許可書」を発行してもらう
4.「使用許可書」を持って、今までの墓がある市町村役場へ行き、「改葬許可証」を発行してもらう
5.これまでの墓の前で読経してもらい「閉魂供養(消魂供養)」を執り行い遺骨を取り出す
 ※この際、遺骨の取り出しと墓の整理は、事前に石材店に依頼しておいてください。
6.新しい寺院や霊園等へ「遺骨」と「改葬許可証」を持参し、永代供養墓へ納骨あるいは合祀する

ただし、無宗教であったり仏教以外の宗教を信仰している場合は、閉魂供養は行わないこともあります。

まとめ

墓を取り巻くさまざまな問題は、古くて新しい問題と言うことができるでしょう。
子供たちが実家を遠く離れて暮らしている場合、両親が亡くなると墓を守る人がいなくなり、無縁墓となってしまいます。
また、近年では人々の考え方が多様化し、「墓などいらない」という考えの人も増えています。
さらに、金銭的な問題で墓を持てない、お骨があるのに納める墓がないなど、墓に関する問題はあちこちにあるようです。

このような時代背景を受けて、永代供養墓が誕生しました。
現代の人々のニーズに合った永代供養墓は、今後ますます増えることが予想されます。

無料の資料請求・ご来寺のご予約は tel:0120-19-9402 tel:0120-19-9402

  • メールでの資料請求メールでの資料請求
  • 見学会のお申込み見学会のお申込み
  • 無料ダウンロード無料ダウンロード

資料無料ダウンロード

永代供養墓普及会は、首都圏45ヶ寺の厳選優良寺院と提携しています。
厳選優良寺院の資料ダウンロードはこちらから

無料資料ダウンロード
資料無料ダウンロード 無料資料ダウンロード